*

女の子の初節句。雛人形どっちの親が用意?母親のお下がりでも平気?

立春を過ぎると、もうすぐ春がくるなと思うと同時に、今年はいつ雛人形を出そうか?と悩みます。…というのも、我が家の雛人形はちょっとサイズが大きいので、一部屋まるまる雛人形部屋になってしまうからです。

 

しかも、娘がお雛様で遊ぼうと手に取るので、顔が取れてしまわないかとハラハラな毎日をすごさなければならない、ちょっと気後れする行事なのです。

 

それでも、飾り付けが終わったお雛様を見ると、自然と笑みがこぼれ、幸せな気持ちになります。…そんなひな祭りですが、初節句や桃の節句には何をするかご存知でしょうか?ここでは、

 

●女の子の初節句・桃の節句とは?
●雛人形の用意は?
●姉妹がいる場合はどうしたら良いの?

といった内容で、初節句や桃の節句についてまとめました。

 

SPONSORED LINK

 

女の子の初節句・桃の節句とは?

初節句とは、誕生してはじめて迎える節句の事で、女の子なら桃の節句男の子なら端午の節句の事を意味します。

 

初節句には双方のご両親を招いて、ひな祭りのお祝いをするというご家庭も多いと思います。地域によっては、神社に参拝して祝詞をあげてもらう事もあります。

 

節句とはもとは中国から伝わった行事で、暦上の節目の日は邪気が入りやすいとして、お祓いをする習わしが起源となっています。

 

女の子の初節句で雛人形はどっちの親が用意するのでしょうか?

 

節句は桃の節句(上巳の節句)以外にも、

 

1月7日 七草節句
3月3日 桃の節句(上巳の節句)
5月5日 端午の節句
7月7日 七夕
9月9日 重陽

 

と合わせて5節句あります。

 

桃の節句では、女の子の健やかな成長を祈願して、雛人形を飾り、行事食を食べるとされており、行事食では、ちらし寿司はまぐりのお吸い物菱餅ひなあられが代表的です

 

doll_fes_004

 

雛人形の用意は?

本来、雛人形は一人につき、一飾り用意するものとされています。これは、「雛人形が自身に代わって厄災を引き受けてくれる」との考えからくるもので、誰かと共有するという事はできないものなのです。

 

従って、女の子が誕生したら、初節句までに新しい雛人形を用意しなければなりません。

 

doll_fes_006

 

ただ、初節句が産まれて間もない場合、その年は見送り、翌年を初節句としてお祝いしても問題ありません。ご家族で無理のないようにお話しされると良いでしょう。

 

SPONSORED LINK

 

さて、雛人形は誰が用意するものなのでしょうか?

 

良く聞くのは母方の実家で準備するものといわれていますよね?これは、嫁入り道具の雛形として嫁ぎ先へ贈っていた事から、雛人形は母方の実家で用意するのが一般的とされています。

 

しかし、昨今では少子化の影響なのか、互いの実家で折半したり、自分たちで用意したりすることも珍しくありません。互いの実家とよく相談して決めましょう。

 

doll_fes_007

 

姉妹がいる場合はどうしたら良いの?

先程も触れましたが、雛人形は一人に一飾り用意するものです。つまり、親子で引き継ぐ事はもちろん、姉妹であっても雛人形を共有することは避けるのが望ましいといえます。

 

ご自宅に十分なスペースが有れば問題ありませんが、我が家の様にいくつも雛人形を飾れない環境では、一人に一飾り準備するのは不可能です。

 

実は、お守りとしての役目を果たしてくれるのは、男雛と女雛の男女一対のお人形だけで、残りの三人官女や五人囃子などは装飾の一つなので無くても構いません。

 

doll_fes_001

 

ですから、長女誕生の際には大きなものを用意して、次女が産まれたらお内裏様(男雛と女雛)だけ買い求める、または、初めは小さいセットを買い求めて、その後の家族の状況に合わせて、段飾りを増やしていく事も出来ますよ。

 

doll_fes_005

 

いかがだったでしょうか?一人に一飾りずつ用意しなければならないとなると、大変悩んでしまいますよね。

 

ひな祭りはあくまでも、子供の健康を願う事が目的なので、あまり形式にこだわる必要はないと考える人も多いです。しかし、このような行事は自分たちの考え方だけでなく、双方の実家の地域性も大切にしなければなりません。

 

【関連記事】

ひな祭りの由来、食べ物の意味は?縁起が良い食べ物とは?

 

古くからの習慣に習うのも時には必要な事ですが、金銭的な負担もありますので、早めに双方の実家と相談する様にしましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

五月人形の飾り方。いつから飾る?場所と方角。しまう時期とは?

もうすぐゴールデンウィークですね。この時期になると、昔は鯉のぼりが飾られているお家をちらほら見かけま

記事を読む

退職金の計算。相場と平均。中小企業の勤続年数、自己都合では?

会社を退職する時に気になるのが、退職金を貰えるのか?・・・というところですよね。今後の自身の生活に関

記事を読む

寒川神社の厄除け。受付時間と祈祷料金の値段は?服装の格好と持ち物

日本では厄を払い清め、無事に過ごせるようにと厄除けを行います。厄除けの祈祷は、神社やお寺で受けること

記事を読む

京都ご利益神社。健康と病気平癒。就職に結婚。宝くじ別お寺

京都には幸せを導いてくださる神様がたくさんおられます。しかし、各お寺、神社ではご利益の向き不向きなど

記事を読む

大阪で除夜の鐘をつけるお寺は?大晦日のおすすめ神社。初詣はここ!

大晦日といえば、除夜の鐘ですよね。全国には除夜の鐘で有名な神社やお寺がありますが、関西で思い浮かべる

記事を読む

養老渓谷の紅葉2018。見ごろ時期と名所スポットおすすめコース

秋の紅葉はもちろん、渓流釣りやハイキング、友人や家族と一緒にバーベキューなどアウトドアを手軽に楽しみ

記事を読む

関東の厄除け神社。お参りで良い「気」を呼び込みたーい!

関東の厄除け神社のご紹介です。どうせ行くなら、ご利益を期待できる場所に行きたいですよね! &nbs

記事を読む

京都の七福神巡りの地図。楽しく巡って御朱印をいただこう!

全国にはたくさんの七福神巡りのコースがありますが、京都の「都七福神巡り」は、日本でも最古の歴史のある

記事を読む

紫外線吸収剤とは?肌に悪いの?シミができやすい?害はあるか?

紫外線の気になる季節、特に女性の皆さんは、早くから日焼け止めを塗って、対策をとっている方も多いですよ

記事を読む

喪中に出す寒中見舞いの文例。友達に送る堅苦しくない文章なら?

喪中時は年賀状での新年のご挨拶は控えますが、その代わりとして出すことができるのが『寒中見舞い』です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑