*

猪名川花火大会2018。穴場スポットはここ!場所と時間。駐車場は?

さて夏真っ盛り、遊び気分真っ盛りの季節ですね。夏といえば花火!今回は、第70回猪名川花火大会2018年の詳細についてご紹介します。

 

夏になると全国各地の大きな河川敷などで開かれることが多い花火大会ですが、今回ご紹介する兵庫から大阪を流れる一級河川「猪名川(いながわ)」で開催される猪名川花火大会も、この夏注目の花火大会となっています。

 

●猪名川花火大会2018年の見どころや日程
●最寄り駅やアクセス方法。行き方と混雑状況
●猪名川花火大会の穴場スポットは?

 

などなど、気になる情報をどどーんと紹介してまいりますので、是非ともお出かけの際の参考になさってくださいね!

 

SPONSORED LINK

 

猪名川花火大会の見どころと日程。打ち上げ場所は?

まずは、花火大会の開催日程からです。

開催日:2018年8月18日(土)

※小雨決行、荒天時は2018年8月19日(日)に延期

 

打ち上げ時間:19:20~20:20(予定)

打ち上げ総数:約4,000発

打ち上げ場所:猪名川河川敷

 

 

なんといっても猪名川は京阪神11の市町を流れる一級河川です。その大きな川から変わり花火、メロディ花火、スターマインなどの特殊効果花火が1時間に打ち上げられ、まさに人々の心を魅了します。

 

inagawa_fireworks_2015_001

 

特に見ごたえ抜群のスターマインは圧巻です。川のせせらぎと、マイナスイオンを浴びながら猪名川の夜空を飾る花火を見ると、きっと、身も心も癒される事間違いなしです。

 

 

最寄り駅と駐車場。アクセス方法と混雑状況について

最寄り駅:阪急電鉄池田駅(徒歩10分)

川西能勢口駅(徒歩10分)

JR西池田駅(徒歩15分)

 

予想来場者数:約11万人

会場付近の交通規制:18:00~22:00

 

来場者数も毎年増えていますので、やはり混雑が予想されます。近くで観覧したい方は16:00頃からの場所取りをお勧めします。残念な事に、近隣は駐車場が設けられていません。なるべく公共機関のご利用をお勧めします。

 

SPONSORED LINK

 

補足ですが、阪急電車って関西人が一番憧れる電車なんですよ。某テレビ番組でも紹介されていました。マルーン色といってあずき色みたいな電車で、マルーンはマロンから語源がきているそうです。

 

そのマルーン色といい座席の質感といい、関西に数ある電車の中で、ひときわ高級感を放つ電車なのです。イメージ的にはそうですね…セレブが乗る電車だと関西人は勝手にイメージしてるんです。個人的な意見で申し訳ないですが、是非そんな阪急電車をご利用してセレブ感を感じてみてはどうでしょうか?

 

さて車で来場したい方は、次に紹介する穴場スポットで観覧してはどうでしょう?

 

inagawa_fireworks_2015_002

 

猪名川花火大会の穴場スポット。見やすい場所は?

さて、前述の趣たっぷりの電車でのお出かけもおすすめですが、どうしてもお車で!という皆さまにとっておきのオススメスポットをご紹介していきたいと思います。

 

猪名川運動公園から猪名川大橋周辺

 

打ち上げ場所からは少し離れますが、比較的人も少なく、花火をゆっくりと観覧できます。

 

 

五月山公園

 

打ち上げ場所から2km離れているため、若干迫力に欠けますが、展望台もあり夜景と花火を堪能できるスポットです。近くに五月山動物園もありますので、早い時間から五月山で遊びながら花火を待つというのもありですね。

 

 

絹延橋周辺

 

打ち上げ場所からかなり南下しますが、こちらも人は少なくゆっくりと花火観覧ができるスポットとなります。

 

 

すみれが丘

 

すみれが丘郵便局と小学校をつなぐ長い階段があります。そちらではかなり遠くまで見渡すことが出来るのでお勧めスポットです。ただ、こちらは少し有名ポイントとなっていますので多少は人がいると思います。

 

 

甲子園大学周辺

 

高台まで15分という所まで行くと花火が綺麗に観覧出来ます。全体的に花火を観覧できるのでお勧めです。

 

 

伊丹スカイパーク

 

伊丹空港(大阪空港)西側にあるスカイパークですが、こちらは運がよければ綺麗な夜景とともにジェット機も見る事が出来ます。花火に、夜景に、ジェット機…素敵な穴場スポットです。

 

inagawa_fireworks_2015_005

 

実は私は中学生~高校生の期間、この地域に住んでたんです。新興住宅街も多く立ち並んでいますが、のどかな場所で比較的大阪の都心部より気候が穏やかだった記憶があります。

 

ただし、打ち上げ場所、穴場スポットなど涼しいよとは断言できませんので、水分補給は夏ですからしっかりしてくださいね。また、川の近くや山なので、防虫対策もしっかりしましょうね。自然溢れる地域ならではの対策は怠らないようにしましょうね。

 

inagawa_fireworks_2015_004

 

猪名川花火大会は、昭和23年から開催されている伝統的な花火大会です。そして何より大阪府池田市と兵庫県川西市が合同で開催している花火大会。関西を代表する大阪と兵庫が友好のためにとコラボしているんです。

 

前述の通り、私はぎりぎり兵庫県川西市に住んでいました。しかしちょっと歩くとそこはもう大阪府。県境に妙にテンションがあがって、意味もなく行ったり来たりした若い頃を思い出します。

 

そして私にとっても懐かしい花火大会が、この猪名川花火大会なのです。この日ばかりは家族総出で出かけた記憶もあります。地元民のビックイベント猪名川花火大会。今も私の両親や妹夫妻が住んでいるので、きっと今年も当然行くでしょうね。

 

【関連記事】

芦屋花火大会2018穴場スポットは?サマーカーニバル場所と駐車場

 

是非、皆さんも自然の中で深呼吸しながら、2018年の夏を思いっきりenjoyしてください。今年の夏は1度きりです。素敵な思い出を作ってくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

恵方巻きの方角2019。誰がどのように決めるのか知ってる?

恵方巻きを買ったけれど、正しい食べ方がわからない!どっちの方角を向いて食べるのがいいの!?という方が

記事を読む

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

目黒川の桜まつり2018。お花見クルーズ、ライトアップほか見どころ

東京のお花見スポットといえば、皇居や上野公園、代々木公園、隅田川・・・とたくさんありますが、去年の某

記事を読む

佐布里池の梅まつり2019。アクセス方法と梅林の開花状況は?

梅の開花情報を聞いて、梅を見に行くにも地方で遠い…。そんな人は、大都市近郊で開かれる梅まつりを見つけ

記事を読む

東京大神宮の初詣2019年。混雑状況と待ち時間は?

縁結びで有名な東京大神宮。2019年は絶対に相手を見つけたい、または今のお相手との縁をもっともっと深

記事を読む

年賀状の挨拶で結婚報告。出席した友人や上司への文例。式の前なら?

本当に早い~!あっという間に今年も終わりですね。年末年始、みなさんはどのように過ごされますか? &

記事を読む

長瀞ライン下りの予約は必要?料金と混雑状況。コースおすすめは?

埼玉県・長瀞の観光と言えば、荒川を下る「長瀞ライン下り」が有名ですね。   国の特別天

記事を読む

卒園式で着る着物はどんな色や柄が良いの?髪型を自分でする場合

卒園式、入園式は子供にとっても親にとっても、とても大事な行事の一つですよね。そういった式に出席する際

記事を読む

着物の着付け、男性の疑問。長襦袢・袴の着方、帯の結び方

タンスの中に着物はあるけれど、全く袖を通していないと言う男性も多いのではないでしょうか?男性の着付け

記事を読む

新年会で締めの挨拶は何を言えばいい?手締めのやり方

新年会などの宴会には、締めのご挨拶がつきものです。なかなか自分で行う機会はないかもしれませんが、万が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑