*

夏風邪の症状と治し方。高熱の原因は?長引く風邪を早く治す方法

夏風邪は馬鹿がひく!という話、聞いたことは無いですか?これって、夏風邪をひくのは体調管理の出来ないおバカさん!と思っている人、いるんじゃないですか?

 

この「夏風邪は馬鹿がひく」という言葉、実は冬にひいた風邪を夏になってやっと風邪をひいたと自覚する人はおバカさん!という意味なんだそうです。

 

そんなことはさておき、冬にひく風邪に比べて長引いたり症状がつらかったりすることが多い夏風邪。うだるような暑さから逃れる為に、エアコンのガンガン効いた部屋で寝てしまったりして、夏風邪をひいてしまったらどうしましょう!

 

●夏風邪の症状。高熱の原因とは?
●子供が夏風邪に!対処法は?
●夏風邪の治し方。早く治す方法とは?

 

というわけで、今日はそんな、夏風邪についてのお話です。

 

SPONSORED LINK

 

夏風邪の症状。高熱の原因とは?

夏風邪の原因となるウイルスは、冬の風邪とは違って、症状にも大きな差があるんです。そう、冬の風邪よりもタチが悪くて治りにくいのも特徴の1つ。

 

暑くて湿度の高い日本の夏。食欲があまりわかなくて免疫力も下がってしまう。そして何より暑いとついつい、クーラーをつけがちになってしまいます。そうなると、体調も崩しやすくなったりして一層風邪をひきやすくなってしまうんだとか。

 

 

例は少ないのですが、夏にクーラーをかけ過ぎて凍死してしまう事もあるそうなので、クーラーのつけすぎはご用心ですよ?

 

なにより、クーラーをつけると暑い所と寒い所の温度差、毎日の暑さが原因の夏バテ。体力が落ちてしまう事がいっぱいなのに、その体力が落ちた身体の免疫は下がったまま。

 

抵抗力がないから、ウイルスを防ぐこともできないという悪循環に陥る事もあるんです。

 

summer_cold_006

 

夏のジメジメして蒸し暑い時期に「夏カゼの原因」となりやすいウイルスが「エンテロウィルス」と「アデノウィルス」。

 

この二つのウイルスは腸と喉のウイルスで、エンテロ(お腹の風邪)、アデノ(ノドの風邪)という名前の通りに、お腹が痛くなったり、喉がイガイガしたりしてしまうので、見逃さないように要チェック!

 

summer_cold_007

 

夏風邪のウイルスの一部には、高温多湿の環境が大好きな物もいるんです。つまり、冬に活動的なウイルスがいるように、夏に活動的なウイルスもいるという事。

 

喉が痛いなぁ・・・、お腹がいたいなぁ・・・という症状ズバリ、夏風邪の疑いあり!そこから寒気やだるさ、発熱などに繋がっていく事が多いんです。そしてそういった夏風邪を子供がひいてしまうと…かなり、大変なんですよ?

 

2

 

子供が夏風邪に!対処法は?

症状は上記のものと同じです。何よりも重要なのが熱が出たら無理をしない事!症状の軽いうちは小さい子だとバタバタと走りまわったりしちゃいますよね…!

 

去年、うちの子供が夏風邪をひいた時は正直、長引きました…。夏風邪って夏にひく風邪だと思っていたんですが、普通の風邪よりも治るまでが長引くので、かなりヤッカイなんです。

 

そろそろ治りかけてきたかな?なんて思って油断してしまったらぶり返しますし、安静にしていても風邪みたいには治るとは限らないっ!油断せずに、じーっくり向き合って治療することが必要なのです。

 

SPONSORED LINK

 

では、どうすればベストなのか…簡単にまとめてみたのでどうぞ!

●消化の良い食べ物を食べる
●ゆっくり睡眠をとる
●湿度を下げ、室内を快適にする
●熱が高い場合は、氷や保冷剤で体温を下げる
●クーラーをかけ過ぎない事

当たり前だけれど、大切な事です。

 

子供によっては氷枕を嫌がる子もいるので、ケーキ屋さんでケーキを買った時についてくる保冷剤があると便利ですよ!氷枕を嫌がる子の時は、わきの下や首元にそっと置いてあげてください。

 

 

赤ちゃんだと特に慣れないものが怖くて不安になってしまうので、無理にするのはNG!赤ちゃんの場合は冷却シートを貼って、あげるとOK!特に高熱が出たときは、何よりも休んで治すことに専念してあげて下さい。

 

治療期間はだいたい2~3日ほどで、この数日を耐えれば熱は下がります。消化の良いものを食べて、ぐっすり眠って休みましょう。

 

summer_cold_008

 

夏風邪の治し方。早く治す方法とは?

夏風邪をスムーズに治す方法はズバリ、市販の薬は飲まない事!どうです?シンプルじゃないですか?

 

何故?と思うかもしれませんが、夏風邪のウイルスって多いんです。市販のお薬を飲んでも、効果が無い!という事も結構あるんですよ?

 

だったらどうすればいいの?・・・そう思うかもしれません。

 

病院にいって、適切な診察を受け、処方されたお薬を飲む事!これが一番の夏風邪が治る近道なんです!

 

 

いかがでしたか?今回は夏風邪についてお話ししてみました!

 

風邪ってどの時期にかかっても同じでしょう?と考えてしまいがちなのですが、風邪のウイルス…菌って種類が多くて、半分も把握できていないと言われているんです。

 

【関連記事】

冷房病の症状とは?治療と対策。吐き気の原因。クーラー病の治し方

 

おかしいな?とおもったら、まずはきちんと病院にいって診察をする事が何よりも大切な夏風邪対策の一歩なんですよ?

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

スポーツの秋といわれる理由はなぜ?由来とは。英語で言う場合

秋はスポーツの秋とも言われていますよね。私の地元の運動会も秋に毎年開催されております。  

記事を読む

里芋の栄養は妊婦に効能あり!皮付きと皮なしで栄養価はどっちが上?

里芋というと、和のお惣菜としてのイメージがあり、とても懐かしい、ノスタルジックな思いが広がります。よ

記事を読む

ヘルパンギーナの症状。大人は感染する?治療と食事。登園の目安

夏風邪ってなぜひくのでしょう?私は、梅雨時に風邪をひいてしまいました。 38度以上の熱が出て、いつ

記事を読む

pm2.5の原因と身体への影響は?対策グッズで健康を守ろう!

PM2.5って良く耳にしますよね?花粉症の為、薬局にマスクを見に行ったりしても、PM2.5に対応して

記事を読む

わきがの対策と原因。においをチェックする方法。対策グッズと食事

汗や臭いの気になる季節。自分は大丈夫かな?と不安になってしまう事、ありませんか?わきがだったらどうし

記事を読む

銀杏の栄養と効能。食べ過ぎによる中毒症状とは?妊娠中はNG?

銀杏といえば、私には、茶碗蒸しに1粒入っているモノという認識です。 あとは、お酒のおつまみで串に刺し

記事を読む

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

寒い冬の季節だけでなく夏も疲れがたまると、風邪をひきやすくなりますね。   風邪予防に

記事を読む

ほうれい線の原因。骨格や筋肉で肌への影響。片側だけの原因は?

女性の肌の悩みはつきないもの。年を重ねれば重ねる程、悩みは増えて来てしまいますよね?特に加齢で一番目

記事を読む

今年のインフルエンザの特徴。2018年のa型やb型の傾向とは?

12月~3月ごろにかけて、流行するのがインフルエンザです。最近は、ニュースでもインフルエンザのことに

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

Comment

  1. 富岡 功 より:

    以下二点、ご教示願います。
    ⚪︎ 病院でP-1とよばれる白い粉薬を処方されることがあります。この中身は、パブロンなどと変わらぬ、いわゆる総合感冒薬です。市販されているパブロンなどがダメで、Pー1が効く理由はなんですか?
    ⚪︎ 風邪には、特効薬が存在しません。症状を和らげる解熱剤などは、初期に服用すると、体温を下げてかえって治りを遅くします。抗生物質も、風邪に対して百害あって一利なしです。詳しくは、私が書いたブログ記事、http://choukenko.blog.so-net.ne.jp/2013-07-08 をご覧ください。しかし、未だに、数多くの医者が抗生物質を処方します。多くの公的研究機関がその効果を否定しているにも関わらずです。医者の処方箋にしたがって薬を飲むと風邪の治りが早くなるといいきる、その科学的根拠を示してください。

  2. 富岡 功 より:

    管理人様、興味深いページを見つけました。シェアします。
    http://www.kagoshima.med.or.jp/people/topic/H17/203.htm
    ここでは、日本医師会そのものが、「インフルエンザウイルス以外の“かぜ”のウイルスには有効な薬がなく、ほとんどのかぜ薬はいろいろな症状をやわらげるための薬で、“かぜ”は免疫の力によって治っていくのがふつうです。」と認めています。普通の風邪で医者にかかる必要はない、と言う意味の文も書かれています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑