*

鼻づまりの解消と原因。ツボとペットボトルで鼻の通りを良くする方法

鼻がつまっていると酸素が足りなくてイライラするし、頭の働きも鈍くなり、仕事にも勉強にも身が入らない…なんてことを経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

●鼻づまりの原因とは?
●鼻づまりを解消するツボとは?
●ペットボトルで解消する方法
●その他の解消法は?

 

今回は、鼻づまりで困った時に、手軽に行える鼻づまり解消法についてご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

鼻づまりの原因とは?

鼻から吸い込んだ空気は、鼻の中の粘膜で覆われた部分を進み、喉を通過して気管から肺へと流れていきますが、何らかの原因でこの空気の通り道が狭くなったり塞がったりすることで鼻づまりに繋がります。

 

鼻づまりの原因は、何らかの原因で鼻の粘膜などに炎症が起こってしまい、粘液腺や漿液腺からの分泌が増え、鼻腔内に溜まることから起こります。

 

このようにして鼻水が溜まったり、炎症などにより鼻粘膜が腫れて鼻腔内が狭くなることが原因で、空気の流れが悪くなり、鼻づまりへと繋がるのです。

 

鼻づまりの解消と原因を突き止めて対処しましょう。

 

鼻づまりを解消するツボとは?

鼻づまり解消のツボとして有名なのが、「迎香(げいこう)」と呼ばれる、小鼻の真横のくぼみにあるツボです。

 

迎香

 

ここに人差し指を当てて、下から上に押し上げるように3秒間押して、3秒休みます。これを1セットとして、5セット繰り返しましょう

 

 

このツボは、鼻づまりだけではなく、花粉症や鼻血、また顔の血行を促しますから、むくみや頭痛、視力低下防止などにも効果があります。

 

オフィスなどでも簡単に押すことができますから、鼻づまりが気になる時には試してみて下さいね。

 

<鼻づまりを簡単に解消するツボ>

 

ペットボトルで解消する方法

鼻づまりをペットボトルで解消する方法もありますので、ここでご紹介しておきましょう。

 

まず、つまっている鼻と反対側の脇に500mlのペットボトルを挟みます

 

脇の下には圧力を感じるセンサーがありますから、ペットボトルで圧迫することで反対側の交換神経が刺激されることになります。

 

交感神経が刺激を受けると、血管が収縮しますから、鼻の粘膜部分の腫れが引いて鼻腔内に隙間が出来ます。

 

stuffynose_002

 

鼻づまりによって、鼻の粘膜の血管に血が溜まり、膨らんでしまっていることで空気の通り道が塞がれてしまっていますから、

 

このようにして血管を収縮させてあげると粘膜の腫れが引いて空気の通り道が出来ることになるのですね。

 

SPONSORED LINK

 

その他の解消法は?

上記で紹介した他にも、鼻を暖めることで鼻づまりが解消されることがあります。

 

お風呂に入っている時にも実感されることがあるかもしれませんが、鼻を蒸しタオルやカイロなどで覆い、暖めると一時的に鼻づまりが解消されます。

 

タオルやカイロが無い場合は、暖かい飲み物の蒸気を吸ったり、自分の手で鼻を覆って温めるだけでも効果があります。

 

 

何故鼻を温めると鼻づまりが解消されるのか、理由は不明ですが、手軽で効果がある方法ですので、鼻づまりで困った時には試してみて下さい。

 

ただ、蒸しタオルやカイロを直接鼻につけると、火傷してしまう可能性もありますから、鼻に付ける前にタオルやカイロの温度を確認してから行いましょう。

 

 

この他の方法として、「鼻をつまんで息を止める」というのも手軽に行える鼻づまり対策ですので、オススメです。

 

1.まず、一度大きく深呼吸をしてください。

2.その後、肺が空っぽになるまで息を吐ききります。

3.息を吐ききったところで鼻をつまみ、息を止めたまま約2秒毎に天井と床を交互に見ます。

 

これを、息が続く限界のところまで行いましょう。

 

 

このようにして無理矢理酸欠の状態を作ると、脳から「酸素が不足しているから、鼻の穴を広げて」という命令が出ます。

 

そうすると、鼻では血が溜まらないように血管が細くなり、空気の通り道が出来て鼻づまりが解消するというわけです。

 

先程紹介した、ペットボトルで脇の下を圧迫するのと原理的には一緒ですね。

 

stuffynose_003

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

アレグラ市販薬と処方箋の価格はどっちが安い?ジェネリックの効き目

紫外線アレルギーの症状とは?顔のかゆみの原因。対策と治療法

 

今回ご紹介した方法は、アレルギー性の鼻炎や風邪による鼻づまりには効果がありますが、鼻の奥にポリープが出来ている場合や、蓄膿症になっている場合には効果がありません。

 

何をやっても鼻がつまる、という場合には一度耳鼻科で相談してみて下さいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

日本脳炎の予防接種。副作用の症状とリスクは?間隔と時期まとめ

2005年のニュースで、古いタイプの日本脳炎ワクチンによって重篤な副反応が出た可能性がある症例が紹介

記事を読む

そら豆の栄養成分。薄皮にも栄養はある?枝豆と比べるとどっちが上?

あなたは、そら豆が好きですか?また、よく食べますか?   鞘の中は、ふわふわの綿のよう

記事を読む

食欲の秋が到来!由来と意味。なぜ食欲が増加する?理由を解明

秋はおいしいものの旬が満載でついつい食欲も増してきてしまいますね。秋刀魚や栗、マツタケなどがスーパー

記事を読む

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?母乳だけでいいの?対処と予防

最近は電気料金の値上げに加えて、夏がどんどん暑くなっていますね。 大人でも注意しなければならない熱

記事を読む

くる病とは?原因について。大人と子供の症状とは?治療法と薬

最近、乳幼児の間で「くる病」が増加傾向にあるようです。 この「くる病」は、栄養が慢性的に不

記事を読む

オクラの栄養とは?ネバネバ成分と効果。生と加熱では効能が変わる?

夏野菜の1つに「オクラ」という野菜がありますね。オクラという名前の響きが実に和名らしいですが、実は渡

記事を読む

蚊の対策。ガーデニング、庭や部屋の場合は?赤ちゃんの蚊よけ法

じんわり、とした蒸し暑い季節。じめじめと肌に付く湿気だけでもうんざりしてしまうのに、夏に一番頭を悩ま

記事を読む

今年のインフルエンザの特徴。2016年のa型やb型の傾向とは?

12月~3月ごろにかけて、流行するのがインフルエンザです。最近は、ニュースでもインフルエンザのことに

記事を読む

加湿器のカビ掃除方法。フィルターのお手入れは?赤カビ除去と対策

冬になると大活躍の加湿器ですが、手入れを怠るとすぐにカビやぬめりがひどくなってきますよね。 

記事を読む

とびひで有効な薬。市販薬は?症状と感染原因。大人にもうつるか?

とびひとは、細菌による感染症です。あせもや湿疹、傷などをかきむしって身体中に広がったことはありません

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑