*

花粉症の頭痛対策!頭だけ痛いときの対処法。肩こりやだるい時は?

花粉症にお悩みの方には、つらい季節がやってまいりました。花粉症って聞くと、まずは鼻水や目のかゆみなどの症状が思いつきますよね。

 

しかしこれだけではなく、なぜか頭だけがひどく痛い、また、とにかくだるい肩こりがつらいといった症状も決して少なくありませんので、花粉症の引き起こす頭痛や肩こり・倦怠感に対処法が見つけられずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

●花粉症で頭痛が起こる原因とは?
●花粉症で頭痛のみの対処法は?
●肩こりやだるい場合は?

今回は、花粉症からくる頭痛対策から、対処法やそれに伴う肩こり・倦怠感について調べていきたいと思います!

 

SPONSORED LINK

 

花粉症で頭痛が起こる原因とは?

頭痛肩こり倦怠感はいわゆる二次症状ともよばれる症状なんです。

 

花粉の量が多いと鼻の粘膜がアレルギーを起こして腫れてしまいます。そうすると空気を取り込む道が狭くなり、取り込む酸素量が減ってしまうんです。

 

取り込む酸素量が少ないのと、腫れてしまって神経を圧迫する事が原因で、頭痛に襲われてしまうそうです。また、呼吸が苦しい中で夜の寝付きが悪くなってしまい、睡眠不足から段々と頭痛が酷くなってしまう場合もあるそう。

 

花粉症の頭痛対策!頭だけ痛いときの対処法。肩こりやだるい時は?

 

たかが鼻水。されど鼻水、です。

 

鼻の症状って結構深刻で、長い間不快な症状が続いていると、首の筋肉や肩の筋肉が凝って、頭痛に繋がってしまっている場合もあるんです。

 

肩凝りが酷いと頭が痛くなってしまう事ってありますよね。鼻づまりや鼻風邪の時って息苦しくて頭がボーっとしてしまう事だってありますよね。花粉症ってもしかしたら風邪よりもやっかいかも…?

 

hayfever_009

 

花粉症で頭痛のみの対処法は?

頭痛の対処法といっても、薬を飲んだ時のようにすぐに改善されるというわけではないのでご了承を願います。

 

花粉症の症状の対処法の殆どは、自らの体の基礎代謝を上げる、といった事が殆どで、じっくりと続けていく事がとても重要になってきます。

 

例えば、きちんと睡眠をとる、ということから、お茶を飲むのを日課にする、という事まで、どれも簡単に出来る事ばかりなので是非、お試しください。

 

SPONSORED LINK

 

【きちんとした睡眠をとる】

息苦しくて眠れないのに!と思いますよね、すいません。 でも、出来る限り睡眠をとって体を休ませる事がとても重要なんです。

 

実は、快適な睡眠には体を温める事がとても重要となっているんです。

 

その体を温めるには、寝る前に体を温める物(生姜湯など)を摂取したり、ゆっくりとお風呂に浸かる事をお勧めします。

 

1

 

 

【食生活に気をつけましょう!】

花粉症が酷く、免疫力が下がっていると、花粉症の症状も悪化してしまいます。 実は、油ものや高カロリー、高タンパク質の料理は避けるべき料理なんです。

 

油ものや肉料理ばかり食べていると免疫力が下がるって聞いたことないですか?コーヒーやチョコレート、お酒も少し我慢しましょう。

 

hayfever_001

 

肩こりやだるい場合は?

しつこい肩こりや、肩こりからくる頭痛に悩んではいませんか?

 

hayfever_002

 

肩こりがキツイと毎日つらいですよね。肩こりが原因で起こる頭痛もあることから、肩凝りの改善をすると、肩凝りの解消と頭痛の解消が出来て一石二鳥だったりもします!

 

また、肩こりやだるさは自律神経の乱れから引き起こされるものでもあるので、体の血の巡りをよくして、体がすっきりとできるお手伝いをしていきましょう!

 

 

【温めたタオル+マッサージ】

電子レンジで温めたタオル(火傷に注意してください)を両肩とうなじにかかるように乗せ、首の後ろで手を組みます。

 

・肩の痛みがやわらぎ、楽になるまでもみほぐします。

 

hayfever_004

 

【食べるもので改善できる事も!】

●レモンティー

人間はストレスを感じると、アドレナリンという物質を分泌します。その際、必要とされるのがビタミンCで、レモンはビタミンCを多く含みます。

 

さらに、レモンに含まれるクエン酸疲労物質である乳酸も分解してくれます。

 

hayfever_006

 

●にんにく

にんにくに含まれるアリチアミンは、ビタミンB群の働きを高め、持続させる効果があります。 

 

hayfever_007

 

豚肉などビタミンB群の多い食べ物と一緒に摂取することで、ビタミンB群の吸収を助けて最大の効果を発揮しますので、にんにくたっぷりの豚丼なんていいかもしれませんね。

 

●にんにくたっぷり!スタミナ豚丼
 
hayfever_009

 
●材料
豚バラ肉…200~250g
すりおろしニンニク…2片分~お好みで
塩こしょう…少々
 
片栗粉…適宜
サラダ油…少々
白髪ネギ…適宜
 
(たれ)
○しょうゆ…大さじ3
○酒…大さじ3
○みりん…大さじ1
○砂糖…大さじ2
○水…250cc
 


 
●作り方
1.
豚バラに塩こしょうをし、片栗粉をまぶす
2.鍋に(たれ)の材料を入れて火にかけ、沸騰したらすりおろしたニンニクを入れ、半分くらいの量になるまで煮詰めます
3.中火に熱したフライパンにサラダ油を入れて、豚バラ肉を両面しっかりと焼きます
4.煮詰めたタレに焼き上がった豚バラを入れ、お肉に照りが出てきたら…
5.ご飯にたっぷりと乗せ、白髪ネギ(小口ネギでもOK)を添えて完成

 

 

●柑橘系

みかんなどの柑橘類に多く含まれるクエン酸は、肩こりの原因である疲労物質の乳酸を分解してくれます。 みかんや夏みかんなどの柑橘類の他、レモンや梅干しなど酸っぱい食べ物にもクエン酸が含まれています。

 

hayfever_008

 

肩凝り対策にはマッサージだという先入観があったのですが、こんな風に食べ物でも改善出来るのですね!

 

体を中から温めてゆったりとする。

簡単そうに見えて意外と難しい事だけれど、少しずつ、改善できるといいな、なんておもいます。

 

 

花粉症は鼻水、咳、目の痛みだけでなく、それらから頭痛や肩凝り、だるさが引き起こされてしまいます。それらは食べ物やマッサージで多少改善されるようです。

 

【関連記事】

花粉症にワセリン。目や鼻に効果的な塗り方は?種類と副作用まとめ

花粉症対策に効く食べ物とは?食事で改善する方法。悪い食べ物とは?

 

辛い花粉症の時期をなんとか乗り越えていけるといいですね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

住吉大社の初詣2017。混雑状況と空いている時間は?

毎年200万人以上が訪れる関西屈指のスポット、住吉大社。広い敷地内には30以上の社があり、その全てに

記事を読む

クリスマスネイルデザイン2016。やり方が簡単なアート画像あり!

クリスマスが近づいてきたら、クリスマス仕様のネイルに変えたくなりますよね。でもクリスマスが過ぎると、

記事を読む

年賀状の書き方。先生や目上の方への文例。挨拶文や一言添え書き

いよいよ今年も年賀状の季節がやって参りました。でも残念なことに、特に若い方の年賀状離れがすすんでいる

記事を読む

とびひで有効な薬。市販薬は?症状と感染原因。大人にもうつるか?

とびひとは、細菌による感染症です。あせもや湿疹、傷などをかきむしって身体中に広がったことはありません

記事を読む

ヘルパンギーナの症状。大人は感染する?治療と食事。登園の目安

夏風邪ってなぜひくのでしょう?私は、梅雨時に風邪をひいてしまいました。38度以上の熱が出て、いつまで

記事を読む

明治神宮の初詣。2017年の混雑状況と回避する方法とは?

皆様、どこに初詣行くか決めましたか?おなじみの地元の神社?それとも旅行先で?やっぱり一年の始まりです

記事を読む

赤ちゃんが風邪の時のお風呂はいつから?何日入れない?微熱の場合

赤ちゃんはデリケートですので、入浴はとても気を使うものです。特に赤ちゃんが風邪を引いた時の入浴は、ど

記事を読む

結婚式ソングに合う邦楽・洋楽。入場から披露宴BGM、感動の曲は?

特別に思い入れのある曲がある場合ならすんなり決まる結婚式のBGMですが、そうではないと決めかねてしま

記事を読む

りんごの栄養とすごい効果!皮ごと食べる場合の農薬は?効能まとめ

実はあまりりんごは食べないんです。というのも、皮をむいたりするのが面倒だからです。お店では、どうして

記事を読む

次のスーパームーンはいつ?2016年。現象と災害の関連性は?

『スーパームーン』なんだか名前を聞いただけでワクワク夢が広がる言葉ですね。このスーパームーンは、一体

記事を読む

Comment

  1. ちーさん より:

    花粉症の時期に去年は、普通に過ごせたはずが…今年は3月から4月下旬迄、頭痛&喉の痛み&目の痒み&肩凝り&倦怠感で…花粉症の時期を体験して、気づいたのは、乳酸菌の入ったヨーグルトを怠ってたヤバイ飲むヨーグルトを飲んで体質改善何とか乗り切り、乳酸菌の凄さに驚いた。元々アレルギー性鼻炎なので、ヨーグルトを毎日飲まないと、善玉菌が減ってしまうよ〜ファイト〜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑