*

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事と言われています。

 

祖父母や、親戚の人からもたくさんお祝いをいただきます。

では、その返しはどうしたらいいのでしょうか。よくわかりませんよね。

 

ということで、今回は、

●お祝い(内祝い)のお返しはするもの?
●お返しの品物。相場の金額はいくら?
●品物で喜ばれるものは?NGはあるの?
●お返しを渡す時期はいつ頃?

 

についてお伝えすることにします。

子供の成長のお祝いです。いいお祝いだったと言われるようにしたいですね。

 

SPONSORED LINK

 

お祝い(内祝い)のお返しはするもの?

七五三は、11月15日に行われます。これは旧暦の15日は鬼が出歩かない「鬼宿日」にあたり、吉日であるといわれていたからです。

 

吉日とは、物事を行うのに日取りのよいおめでたい日という意味です。「思い立ったが吉日」という言葉を耳にしますよね。

 

しかし、11月15日は休日ではありませんので、うまく休みがとれるかどうかもわかりません。そのため、現在では11月15日にこだわらずに、11月中の土・日・祝日に行なうことも多くなってきています。

 

今年の11月15日は日曜日ですので、15日当日にお祝いできる方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

90233_1_200x0
画像出典元:http://www.rasysa.com/pkg/style/kids/scene_shichigosan/

 

しかし、15日にこだわる必要はありません。都合のつく日を選んでお祝いしましょう。

 

神社に参拝に行った後、お祝いの宴会を設けます。両親や親戚からいただいたお祝いに対して、この宴席がお返しになります。

 

私はケータリングを頼んで自宅の広めの部屋で行いましたが、後片付けなどを考えると、予算が合えばレストランやホテルのプランなどを予約したほうが楽だと思います。

 

 

千葉や茨城県では結婚式場やホテルでかなり豪華な「披露宴」のような宴会が行われるそうで、すでに、今年の「七五三プラン」を立てているホテルもあります。

 

こちらは、7月までに申し込みをすると特別プレゼントが受けられる早期申し込み特典があるようですよ。

 

 

お返しの品物。相場の金額はいくら?

しかし、遠方の方もいて、みなさんが宴会に出席できるわけではありません。また、宴会を開かない人もいるでしょう。

その場合は、お祝いへのお返しの品を送ります。

 

昔は、お祝いの品はお赤飯千歳飴が一般的なようだったのですが、最近は、いただいた金額に合わせて日用品やお菓子など、受け取った相手があまり気を使わない品物を送ります。

 

千歳飴は子供が食べるものじゃないの?と思いますが、長寿を願い、粘り強く細く長い形状で、長寿と健康を祈るという意味があり、七五三のお返しに使うようです。

 

SPONSORED LINK

 

金額の相場は、いただいた額の3割から半額程度です。

お礼状と七五三の時に撮った子供の写真を添えるとよいでしょう。

 

そして、お礼状はなるだけ手書きにしましょう。既製の礼状を使用する場合も一言手書きで添えるなど、丁寧に心を込めて書くのが望ましいです。

 

一般的な七五三のご祝儀の相場は、

祖父母……10,000~20,000円
叔父・叔母……5,000~10,000円
親戚……5,000~10,000円

となり、だいたいこの3割から半額がお返しの相場になります。

 

あまり多いのと受け取る側の気がひける場合もあるため、1万円で4千円前後、5千円で2千円前後くらいがいいのではないでしょうか。

 

753_gift_006

 

品物で喜ばれるものは?NGはあるの?

では、お返しは何が喜ばれるのでしょう。

 

祖父母の場合は、写真をいれたフォトフレームなどもいいと思います。

ただし、壊れにくい木製や金属製のものを選びましょう。お子さんのメッセージも添えるといいですね。

 

 

 

デジタルフォトフレームをいいですね。新しい写真もメールなどで更新できますし。スライドショーや動画にも対応しているので見ていて楽しいです。

 

 

しかし、親戚ともなるとそうはいきません。よその子供の写真を部屋に飾ることは、そうはありませんから。

では、何にすればいいのでしょう。

 

やはり、お菓子やブランドもののタオル、お茶などがいいのではないでしょうか。話題のものや可愛いお菓子はどうでしょう。

 

 

 

これらのお菓子は、見た目が可愛いく、食べてみたいなと思いました。

 

石鹸もいいですが、私の場合、液体しか使わないため石鹸をいただくと持て余してしまいます。そんな場合はタンスの引き出しに入れて香りを楽しんでいます。

 

七五三はお祝いですから、NGの品物縁起の悪い言葉を連想させるものです。結婚式と同じですね。

 

 

具体的にいうと、

陶器やガラス……割れる、壊れる
 
はさみや包丁……切れる

 

強化ガラスだといいのではないかと思ったりもしますが、ガラスは割れるという印象があるため、避けたほうがいいです。

 

753_gift_005

 

お返しを渡す時期はいつ頃?

お返しをするのはいつがいいのか?ですが、これはなるだけ早いほうがいいです。

できればその日のうち、遅くとも2週間以内には送りましょう。

 

いろいろ準備で忙しいと思います。礼状は早めに準備し、写真も今はデジタルなので、撮ったその日のうちに手に入ります。

 

データがあればすぐにプリントできますからそんなに時間はとられません。なるだけ早め早めに準備しておきましょう。

 

753_gift_008

のしの書き方マナー。名前について

では、のしがきはどうしたらいいのでしょう。

 

ギフトに対応しているお店だと、七五三のお祝いのお返しだといえば、用意してもらえます。ネットの場合もお店に相談すれば、大体メールでのやり取りですみます。あまり気をはる必要はありません。

 

とはいっても、どのようなのし紙がつくのかは気になりますね。

お店によっては見本をみせてもらえます。何種類かの見本から選ぶところもあり、メッセージや写真も同梱してもらえます。

 

ネットの場合でも、手書きの文字や子供の写真の画像を送ると、礼状を作成して商品に添えてもらえるお店もあります。

 

11339632026_ef99ab0db2_m

 

自分でのし紙を付ける場合は、お祝い事なので、水引は紅白七本の蝶結びにします。

のし上には、「内祝」と書きます。「寿」でも大丈夫です。

 

のし下は、姓は入れずに子供の名前を書きます。子供のお祝いのお返しですので、家族の名前などは入れないでくださいね。

 

お返しを断ってくる人もいます。無理強いはよくありませんが、どうしても何かを送りたい場合は、金額を下げたり、すぐに消費できる使い勝手のいい品物にしましょう。

 

753_gift_007

 

初めてのお子さんの場合、いろいろ悩みますね。それでも、我が子の成長をたくさんの人に祝ってもらえることは格別に嬉しいことです。

送る相手のことを思いながら感謝を込めて品物を選び、素晴らしい七五三のお祝いにしてください。

 

【関連記事】

七五三のお祝い金額の相場。姪や甥へ。祖父母や兄弟同時の場合

七五三のお祝いプレゼント!喜ばれる贈り物は?メッセージ文例

 

こちらの記事でも、七五三のお祝いに関する様々な情報をまとめています。是非とも合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

高尾山の紅葉2018!見ごろ時期と混雑状況。おすすめ鑑賞コース

東京の八王子市西方にある「高尾山」は、年間200万人を超える世界一の登山者数を誇ります。 都心から

記事を読む

夏コミのコスプレ服装マナー!初心者の持ち物。ホテル予約おすすめ

夏といえば、コミケと考える人はあまりいないのかもしれません。ただ、それは偏見になってしまいますよね。

記事を読む

大曲花火大会2018。穴場の観覧スポットは?おすすめ駐車場情報

全国に花火大会は多かれど。花火ファンとして一度は行ってみたいのが「大曲花火大会」ではないでしょうか。

記事を読む

初日の出スポット関東2019年。おすすめの穴場はここです!

こんにちは!…もういくつ寝るとお正月?なんて考える暇もなく、気付けば年の瀬が振り向けばすぐそこに訪れ

記事を読む

結婚式の受付のマナーとは?服装と挨拶、ご祝儀の受け取り方

友人の結婚式は、大変おめでたい事ですよね。そんな中、スピーチや受付など、色々と頼まれる事ありますよね

記事を読む

寒中見舞いを出す時期はいつまでがマナー?過ぎたらどうする?

寒中見舞いは、年賀状を松の内に出しそびれてしまった場合や、喪中で年始のお祝い状をお届けできない場合に

記事を読む

銀閣寺までのアクセス。バスの時間は?駐車場と周辺ランチ情報

金閣寺は、テレビや写真で見る機会も多いと思いますが、銀閣寺のことはご存知ですか? 金閣寺が

記事を読む

水道の引越し手続きはどうする?水道局へ使用中止と開始

引越しを考えている主婦の皆さん。大事なライフラインの手続き方法はバッチリでしょうか?今回は引越しのと

記事を読む

筑後川花火大会2018穴場スポットと場所取りのおすすめ体験!

毎年、夏になると待ち遠しいのが花火大会!友達や恋人と、キレイな花火を見ながら過ごす時間はとっても楽し

記事を読む

お歳暮のお礼状の例文。ビジネスから個人まで例を紹介

年末になると慌ただしくお歳暮を贈ったり贈られたり…。頂いたお歳暮に対してお礼状を差し上げるため、どの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑