*

足立の花火の穴場スポット2018。場所取りの時間。屋台はどの辺?

その起源は明治時代に遡ると言われる足立の花火。60分間に12,000発が打ち上がる濃密な演出で、観客を魅了する素晴らしい花火です。

 

毎年見ているという方はもちろん、まだ見た事がないという方も、今年は是非足を運んで見ませんか?そこで今日は、今年2016年の開催日程などをはじめ、足立の花火について色々な情報をご紹介して行きたいと思います。

 

●足立の花火。2018年の日程は?
●見どころは?屋台はどの辺に出るの?
●最新のおすすめの穴場スポット
●場所取りはいつからできる?時間は?
●花火シーズンのオープニングを告げる花火

 

皆さんの気になる、穴場スポットから屋台に関する事まで、少しでもお役に立てる情報をご紹介しますね!

 

SPONSORED LINK

 

足立の花火。2018年の日程は?

まずは日程のご紹介です。今年38回目を数える2016年の足立の花火の開催日程は、

2018年7月21日(土) 19:30~20:30

です。荒天の場合は中止となります。

 

それでは足立の花火の詳しい情報をまとめてみたいと思います!

 

足立の花火の穴場スポットはどこでしょうか?探っていきます。

 

足立の花火

日程:2018年7月21日(土) ※荒天の場合は中止

 

時間:19:30~20:30

場所:東京・北千住

打ち上げ場所:荒川河川敷(千代田線鉄橋~西新井橋)

 


大きな地図で見る

 

お問い合わせ:お問い合わせコールあだち

電話番号:03-3880-0039

 

 <【 足立の花火  ラスト フィナーレ 】 「満開のしだれ桜」の連続..>

 

見どころは?屋台はどの辺に出るの?

続いては足立の花火の見どころをご紹介したいと思います。

 

夏の風物詩の花火。足立の花火はその起源は明治時代にさかのぼります。開催予定日を見て頂いても分かるかと思いますが、都内の花火大会として、最も早い時期に開催されます。つまり、都内の花火大会は足立の花火を皮切りにして始まるという事です。

 

演目は全4幕に分けられていて、特に後半の2幕は音楽と共に打ち上がる演出が実に見事です。

 

SPONSORED LINK

 

そして気になる屋台なのですが、会場内は出店禁止になっている花火大会ですので、美味しいものを食べながらの花火鑑賞は出来無いようです。

 

屋台が出ないという事で、少し残念ではありますが、その分花火が素晴らしいので、その素晴らしさを満喫してください。

 

 adachi_firework_002

 

最新のおすすめの穴場スポット

それではオススメ穴場スポットのご紹介です。

 

虹の広場

混雑する河川敷の南側にある広場。立教などの障害物はあるのですが、人気の南側の中では、比較的ゆっくりと鑑賞出来るのでオススメ!

 

 

 

西新井側の河川敷

こちらは一番のオススメスポットです。どうしても千住側は混雑してしまうので、河川敷も広く、混雑も少ない西新井側がオススメ。

 

 

河川敷ですので、虫除けスプレーなどの虫除け対策をお忘れなく!

 

 adachi_firework_003

 

場所取りはいつからできる?時間は?

続いては場所取りについてです。しっかり場所を確保して、のんびり見物したいという方は、早めに河川敷へ!!毎年1~2週間前から場所取りのシートなどか見られるそうですので、7月中旬には場所取りの様子を見に行かれるといいかと思います。

 

国道4号線下り車線の千住新橋上から左を見れば、場所取り状況が見えますので、それで状況を確認しつつ、いい場所が取られてしまう前に、しっかりと確保してください。

 

 

当日に場所を取りたいという方は、千住側を避けて、西新井側の河川敷を狙ってみてください。千住側よりも河川敷が広いので、当日でも場所が取れる確率が高いです。15時になると駅も混雑して来ますので、早めに到着する事をオススメします。

 

また場所を取らない方も、15時を過ぎると混雑して来ますので、早めに到着しておく方がいいのではないでしょうか?

 

cddffb9918d5c972072d81fac0f50726_s

 

花火シーズンのオープニングを告げる花火

いかがでしたか?私はまだ実際に足立の花火を見た事がないので写真で拝見しただけなのですが、とても色鮮やかで美しい花火です。写真でも美しいのですから、実物は音との光、そしてその迫力がありますので、写真では伝えきれない感動があると思います。

 

【関連記事】

板橋花火大会2018!穴場スポットと場所取りの口コミ体験談あり!

 

花火シーズンのオープニングを告げる足立の花火。ぜひお友達や恋人、またはご家族で楽しんでみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

新年会で乾杯の挨拶フレーズ。取引先でのあいさつ例はコレ

新年会で乾杯の挨拶を唐突に任された時、困ってしまった経験はありませんか? 会の事前に相談があれば内容

記事を読む

浅草酉の市2017日程。屋台は24時間営業?熊手の買い方と返し方

敬愛する正岡子規の作品の中に「雑閙(ざっとう)や熊手押あふ酉の市」という俳句が有ります。  &nb

記事を読む

京都の初詣2018。八坂神社の混雑状況と回避する方法

2018年のお正月は京都で、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。京都には伏見稲荷大社、下

記事を読む

太宰府天満宮の初詣2018。元旦の混雑予想と渋滞を回避する方法

今年も残すところあと少しになりました。受験生の皆さん、そのご家族の方にとってはまさに正念場とも言える

記事を読む

しだれ桜の名所。京都ほかスポット。開花時期はいつ頃?

普通の桜でもとても綺麗ですが、しだれ桜って、こう、人の居る方に近づいて咲いてくれているようで、より可

記事を読む

年賀状の一言添え書き文例。上司や会社。取引先向けのビジネス例文

パソコンや携帯電話などのメールやLINEの普及で、年賀状を書く人も年々減少傾向にあるようですが、メー

記事を読む

お彼岸はいつ?2018年の春と秋のお彼岸の期間、日にちを知ろう

お彼岸という言葉は良く耳にするけれど、それっていつなの?なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

記事を読む

お歳暮のお礼状の例文。ビジネスから個人まで例を紹介

年末になると慌ただしくお歳暮を贈ったり贈られたり…。頂いたお歳暮に対してお礼状を差し上げるため、どの

記事を読む

嵐山の観光スポットとおすすめ散歩コース。ランチ穴場と安い駐車場

京都観光でも嵐山はとても人気の高いスポットですね。はるか昔平安時代から、貴族たちが多くの別荘を構えて

記事を読む

京都の桜2018開花予想と満開時期。穴場の名所はどこにある?

毎年桜の名所を巡っていると、同じ所に行くのもなんだし、今年は違うところに・・・ってなりますよね?そん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑