*

年賀状の書き損じ。交換手数料と期限はいつまで?余った場合の使い道

年賀状って気を付けて書いていても「あー間違えたー。」なんてこと、よくありませんか?印刷の向きが逆だったり、住所が変わっているのに前の住所を書いてしまったり、毎年なんだかんだ何枚かは失敗作が出来てしまいますよね

 

そんな年賀状の書き損じ、皆さんはどうされていますか?私は、そのままお年玉くじの当選発表まで置いてあります。書き損じの年賀状が、当選したことはないんですけどね。

 

毎年、書き損じや念のために余分に買った年賀はがきが余ってしまって困っていると言う方に、不要になった年賀はがきの使い道をお教えします。

 

●書き損じたら交換や換金はできるの?
●交換はどこで可能?手数料と期限はいつまで?
●その他、余った年賀状の使い道は?
●古い年賀状の処分の仕方。方法はどうする?

 

このテーマでお届けしますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

SPONSORED LINK

 

書き損じたら交換や換金はできるの?

誰だって年賀状を書き損じた経験がありますよね。人間ですもの。書き損じたからって捨ててなんかいませんよね?

 

書き損じた年賀状は、もったいないので交換か換金してもらいましょう。

 

交換は、年賀状販売期間なら新しい年賀状に交換してもらうことも可能です。それ以外の期間は、切手や普通のはがきレターパックなどに交換してもらうこともできるんです。

 

ちなみに私は切手に交換しています。切手なら手紙を出す時以外でも、ゆうパックや現金書留を送るときなどの支払いを切手でする事ができるので便利ですよ。

 

年賀状の書き損じ。交換手数料と期限はいつまでかを調べました。

 

換金するには、金券ショップに持っていきましょう

 

金券ショップでは、だいたい60%くらいの値段で買い取ってくれます。90%くらいの値段で買い取ってくれる所もあるそうです。少しでも高い所で換金したいですよね。

 

取扱っていない金券ショップもあるようなので、気を付けて下さいね。

 

09_txt13_01

 

交換はどこで可能?手数料と期限はいつまで?

年賀はがきを交換する手続きについても紹介しますね。まず、交換する場所は全国の郵便局で可能です。

 

ただ、手数料が必要になります。1枚5円の手数料がかかってしまいます。

 

手数料がかかったとしても、そのまま捨てたり置いておくよりは切手などに交換した方がいいですよね。この手数料も、現金でなく切手で支払うことができますよ

 

ちなみに年賀はがきを買った後、身内に不幸があり年賀状を出せなくなったという場合は、無料で交換してくれます。

 

177100

 

ただし、この場合は窓口で住所や氏名、亡くなられた方の名前などを記入しないといけません。無料ではがきに交換してもらえれば、そのはがきで喪中はがきを出すこともできるのでありがたいですよね。

 

 

交換できる期限ですが、年賀はがきに交換する場合は年賀はがきの販売期間中でないとできません。過去の年賀はがきを今年の年賀はがきに交換することは、できないので気を付けて下さいね。

 

年賀はがき以外の切手や、普通はがきに交換するのに期限はありません。何年前の年賀はがきでも、手数料さえ払えば交換してもらえますよ。

 

SPONSORED LINK

 

その他、余った年賀状の使い道は?

余った年賀はがきの使い道で1番多いのは、懸賞の応募はがきに使うことでしょうか。懸賞の応募をしないという方は、寄付をするというのはどうでしょう。

 

有名なユニセフでも、書き損じはがきや余った年賀状を集めて新しい切手に交換し、その切手を換金するという取り組みがあります。

 

 

また、チャイルド・ファンド・ジャパンという団体でもネパールの子どもたちを支援する為に、余ったはがきなどを募集しています。はがき25枚で教室に置く机を1つ贈ることができるそうです。

 

支援団体へ寄付するという選択肢があることも、ぜひ覚えておいて下さいね。

 

09_txt13_02

 

古い年賀状の処分の仕方。方法はどうする?

せっかくもらった年賀状ですが、処分しないとどんどん溜まっていきますよね。皆さんは処分していますか?

 

私は、ある程度の年数は置いておきます。だいたい5年くらいを目安にしていますが、早い方では次の年には処分するという方もいるそうです。

 

さて、処分の仕方ですが、私はシュレッダーにかけて可燃ゴミとして処分しています。

 

住所や家族の名前、電話番号まで書いてある年賀状もありますから、個人情報を漏らさない為にも時間はかかりますがシュレッダーにかけてから処分しています。

110156

 

他にはどんな方法があるのかを、少し調べてみました。すると、リサイクルに出す年賀状を束ねて接着剤でくっつけてガムテープで巻いてゴミに出すという方法がありました。

 

リサイクルは郵便局や自治体、ナチュラルローソンでも回収してくれるそうですが、全国どこでも回収してくれているというわけではないようです。

 

お住まいの地域に回収してくれる場所があれば、回収してもらうと1番手間が省けていいですよね。

 

【関連記事】

年賀状はいつまでに出す?元旦に届く期限は?返事はいつまで出す?

 

余った年賀状の使い道などを紹介しましたが、お役に立てましたか?これからは書き損じた年賀状も捨てたりせず、有効に役立てましょうね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのをご存知でしたか?なんとなく知っていても、七草全てはわからな

記事を読む

ハロウィンのかぼちゃ販売はどこ?通販はある?由来から育て方

ハロウィンと言えば、やっぱりオレンジ色のかぼちゃが真っ先に思い浮かびますよね。そもそもハロウィンって

記事を読む

紫外線アレルギーの症状とは?顔のかゆみの原因。対策と治療法

「紫外線アレルギー」という言葉をご存知でしょうか? 私の友人にも、これで悩まされている人がいます。&

記事を読む

トイレのつまり直し方。原因と解消する手段は?つまった時の対処

突然、トイレがつまった、水が溢れそうになっている、ちょっとしか水が流れてこない・・・トイレのこういっ

記事を読む

ドイツ村イルミネーションの混雑状況。期間はいつまで?営業時間は?

花と緑にあふれた東京ドイツ村のイルミネーション♪私も、毎年家族と出かけていますが、昼間の雰囲気とは全

記事を読む

靖国神社の初詣2018年の混雑予想。混み具合と回避のコツ

東京都民の方のみならず、初詣は靖国神社に行こうと計画している方も多いのではないでしょうか? &nb

記事を読む

建国記念日の由来、起源とは?驚きの意味を知っていますか?

2月11日は「建国記念の日」。「建国記念日」だと思っている方も多いのではないでしょうか?そして、日本

記事を読む

秋分の日2018年はいつ?意味について。計算式と決め方とは?

秋も近づきつつある今日この頃です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。   秋と言えば、

記事を読む

入学祝いのお返しはするもの?品物は何が良い?のしについて

年が明け、春になると卒業、入学の季節ですね。みなさんのお子さんも入学式の準備に大忙しなのではないでし

記事を読む

正月太りを解消する!今すぐダイエットに効く食事・運動・ストレッチ

みなさん、楽しいお正月休みを過ごされた事と思います。楽しい年末年始を過ごした後、ふと気が付くと体が重

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑