*

ひな祭りの歌、歌詞の意味は?こんな替え歌を知っていますか?

3月3日は桃の節句「ひな祭り」ですね。女の子がいるご家庭では、雛人形を飾ったりお祝いをしたり、楽しいイベントなのではないでしょうか?

 

ひな祭りといえば、♪あかりをつけましょぼんぼりに~で始まる「うれしいひな祭り」の歌詞。古くから歌われていますよね。私は、このひな祭りの歌がなんとなく好きではありませんでした。どことなく寂しい、悲しげな音楽に聞こえていたからです。

 

ひな祭りは好きなイベントではなかったのですが、この「うれしいひな祭り」に込められた歌詞の意味について作者の思いを知ったことから、また違った気持ちを頂く様になりました。そこで今回は、

 

●うれしいひな祭りの歌詞の意味とは?
●歌詞に込められた思いとは?
●うれしいひな祭りの替え歌とは?

といった内容についてまとめました。

 

SPONSORED LINK

 

うれしいひな祭りの歌詞の意味とは?

あなたはひな祭りの歌を最後まできちんと歌えますか?歌い出しは覚えていても、最後まで歌詞を自信を持って歌える人は、意外と少ないかも知れませんね。

 

 

この歌を聞くと、鼻歌を歌いながら母が楽しそうに雛人形を飾っていた事を思い出します。しかし、この歌の歌詞には二つの間違いがあるのです。

 

この部分、

♪お内裏様とお雛様~

と、男雛をお内裏さま・女雛をお雛様と歌っていますが、正しくは、男雛と女雛を合わせて「お内裏様」と呼びます。他にも、仕丁・随身・五人囃子・三人官女・お内裏様・お雛様は、すべての雛人形の総称です。

 

なんとなくお雛様は「女の子」というイメージがあるので、お内裏様は男雛の事と勘違いされたのかも知れませんね。

 

ひな祭りの歌、歌詞の意味は?こんな替え歌を知っていますか?

 

 

もう一つは、

♪赤いお顔の右大臣~

の部分。白酒で酔っ払っているのか?とまでいわれた右大臣ですが、赤ら顔しているのは左大臣の方なんですよね。

 

そもそも、左大臣が白酒で酔っているのかも定かではありませんが、右大臣にとっては、ちょっと迷惑な言いがかり(?)になっていますね。

 

dall_fes_003

 

歌詞に込められた思いとは?

うれしいひな祭りは1935年ごろに、作詞家のサトウハチロー氏が娘に雛人形を用意した前後に作詞されたといわれています。なんと80年も昔に作詞されていたんですね。2007年には日本のうた100選にも選ばれています。

 

さて、この歌の2番には、

♪お嫁にいらしたねえさまに~ よく似た官女の白い顔~

 

という一節があるのですが、サトウハチロー氏のお姉さんは、結婚が決まった18歳の頃、結核を患い亡くなったそうで、そのお姉さんへの鎮魂歌として作詞されたのではないかといわれています。

 

女の子の健やかな成長を祝う、嬉しい行事であるにも関わらず、さみしげな曲調になっているのは、その為なのかもしれませんね。

 

SPONSORED LINK

 

そして、お嫁に行くよりも前に亡くなってしまった姉への鎮魂と、娘さんの成長を喜ぶサトウ氏の思いが込められている事を知り、この歌から、兄弟愛や家族愛を感じる様になりました。

 

dall_fes_005

 

うれしいひな祭りの替え歌とは?

ひな祭りの替え歌ですが、私の子供が突然こんな歌を歌い出したのです。

♪明かりをつけたら消えちゃった~ おはなをあげたら枯れちゃった~
♪ご~にんばやしは死んじゃった~ 今日はかなしいお葬式~

 

サトウ氏の姉へ想いを知りもしない息子ですが、お友達に教えてもらったと楽しそうに歌っています。

 

でもこの替え歌、私が小学生だったウン十年前、男の子達が歌っていた替え歌と同じなんです。私は、結婚と同時に他県に引っ越しているので、全国的に有名?な替え歌のようです。

 

dall_fes_004

 

そしてその替え歌が、何十年も歌い続けられている事に再度ビックリ!主人にも聞いてみたところ、主人は別バージョンも知っていました。

 

♪明かりをつけましょ 爆弾に~ ドカンと一発 ハゲ頭~
♪五人囃子は死んじゃった~ 今日は悲しいお葬式~

 

別バージョンの方が更に酷い扱いを受けていますが、他にもいろんな替え歌がありそうですね。

 

dall_fes_007

 

いかがだったでしょうか?サトウ氏は、歌詞の間違いをずっと気にしていたようで、自身の代表作である「うれしいひな祭り」が、あまり好きではなかったといいます。

 

間違いはあっても、何十年にも渡って歌われ続けているこの曲が「名曲」である事に変わりは無いですよね。きっとこの先も、替え歌と共に歌われ続ける事でしょう。

 

【関連記事】

ひな祭りの由来、食べ物の意味は?縁起が良い食べ物とは?

 

それでは、楽しいひな祭りをお過ごしください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

土浦花火大会の2018穴場スポット。桟敷席の倍率と場所取りのコツ

打ち上げ花火って、どうしてあんなにドキドキワクワクするのでしょう。見ていると飛び跳ねたくなるくらい夢

記事を読む

師走の意味とは?由来と語源。挨拶の使い方でメールやビジネスの文例

12月のことを師走と言いますね。皆さんは、なぜ師走と言うのかご存知ですか?私は師が走るほど忙しいから

記事を読む

NHK引越し住所変更の手続き。放置した場合と解約する方法

春は新生活がスタートする季節でもあります。今年の春から新天地での暮らしが始まるという方も、多いことで

記事を読む

香典返しの相場とマナー。時期と品物。会社へのお返しは必要か?

経験のない事は、誰しも初めては分からないもの。みなさんは香典返しの相場やマナーをご存知でしょうか。

記事を読む

大阪城公園の桜を見に行こう!2018開花予想。お花見イベント情報

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきました。この間散歩をしていたら、近所に梅の花が咲

記事を読む

残暑見舞いの時期とは?文例とビジネス書き方。暑中見舞いとの違い

残暑見舞いっていつ出せばいいのだろう?そもそも暑中見舞いでさえよくわからないのに、まして残暑見舞いな

記事を読む

年の瀬とは?意味と語源。挨拶の例文と使い方。あいさつはいつから?

毎年12月になると、「年の瀬」という言葉をよく耳にしますね。何となく年末に使う言葉ということは分かり

記事を読む

蚊アレルギーの症状とは?腫れる原因や水ぶくれの治し方。対処法は?

段々と気温が上昇して、開放的な季節へと移り変わっていって、さぁ夏!一年で一番活動的で薄着になる、イベ

記事を読む

小学校の卒業式、ママのスーツ選び方。母に合うブランドは?

春の日差しが少し眩しくて、暖かい風が吹く今日この頃です。小学校の卒業式の季節ですね。  

記事を読む

七五三のお参りの時間帯。仏滅の日はまずい?普段着でお参りは?

我が子の大事なイベント、七五三。毎年11月15日と日にちが決まっていますが、写真の早撮りなどに気を取

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑