*

エアコンのフィルター掃除方法。頻度と効果。自動機能付きは必要?

これから梅雨の時期になり、エアコンを使う頻度が増えてくると思います。

 

エアコン使用前にしておくべきこととして、当然エアコンの掃除をしておくことが必要だと思います。つけた瞬間、カビ臭い匂いなんて嫌ですもんね。

 

そこで今回は、エアコン掃除をする際のフィルターの清掃に関する以下のことをトピックに、お話しさせていただきます。

 

●エアコンフィルターの掃除効果&電気代の違いは?
●フィルター掃除の頻度ってどのくらい?
●自動清掃機能は必要か不必要か?
●エアコンフィルターの掃除方法は?

 

各トピックに関して、みなさまのお役に立てればと思います。

 

SPONSORED LINK

 

エアコンのフィルター掃除効果。電気代は違う?

まずは掃除効果及び電気代の違いについてお話させていただきます。

 

エアコンの各メーカーのサイト見てみても、エアコンのフィルター掃除をするだけで電気代の節約につながるのは、一目瞭然のようです。

 

それもそのはずです。だって、目詰まりしたフィルターはその分、力を必要とするわけですから、その力の元=電気なのですから、当然ですよね。

 

 

また、フィルターを掃除することで、綺麗な空気を送り出すことも読んでいる読者様ももっともだと思います。

 

実際の電気代の違いは、エアコンの機種やメーカーによって様々ですので、どのくらいの違いが出てくるのかは疑問を呈するところです。ただ、掃除していない場合としている場合では、おおよそ年間20%近くはカットできるようですね。

 

もちろん、常に掃除をすることで綺麗な気流を送ることができるので、一石二鳥って言ったらおかしいですが、まさにその通りですよね。

 

エアコンのフィルター掃除方法。頻度と効果について調べてみました。

 

フィルター掃除の頻度はどれくらい?

そこで、フィルター掃除の頻度についてどれくらいがおすすめなのか、いろいろとリサーチしてみました。

 

フィルターを毎日のように掃除するのは現実的ではありませんが、個人的には毎日してもいい気がします。

 

みなさんも小学生や中学生の時を思い出してみてください。その時は、毎日、教室やらを掃除した記憶がありませんか?

 

SPONSORED LINK

 

ですから、掃除をするのに越したことがありません。ですが、掃除の目安としては、各々の説明書にも記載があると思いますが、1カ月に1度くらいで問題はなさそうです。

 

ただ、これからの季節、毎日使用するものですから、様子をうかがいながらこまめにしておくのがベストでしょう。

 

air‐conditioning_filter_002

 

自動機能付きは掃除に必要ないの?

さて、最近は家電も目覚ましい進化を遂げています。自動掃除機能のついたエアコンも、主流になりつつといっても過言ではありませんね。

 

エアコンに限らず、私の所有する電気ストーブですらその機能が備わっています。しかしながら、機械自らが掃除をするわけですから、その分、力=電気を必要とします。

 

 

つ・ま・り、電気代が幾分かはかかってしまうということになるわけです。

 

ただ、昨今の家電は省エネ性能が格段に高いので、気にするほどの金額になることはないようです。掃除のわずらわしさをとるのか、少しでも節約のため、自分自身でするのかは、読者さま次第です。

 

 

ただ、自分でするほうが、気付けるところの汚れも掃除できると思うので、そういったことを考慮すると、自分自身でするほうがおススメかもしれませんね。

 

<【ビーバーエアコン】 フィルター自動清掃中>

 

エアコンのフィルター掃除方法

最後に、フィルタ―掃除の方法ですが、これは順を追って書かせていただきます。

 

1)掃除機を用いて、フィルターを外す前に掃除機をかけてホコリをある程度取り除く

 

2)フィルターを外し、外側から掃除機をかける

 

3)下記のyoutubeの動画を参考に水洗いを行う

 

<エアコンフィルター掃除>

 

以上の掃除が一般的で、私自身も実践しているものです。

 

当然のことながら、注意すべきことは、フィルターの目詰まりを防ぐために、外側から掃除機をかけることで、水洗いをする際は、内側から行うことがポイントです。

 

【関連記事】

エアコンの水漏れ原因。ドレンホースの掃除方法。修理料金の相場

 

これからの時期はエアコンがフル活用される時期です。みなさんも、こういったことを念頭におき、エアコンの使用について考えてみてはいかがでしょうか。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2018年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。   この冬至の日は

記事を読む

産休中の給料は出る?公務員は?税金負担と社会保険料の支払いは?

働く女性でも子供が欲しいと考えている方は少なくないと思います。ただ気になるのは、出産や育児をしていく

記事を読む

東京のご利益がある神社やお寺。恋愛、就職、仕事、健康なら?

東京には様々な寺社があり、どの寺社にお参りに行けば良いのか?悩まれた方もいらっしゃるのではないかと思

記事を読む

犬の無駄吠えのしつけ方法。原因は?成犬のムダ吠え対策グッズ

犬って何でこんなに無駄吠えするの?以前、犬を飼っていたからか、はじめて犬を飼った人からよく相談を受け

記事を読む

熊本一心行の大桜2018年開花予想。見頃はいつ?車の渋滞予測

桜の季節。近所の桜ももちろん美しいですが、出来れば名所と呼ばれるところの桜も見たいものですよね。

記事を読む

結婚式の服装女性編。始めて出席する場合の服装選び方とマナー

結婚式の服装は花嫁より目立ってはいけないというのが基本。   でもそれ以外にも細かいマ

記事を読む

彼氏のバレンタインプレゼント人気ランキング!大学生や高校生なら?

バレンタインが近づくと今年はどんなチョコにしようかとか、プレゼントは何にしようかって悩みますよね。特

記事を読む

北野天満宮のアクセス。京都駅からバスなら?周辺ランチとお守り効果

みなさんは、北野天満宮をご存知でしょうか?   『「北野天満宮は、菅原道真公をご祭神と

記事を読む

十五夜の意味を子供に説明するなら?由来とすすきや団子の意味

突然ですが、十五夜のお月見って詳しくどういうものかご存じですか。 私は先日、姪に突然「十五夜って何

記事を読む

京都の七福神巡りの地図。楽しく巡って御朱印をいただこう!

全国にはたくさんの七福神巡りのコースがありますが、京都の「都七福神巡り」は、日本でも最古の歴史のある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑