*

年賀状の書き方。先生や目上の方への文例。挨拶文や一言添え書き

いよいよ今年も年賀状の季節がやって参りました。でも残念なことに、特に若い方の年賀状離れがすすんでいるそうですね。メール、SNS等で簡単に年頭のご挨拶が出来てしまいますので、無理もないかもしれません。

 

でもでも、時にはお世話になった先生や恩師の方々へ、日本のよき伝統文化ともいえる葉書きの賀状を書いてみるのも良いのではないでしょうか?

 

目上の方への文例、書き方、挨拶の仕方などに注意して書いてみてください。先生も、きっと喜ばれると思いますよ。そこで、今回は

 

●中学生・高校生の生徒から先生への年賀状の文例
●恩師への年賀状の書き方。ご無沙汰の場合は?
●目上の方への挨拶文。一言添え書きするのなら?
●年賀状の書き方、先生・目上の方へ文例まとめ。

 

などについて、まとめてみました。年賀状書いてみようかな?と思った皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

SPONSORED LINK

 

中学生・高校生の生徒から先生への年賀状の文例

手紙と同様に、年賀状にも少しルールが有ります。あまり堅苦しく考えなくてもOKですが、知っていると今後もちょっと得するかも知れませんよ。

 

まず、賀詞(新年の挨拶のこと)です。

 

寿、賀正、謹賀新年、迎春、恭賀新年、など色々ありあます。1文字の物や2文字の物は友人や年下の人にはOKですが、目上の方々には失礼にあたります。先生は目上の方ですので、4文字の物が良いと思います。

また、新年おめでとうございますや、新春のお慶びを申し上げますと言った文章の賀詞は、相手を選ばず使えるんですよ。

Happy New Yearなどは年上の方には失礼にあたります。賀正と書いたのに、またあけましておめでとうと、賀詞を繰り返すのもタブーです。

 

 

次に、昨年(または旧年)お世話になったことへの御礼を書きます。

 

去は、去るという忌み言葉ですので、去年は使いません。

他にも、滅びる、失う、絶える、のような縁起の悪い表現は避けましょう

 

 

次は、新しい年のお付き合いをお願いしたり、相手の幸せを祈る言葉などを書きます。

 

最後に、平成○年元旦と年号を入れます平成○年一月元旦としないように気を付けてくださいね。

 

【例文】

あけましておめでとうございます

昨年はお世話になりありがとうございました

今年も勉強頑張ります

よろしくお願いします

平成二八年元旦

 

お気付きですか?そうなんです。年賀状では、句読点はタブーです。修正テープや、横棒で訂正などもやめましょう宛名の修正もタブーです。

 

間違えてしまったら、ショックですが、潔く書き直しましょう。(*お年玉付き年賀状の書き損じは交換できます。)

 

年賀状の書き方で、先生や目上の方への文例です。

 

恩師への年賀状の書き方。ご無沙汰の場合は?

年賀状のルールについてはお話しました。では、少しご無沙汰してしまった先生への年賀状の書き方について、具体的に書いてみることにします。

 

【例文】

謹んで新春のご祝詞を申し上げます

すっかりご無沙汰申してしまい申し訳ありません

先生にはおかわりございませんか

今年もさらに前進と飛躍に向け挑戦いたします

よろしくご指導のほどお願い申し上げます

平成○年元旦

 

できたら、縦書きが良いかなと思います。

 

SPONSORED LINK

 

目上の方への挨拶文。一言添え書きするのなら?

印刷の年賀状でも、手書きの添え書きが有ると、ちょっと嬉しいですね。

 

でも、書く方は気を遣います。友人や、同僚へは「元気?」とか「またご飯いこうね」とかで済みますが、目上の方々へは、つい筆が進まず後回しになってしまいます。

 

良く見かける言葉ですが、これならまあ安心というところで、書き出してみます。

 

職場の上司の場合

・今年は入社二年目に入ります昨年のご指導を生かせるよう頑張ります

・いつも親身なご指導ありがとうございます

・未熟ではございますが今年もご指導よろしくお願いします

 

 

親族の場合

・みなさまにとってさらに幸多き年になりますようお祈り申し上げます

・またお会い出来る日を楽しみにしています

・くれぐれもご自愛ください

・お身体を大事になさってください

 

年賀はがき_宛名面もと

 

年賀状の書き方、先生・目上の方へ文例まとめ。

さて、一通りポイントをお話してきました。本来は、松の内(1/7)までに届けば失礼にはなりませんが、目上の方へはなるべく元旦に。遅くとも1月3日までには届くようにしたいです。

 

それから、あまり小さな文字は避けましょう(老眼などに配慮)

 

来年は「亥年」いのしし年ですね。画像を選んだり、干支の由来を調べるのも結構面白いかも!年賀状は、一年の始まりの大切なご挨拶状です。あなたの礼儀正しさや、きらり光るセンスを見て頂くチャンスかもしれませんね。

 

【関連記事】

年賀状の書き方でビジネスの文例。上司や取引先。お客様への文面は?

年賀状で結婚報告の文例。友人や出席した上司や親戚へ。式の前なら?

 

では、最後まで読んでくださった皆様へ、感謝と、ご健康、お幸せをお祈り申し上げたいと思います。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

龍安寺の石庭の謎と意味。見所と京都駅からバスのアクセス方法

世界遺産に登録されている龍安寺、いつも多くの参拝客の方が訪れています。こちらの石庭についてご存知です

記事を読む

昭和の日の由来とは?いつから始まった?みどりの日との違い

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきて春の気配を感じるようになってきました。計画的な

記事を読む

読書の秋の由来。意味はあるの?秋の夜長におすすめ2018度版

読書の秋とよく聞きますよね? 私も秋になると本を読みたくなり、本屋さんへ立ち寄っては人気のある本は

記事を読む

箱根の紅葉2018年の見ごろ時期は?名所の混雑状況の回避方法

箱根は魅力いっぱいの誰もが知る観光スポットですね。都心からの交通の便も良く、温泉・観光地として高い人

記事を読む

雛人形の処分と供養の仕方。何歳まで飾る?片づける時期はいつ?

女の子のいるご家庭ではそろそろ、雛人形の準備をしている事と思います。   子供の健やか

記事を読む

成人式の振袖、レンタル料の相場は?間違いない選び方とコツ

振袖は購入、レンタルどっちにする?一生に一度の成人席。娘さんを華やかに着飾ってあげたい。精一杯の準備

記事を読む

お歳暮のお礼状の例文。ビジネスから個人まで例を紹介

年末になると慌ただしくお歳暮を贈ったり贈られたり…。頂いたお歳暮に対してお礼状を差し上げるため、どの

記事を読む

年越しそばの理由。時間はいつ食べる?タイミングはある?意味と由来

皆さん、大晦日に食べる年越しそばは何そばですか?   我が家はだいたい天ぷらそばですが

記事を読む

刈和野の大綱引き2019。開催時間や駐車場。2018年の結果は?

寒い日々が続きますがいかがお過ごしですか?年が明けて、各地で様々なイベントが行われています! &n

記事を読む

ハロウィンの仮装の衣装は通販が安い!ゾンビやディズニーが格安

ハロウィンというと、最近仮装パーティーや仮装パレードなどで盛り上がるイベントが増えてきましたよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑