*

板橋花火大会2018!穴場スポットと場所取りの口コミ体験談あり!

埼玉県と東京都の県境で行われる板橋花火大会戸田橋花火大会と同時開催されるため、多くの市民から人気を誇っています!

 

まずワイドスターマインの大迫力で会場の皆さんを湧かせたかと思えば、数々の有名な花火師による夢の競演がスタート!最後には関東最大級のビッグイベント「ナイアガラの滝」で観る人すべてに感動を与えます!

 

そんな板橋花火大会、行かないわけに行きませんよね??ここからは板橋花火大会について、知る人ぞ知るヒミツや私が去年訪れた感想などを踏まえつつ、リサーチしてきた情報を一挙大公開します!

 

■板橋花火大会2018年の日程。打ち上げ場所と時間は?
■打ち上げ場所とアクセス方法は?
■会場近くで停めれる駐車場はある?交通規制は?
■板橋花火大会の穴場スポットはここ!見やすい場所とは?
■体験者が語る場所取りのコツ。席取りはいつ行けばいい?
■その他、板橋花火大会の体験談。行く人へのアドバイスまとめ

 

今回は、これらについて一つ一つご紹介します!これさえ抑えておけば、準備万端!一足早く情報をつかんじゃいましょう!

 

SPONSORED LINK

 

板橋花火大会2018年の日程。打ち上げ場所と時間は?

板橋花火大会は、毎年8月の第1週の土曜日に開催されます。

日程:2018年8月4日(土)(予定)

時間:19:00〜20:30

場所:荒川戸田橋上流 板橋側河川敷

 

尚、同時開催の戸田橋花火大会は、同じ場所の戸田市側で開催されます。

 

板橋花火大会!穴場スポットと場所取りの口コミ体験談あり!

 

打ち上げ場所とアクセス方法は?

アクセス方法は、以下の3つがあります!

①都営三田線「高島平駅」「西台駅」「蓮根駅」下車、各駅より徒歩約30分

②JR埼京線「浮間舟渡駅」下車、徒歩約30分

③東武東上線「成増駅」「東武練馬駅」下車後、国際興業バス利用。各バス停留所より徒歩約15分

 

そして打ち上げ場所は、こちらの地図をご参照下さい!

 

 

こちらの、戸田橋から約1.5km西側の河川から打ち上げられます。

 

そのため、荒川戸田橋緑地であれば、どこからでも花火を見ることが出来るのです!遠くからお越しの方は、打ち上げ場所から最寄り駅のうち、行きやすい駅を選んで下さい。

 

SPONSORED LINK

 

また、都営三田線「西台駅」は打ち上げ場所近くの中央エリアから一番近いため、毎年混雑します。打ち上げ時間に近づくに連れて駅周辺が混み始め、花火に間に合わなくなってしまうかもしれません。

 

中央エリアに行きたい場合は早めに行くか、もしくは他の駅を選んで行きましょう。

 

 

会場近くで停められる駐車場はある?交通規制は?

実は会場近くに花火観覧者用の駐車場は用意されていません…。遠くからお越しの方は、基本的に電車で来なければいけません。

 

また、当日は会場近くにおいて17:00〜21:45頃まで交通規制がされます。場所は、下の地図において新河岸川の北側で、浮間公園〜新川岸三丁目公園の間です。

 

 

しかし!会場付近にはいくつかコインパーキングがあります!特に高島平の周辺に多く、どこも1時間100円くらいで駐車可能です。電車やバスの場合、遅延などの心配がありますが、車ならそんな心配必要ありません!

 

ただし、同じことを考えて近くのパーキングを利用する方はたくさんいます。また、高島平周辺は鉄道駅が多く、花火に訪れる人で混み合っています。車だとしても、時間に余裕をもって会場に行きましょう。

 

 

板橋花火大会の穴場スポットはここ!見やすい場所とは?

穴場スポットの前に、本来の一般席と有料席をご紹介します。有料席には3つの種類があります。

●スタンド席:

河川敷土手の階段上の場所です。ボックス席もあるため、大人数で席を確保して利用したい方におすすめです。2,100円〜3,100円、ボックス席の場合10,400円で購入できます。

●芝生斜面グループ席:

気持ちの良い芝生に座るのも良し、組み立て椅子に座って見るのも良し、と便利な席です。椅子をテーブルにして、みんなでお菓子をつまみながら見るのも一つのたのしみ!8枚1組20,800円で購入できます。

●シート敷グループ席:

一番の特等席がこちらのグループ席です。ビニールシートの上に寝転がって見たり、大人数の宴会モードで見たりしてみたい!という方々にピッタリのお席です。

チケットは20,800円〜28,800円と少々お高めですが、確実に席を確保してゆっくりくつろぎたいのであれば、これを利用してもいいかもしれません。

 

これらの有料席のチケットは6月下旬頃から販売が開始されます。枚数が決まっているため、もし購入を希望しているのであれば、お早めに!詳しくは板橋区のHPや板橋花火大会のHPに掲載されます。

 

225602

 

打ち上げ場所目の前のエリアは、これらの有料席や招待席で埋まっています。

 

そして一般席はその東側と西側、つまり野球場や芝生広場、野草広場のエリアになります。この辺は駅からのアクセスもよく、人がたくさん集まります。

 

たしかに、これらの席は花火が間近で打ち上げられるので見やすいですが、実はここ以外に穴場スポットが各所に散らばっているのです!今回は特別にご紹介します!

 

 

荒川の土手

都営三田線をご利用の方におすすめのスポットが、荒川の土手です。会場から離れたら見えにくくなるのでは?と思われるかもしれませんが、全く心配ありません。

 

川の上から打ち上げられるため、土手であれば多少離れていても、綺麗に見ることが出来ます。

 

また、板橋区の土手よりも戸田市の土手の方が、あまり混んでいないため見やすいです。人混みを避けたい場合は、多少遠くても戸田市側の土手まで歩かれることをおすすめします。

 

浮間公園

 

浮間舟渡駅を利用される方であれば、浮間公園が最寄りの最適スポット!一面芝生で空がひらけているため、花火がとても良く見えます。ここは交通規制からも外れるため、人混みを避けることも可能!

 

人混みを避けて、芝生で寝転がりながら見たいのであればここが一番です!

 

イトーヨーカドー錦町店屋上

 

戸田市と隣接している蕨市にあるイトーヨーカドー錦町店の屋上では、毎年花火大会になると屋上の駐車場を無料開放しています。

 

さらに花火大会当日には、店内の食料品売場でおつまみセットやお菓子を販売しています!スーパーなのでもちろんトイレも完備!至れり尽くせりのとっておきの観覧スポットです!

 

ちなみに、電車の場合はJR埼京線「戸田駅」から徒歩15分です。

 

 

体験者が語る場所取りのコツ。席取りはいつ行けばいい?

今回は、私がおすすめする野草広場・芝生広場、イトーヨーカドー錦町店の場所取りについてご紹介します。

423998

 

野草広場・芝生広場

一般席としてパンフレットにも掲載されているため、遠方からのお客さんや地元の方など、たくさんの方でにぎわいます。打ち上がる花火を目の前で観ることが出来るため、とてもきれいです!

 

確実に席を取るには、朝からビニールシートで場所を確保しておきましょう。花火の打ち上げ場所になるべく近い位置で広めに取っておき、順番で荷物番や席の見張りをしておく必要があります。

 

花火が始まるまでは大変ですが、目の前で打ち上がるド迫力の花火に感動すること間違いなし!

 

イトーヨーカドー錦町店

やはり一番のおすすめ穴場スポットはこちらです!花火大会当日の15時頃から駐車場への出入りが禁止となり、完全に花火大会のための場所になります。

 

お店がオープンするのが9時頃なので、その時には行って場所取りをしておくと確実に席が取れます。

 

当日は、地元の戸田市民が席取り目当てでたくさんやってくるので、お店の周りの道路が混雑します。早めに行って、打ち上げ場所の方面の最前席に車で陣取っちゃいましょう!

 

朝から車を停めておき、日中はイトーヨーカドー店内でショッピングをしたり、近くの公園で遊んだりして時間をつぶしましょう。河川敷から少し離れますが、建物が高いため板橋花火大会も戸田橋花火大会も十分に見ることが出来ます。

 

938773a21e0f50d43e37351d12830811_s

 

今年見に行く人へのアドバイスまとめ

ズバリ、今回の一番のポイントは、「板橋花火大会を楽しみたいなら、朝から穴場スポットを死守すべし!!」です!今回、いくつか穴場スポットやヒミツ情報をご紹介しました。

 

7db3219e4c99de94fc748dacd29e9a9f_s

 

ご自分の花火の楽しみ方や交通アクセスに合わせて、特等席を確保して下さい。朝から面倒くさい、と思うかもしれませんが、花火を楽しめるのは一年のうちに何度もあることではありません!

 

【関連情報】

土浦花火大会2018!良く見える穴場と場所取りの口コミ情報!

 

花火の日に朝から頑張ったことは、花火の素晴らしさと共に忘れられない思い出になるはずです。自らの手で、ステキな思い出を作り上げてくださいね!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

しめ飾りはいつまで飾る?期間と処分方法。一夜飾りや使いまわしは?

お正月のしめ飾り、皆さんはいつまで飾っていますか?私は、恥ずかしながら毎年決まった日に外していません

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2018年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。   この冬至の日は

記事を読む

箱根の紅葉2018年の見ごろ時期は?名所の混雑状況の回避方法

箱根は魅力いっぱいの誰もが知る観光スポットですね。都心からの交通の便も良く、温泉・観光地として高い人

記事を読む

夏休みのお出かけで東海なら?子供と楽しめる穴場スポットやイベント

お子様たちの、待ちに待った夏休みがきましたね。 今年の夏休みは何処へ連れて行ってあげたらいいの?な

記事を読む

池上梅園の開花状況は?2019年の見ごろとアクセス情報

梅の季節がやって来ました。関東にお住まいの皆さん、都内の梅の名所、ご存知でしょうか?大田区には区の花

記事を読む

キャンプ料理おすすめメニュー!簡単な初心者向け。子供が喜ぶ品

梅雨が明けたら、いよいよアウトドアの季節の到来ですね。アウトドアの中でも不動の人気なのがキャンプ。

記事を読む

高尾山の紅葉2018!見ごろ時期と混雑状況。おすすめ鑑賞コース

東京の八王子市西方にある「高尾山」は、年間200万人を超える世界一の登山者数を誇ります。 都心から

記事を読む

上野公園の桜2018開花予想。いつ満開?お花見はいつまでOK?

春だなぁ・・・と感じるのは、何も体感温度だけではありません。桜を見ると「やっと本格的に春が来た!」と

記事を読む

暑気払いの時期と意味。案内文の文例。乾杯の挨拶や締めの言葉

寒暖の差が激しい今日この頃ですが、夏が日に日に近づいているのが、外の木々や空気でも感じられるようにな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑