*

キャンプ道具の必需品リスト。おすすめ便利グッズ。一人の場合は?

知り合いの年上男性に一人キャンプが趣味の人がいます。釣った魚を焼いて食べたり、自然の中で時間も忘れて読書をしたり。

そして、専用の器具で丁寧に入れたコーヒーとホットサンドの芳しい香りで迎える朝は格別なんだとか。

 

私は根っからのインドア派なんですが、その人のキャンプの話が本当に魅力的で、いつか一人キャンプにも挑戦してみたいと、通販サイトでキャンプ用品をチェックしたりしています。

 

そこで今回は、

●キャンプに必要なものは?必需品リスト
●あったら便利なおすすめグッズ!
●ソロキャンプに必要な道具は?

 

これらのことについて調べてみましたので、是非とも参考にしてみて下さいね。

 

SPONSORED LINK

 

キャンプ道具の必需品。必要なものリスト

キャンプをすると思い立っても、私のようなインドア派は一体何が必要なのかさっぱり想像がつきません。

そこでキャンプをするにあたって絶対に外せない必需品をリストアップしてみました。

 

キャンプ道具の必需品リストと、おすすめの便利グッズを紹介します。

 

1) テント

言わずもがな居住スペースとしてテントは必需品です。キャンプの人数に合わせて適切な広さのテントを選びましょう。

テントを快適空間にするために、以下の道具も揃えると安心です。

 

 

 

・グランドシート

テントの下に敷きます。湿気や浸水を予防します。専用の商品もありますが、ブルーシートでも代用が効きます。

 

 

 

・インナーマット

テントの中に敷きます。専用の商品もありますが、自宅のラグでも代用が効きます。涼しい季節は防寒のためにも必要です。

 

 

・寝袋

快適に眠るためには必要です。真夏はタオルケット等でも代用はできますが、意外と夜は冷えるので、涼しい季節や山でのキャンプなら寝袋を用意した方が安心です。

 

 

 

2) タープ

食事やくつろぐためのスペースとして必要です。突然の雨天にもタープがあれば対応できます。タープを快適空間にするために、以下の道具も揃えましょう。

 

 

 

・テーブル

調理や食事など、作業をするために必要です。

 

・チェア

ゆっくりくつろぐために座り心地の良いチェアを準備しましょう。

 

・ランタン

夜間の照明として必須です。LEDライトやガスランタンまで豊富にあります。

 

summer_camp_item_003

 

3) バーベキューグリル・ストーブ

食事をインスタント等で済ますにしても、調理用の熱源として必須です。

せっかくのアウトドア、カップラーメンでは味気ないので手作り料理も楽しみたい人が大半だと思います。アウトドア料理を楽しむなら、以下の道具も揃えましょう。

 

 

 

・着火剤・木炭・ライター等

火を起こすために必ず必要です。

 

・調理器具

キャンプ用のものも色々ありますが、基本的には普段使っている鍋・フライパン・やかんで全く問題ありません。

 

・トング数本

炭用、食材用と何本か用意しましょう。

 

・包丁・まな板・ボウル

キャンプ先で食材を切るなら必須です。

 

・スポンジ・たわし・台所用洗剤

鍋や食器、金網などを洗うために必要です。

 

summer_camp_item_004

 

4) その他

ゴミ袋各種・軍手・雨具

 

調理道具は高価で本格な物もキリがないですが、実は100円ショップでもコンパクトで使い勝手のいい物が売られています。

動画も参考にしてみて下さいね。

 

 

あったら便利!おすすめグッズは?

なくても事は済むけれど、あったらキャンプが快適になるおすすめグッズを紹介します。

 

1) ウォータータンク

勿論川水は飲用水にはなりませんし、水場まで遠い場所にテントを張ると移動が大変ですので、最初から準備して設置すると安心です。調理から洗顔、食器洗い等大活躍します。

 

2) ペグ・ハンマー

テントやタープを地面に固定する道具です。テント・タープを購入した時にセットでついてきますが、使い辛かったり、すぐに壊れたりするので、別で準備していると安心です。

 

 

 

3)ランタンスタンド

夜、ランタンを据え置くだけでは少しのスペースしか明るくなりません。広い空間を照らすにはランタンスタンドが必要です。

 

 

 

4) クーラーボックス

食材を保管するため、冷たいビールを楽しむために必要です。自宅である程度食材の下準備をしてクーラーボックスで持って行くと、簡単に調理ができます。

 

 

 

5) 調理ばさみ

ちょっとした物を開封したり、食材を切ったり、とにかく色々と使い勝手のいい調理ばさみ。料理を楽しむなら1本持っていけば便利です。

 

その他、暑さしのぎはもちろん、火起こし・虫払いなどにも使えるうちわや、手元だけをちょっと照らすための小さなライトなどもあると便利ですよ。

 

summer_camp_item_005

 

一人でソロキャンプの場合の道具は?

ソロキャンプの場合も、基本的にはこれまで紹介した道具を一人分で準備すればいいのですが、ソロキャンプで追及されるのは道具のコンパクトさです。

 

如何に必要な道具をコンパクトで機能的にまとめるか、ベテランになるとバッグ一つに収まる位まで工夫しているようです。

 

100円グッズをDIYして自分だけのオリジナルキャンプ用品を揃えたり、コーヒーやホットサンドのためにうんと高価な器具を買ったり・・・キャンプって奥深いですね。

 

summer_camp_item_001

 

いかがでしたでしょうか。

キャンプ用品ブランドで道具を揃えて快適なキャンプを楽しむ人や、キャンプの不便さを楽しむためにあえて少ない道具で出発する人もいるようです。

 

色々な楽しみ方ができるキャンプ、自分だけのオリジナルキャンプを想像するとわくわくしちゃいますね。

 

共通して言えるのは、自然に感謝し、ゴミを残して行かないこと。

しっかり準備して安全に楽しくキャンプをした後は、しっかりと後片付けをすることも忘れないようにしましょう。

 

【関連記事】

関東のキャンプ場おすすめは?川遊びや温泉、コテージで楽しもう!

関西のキャンプ場。川遊びやアスレチック!人気のコテージに泊まる

 

キャンプ道具が揃ったら、早速キャンプの計画を立てましょう!

上記記事では、関東・関西のおすすめキャンプ場情報をまとめていますので、キャンプ場探しの参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

ハロウィンのかぼちゃ販売はどこ?通販はある?由来から育て方

ハロウィンと言えば、やっぱりオレンジ色のかぼちゃが真っ先に思い浮かびますよね。そもそもハロウィンって

記事を読む

お年玉袋の書き方。折り方や入れ方は?意味と由来。英語で伝えると?

私ごとですが、むかしむかし、冬休みの宿題に書き初めというのがありまして、それは「新年の抱負を書き初め

記事を読む

明治神宮で七五三。予約受付方法と初穂料の金額。混雑状況は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣を考える方もいらっしゃいますよね。  

記事を読む

建国記念日の由来、起源とは?驚きの意味を知っていますか?

2月11日は「建国記念の日」。「建国記念日」だと思っている方も多いのではないでしょうか?そして、日本

記事を読む

東京湾花火大会の穴場スポットと絶景レストラン。大華火祭2018

お台場の発展と共に賑を増した東京湾花火大会。最近では、隅田川花火大会に匹敵する、大規模な花火大会とな

記事を読む

針供養とは?東京、大阪、京都、福岡の神社で行うならどこ?

事八日と言う言葉をご存知でしょうか?「事(こと)」とはお正月に行われる神事をあらわす言葉で、お正月を

記事を読む

クリスマスは教会でミサ!東京や横浜。大阪や名古屋で礼拝おすすめ

今年もいよいよクリスマスシーズン到来です。   そこで今回はクリスマスを一味違った過ご

記事を読む

年賀状の書き損じ。交換手数料と期限はいつまで?余った場合の使い道

年賀状って気を付けて書いていても「あー間違えたー。」なんてこと、よくありませんか?印刷の向きが逆だっ

記事を読む

七五三の髪型。3歳7歳の女の子。自宅で簡単ヘアアレンジ・結い方

子どもの健やかな成長を願い祝う七五三。主に11月15日に行われる行事です。   特に女

記事を読む

関東の厄除け神社。お参りで良い「気」を呼び込みたーい!

関東の厄除け神社のご紹介です。どうせ行くなら、ご利益を期待できる場所に行きたいですよね! &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑