*

よみうりランドのイルミネーション期間と料金。クリスマスの混雑は?

東京都内は、夜景やイルミネーションの楽しめる場所がたくさんありますが、その中でも東京の夜景とイルミネーションの絶景が見事な“よみうりランド”をご紹介します♪今回は、

 

●よみうりランドのイルミネーション。期間はいつから?
●アクセス方法と入場料金。割引クーポンはある?
●よみうりランドのイルミネーションの見どころ。雨天の場合は?
●混雑状況とクリスマスの混雑予想。駐車場の渋滞は?

 

これらについて、“よみうりランド”イルミネーションの気になる情報や、お得情報をまとめています。今年のイルミネーションをどこに行こうか迷われているならば、是非参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

よみうりランドのイルミネーション。期間はいつから?

東京の夜景と、イルミネーションのコラボレーションを楽しみたい人には、よみうりランドのイルミネーションがおススメです♪

 

よみうりランドのイルミネーションは、宝石のような輝きを放つことから“ジュエルミネーション”と名付けられ、毎年多くの人が訪れる、よみうりランドの大イベントです。

 

2017年は、10月12日(木)よりスタートします!・・・というわけで、開催期間は、

2017年10月12日(木)~2018年2月18日(日)

となっております。

 

よみうりランドの観覧車などの乗り物からは、東京を眺望する輝く夜景と宝石のようなイルミネーションの見事な調和が楽しめます。恋人と是非、一緒に行ってほしいおススメスポットです♪

 

スカイツリーや東京タワーの夜景が同時に楽しめる貴重なスポットとしても人気です。

 

よみうりランドのイルミネーション期間と料金。クリスマスの混雑状況についてです。

 

よみうりランドジュエルミネーションは上記期間中、幻想的な宝石色の光の世界を楽しむことができます。

 

この期間中の営業時間や休園日は、季節によって変動し、以下の通りと告知がございます。

期間:2017年10月12日(木)~2018年2月18日(日)
休園日:2017/11/1(水)・2018/1/16(火)~18(木)・1/22(月)~25(木)
時間:16:00~20:30(※12/6(土)~12/25(月)は21:00まで)
※アトラクションの営業は20:00まで
※上記はジュエルミネーションの時間で、日中は通常通り営業しています

となっています。

 

 

09_txt22_02

 

アクセス方法と入場料金。割引クーポンはある?

よみうりランドのアクセス方法は、お車の場合、八王子方面から中央高速に乗り、調布インターチェンジより下車し、稲城大橋方面へ約5kmでよみうりランドに到着します。

 

詳しい場所は、下の地図で確認してみてくださいね。

 

 

新宿方面から電車を利用する場合は、京王線に乗り、京王よみうりランド駅で下車します。京王よみうりランド駅からは、ゴンドラの“スカイシャトル”に乗って、約10分でよみうりランドに到着します。

 

こちらのゴンドラは、おとなもこどもも片道300円、往復500円で乗車できます。バスでよみうりランドを目指すこともできますが、こちらの駅を利用されるのであれば、是非ゴンドラに乗ってみてくださいね♪

 

よみうりランドジュエルミネーションの入園料は、18歳以上は1,000円、中学生と高校生は500円、60歳以上は600円、小学生以下は無料です。小さなお子様連れのご家族には、嬉しい料金設定ですね。

 

xmas_date_nagoya_010

 

ただし、夜間の遊具乗り放題チケットの場合は、入園料込みで18歳以上が1,800円、3歳から高校生までが1,300円です。こちらのお得なナイトパスは、大観覧車とゴンドラ以外の遊具に乗り放題することができます。

 

宝石色の光の世界で乗るメリーゴーランドは、昼間とは違うお姫様気分を味わえますよ♪是非、乗ってみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

私はスマホを使って、よみうりランドのモバイル会員になっていますので、会員限定の割引クーポンをゲットしていますよ☆このモバイル会員になると、昼間のプール料金がおとな400円、こども200円の割引クーポンが使えます♪

 

よみうりランドの公式ホームページ内にあるアンケートに答えると、割引クーポンをゲットできます

 

 

アンケートに答えた後に、割引クーポンの画面が表示されますので、携帯の画面を直接見せるか、クーポンの画像を印刷し、入園窓口で提示すると使用できます。

 

1枚で5名まで利用でき、入園料であれば大人1200円、こども1100円の割引となりますので、かなりお得です♪是非、活用してくださいね。

 

よみうりランドのイルミネーションの様子は、下の動画で確認できます♪

 

 

よみうりランドのイルミネーションの見どころ。雨天の場合は?

よみうりランドのイルミネーションは、2010年からスタートし、今年で7回目の開催です。去年の300万球から、今年のイルミネーションは400万球に増え、さらにスケールアップした光の祭典を楽しめることでしょう。

 

よみうりランドのジュエルミネーションは、日本のデザイナーが開発した世界初の宝石色が使用されています。

 

色は、ダイヤモンド・エメラルド・ルビー・アンバー・トパーズ・アメジスト・サファイアの七色です。この宝石色に輝く4万球のLEDが、東京の夜景と重なり、神秘的な優しい世界を作り出してくれます。

 

4c3b1b276fc6ec81d6f877d6d5234696_s

 

よみうりランドジュエルミネーションは、遊園地エリア・アクアエリア・ラブリーストリームエリア・フォレストエリアの4つのエリアがあります。

 

遊園地エリアは、新色のキュートジュエリーカラーを基調とし、オレンジ・黄色系の可愛らしいポップな色合いが楽しい雰囲気を演出してくれます。

 

プールエリアでは、青を基調としたアクアジュエリーカラーで、優しい落ち着いた空間に癒されることでしょう。

 

ラブリーストリームエリアでは、ピンク系の色を基調としたイルミネーションで、カップルには是非楽しんでほしいエリアですね。

 

フォレストエリアは、2014年から登場した森をイメージしたエリアです。緑を基調とした幻想的な空間に、きっと酔いしれること間違いありませんよ♪

 

9fd34b04213d6de38ba7deb5215f88f9_s

 

雨天の場合も、イルミネーションは開催されます。雨の日は、乗れないアトラクションもありますので、損した気分になるかもしれませんが、実はそうとも限りませんよ。

 

よみうりランドのアトラクションは、夜もほぼ毎日混雑していますが、雨の日はそれほど混雑していません♪人気の大観覧車やゴンドラなどのアトラクションも、待ち時間なく乗ることができますよ♪

 

 

私の大好きな噴水ショーも、一番前の特等席で見ることができます!通常は人がたくさんいて、よほど前から場所をとっておかないと、人と人の隙間からでしか、噴水ショーを見ることができません。

 

また、雨に濡れたイルミネーションも、いつもとは一味違うシットリとした光の世界となります。雨の日を狙って、出かけるのも良いかもしれませんね。

 

xmas_tokyo_001

 

混雑状況とクリスマスの混雑予想。駐車場の渋滞は?

よみうりランドのイルミネーションは、イルミネーションを見るだけであれば、それほど混雑は感じないでしょう。遊園地ならではの広大な敷地が、混雑を感じることなく光の世界を存分に楽しむことができます。

 

ただし、人気の高いアトラクションに乗る場合は、やはり混雑します。特に人気の高い大観覧車は、長蛇の行列となりますので多少は覚悟しておいてくださいね♪

 

08_txt14_08

 

クリスマス前後は、一番混雑が予想される時期です。時間に余裕を持って出かけても、交通渋滞等に巻き込まれることも想定されます。クリスマス前後以外は、駐車場もわりとすんなり駐車できますが、クリスマスの時期は駐車場が空いてないこともあるかもしれません。

 

ナイトパスのチケットは16:00から入園できますので、クリスマスの時期は早めに出かけて、イルミネーションをゆっくり楽しんでくださいね。駐車料金は、1台1,500円です。

 

【関連記事】

相模湖イルミネーションの営業時間。混雑状況は?行き方と入場料

ドイツ村イルミネーションの混雑状況。期間はいつまで?営業時間は?

 

いかがでしたでしょうか。よみうりランドのイルミネーションを、家族や友人、恋人と楽しんでみてくださいね。ただし、防寒着などの寒さ対策はお忘れなく!

 

宝石をちりばめたようなイルミネーションの世界を、寒さにジャマされないよう温かくしてお出かけください♪

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

シクラメンの育て方。手入れと植え替えの仕方。休眠のポイント

クリスマスのプレゼントや贈り物に最適のシクラメンは、冬の季節に人気の花ですね。ほんのりピンクに色づい

記事を読む

謝恩会の服装はどんなものがいい?幼稚園、小学校ママの場合

春は卒園、卒業のシーズンですね。お子さんはもちろんのこと、親御さんも大変お喜びの事と思います。我が家

記事を読む

海の持ち物リスト!あると便利なグッズ。海水浴で子供連れなら?

夏だ!!海だ!!海水浴だ――――!!子供の頃の夏の思い出といえば、海水浴。   しかし

記事を読む

お中元のお礼状はがき。ビジネスの文例とマナー。個人宛の場合は?

お中元を頂いたら、お礼の気持ちは必ず伝えますよね。でも、その伝え方にもマナーがあることをご存知でしょ

記事を読む

秩父夜祭2018の日程。花火の穴場スポットはどこ?ツアーの申し込み方法

日本全国には、実にさまざまな祭りが存在します。そしてその数は、何と10万とも30万ともいわれています

記事を読む

長岡花火大会2018!穴場のよく見える場所。隠れスポットはどこ?

今年こそは長岡花火大会に行こう!ちょっとしたキッカケがあって、そう決心しました。キッカケって何かって

記事を読む

七五三で親の服装。母親はスーツ、着物?ママの髪型。妊婦なら

七五三と言えば、お子さんの成長に感謝しご加護をお祈りする儀式ですね。 主役はあくまでもお子さんです

記事を読む

七五三の髪型。3歳7歳の女の子。自宅で簡単ヘアアレンジ・結い方

子どもの健やかな成長を願い祝う七五三。主に11月15日に行われる行事です。   特に女

記事を読む

長瀞ライン下りの予約は必要?料金と混雑状況。コースおすすめは?

埼玉県・長瀞の観光と言えば、荒川を下る「長瀞ライン下り」が有名ですね。   国の特別天

記事を読む

正月の花の意味。いつまで飾る?縁起の良い花と生け方。喪中の時は?

みなさまのお宅ではお正月のお花を飾りますか?帰省や長期旅行で不在になる為生花は飾らない、というご家庭

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑