*

プール熱の症状。大人の場合は?咽頭結膜熱の感染原因と治療法

熱いこの時期になってくると学校の授業や地元のプール開きが始まります。蒸し暑さから解放される!と嬉しい気持ちがいっぱいなのですが…プール熱って聞いた事ないですか?

 

去年の夏、うちの息子がプール熱になってしまって、ちょっと大変だったんです。39度の高い熱が出て、せっかくの夏休みに数日寝込んでしまいました。

 

このプール熱、一体どんな病気なのでしょう。プールに入る子供たちだけがかかる病気だと思っている方、多いのではないでしょうか。大人だってプールに行きますよね?大人はかからないのか気になりませんか?

 

●プール熱の原因。大人と子供の症状
●子供から乳児、赤ちゃんに移る?予防策は?
●咽頭結膜熱の治療法。感染症の対策

 

そこで今日は一緒に、プール熱について知識を高めちゃいましょう!きちんとした知識を得ることは、予防や治療にきっと役立つはずですから!

 

SPONSORED LINK

 

プール熱の原因。大人と子供の症状

Q
プール熱って?名前は聞いた事あるけれど、具体的にはどんなものなの?

 

A
プール熱というのは、アデノウイルスの感染によって起こる、発熱・咽頭炎・結膜炎を特徴とする急性熱性疾患です。

 

 

アデノウイルスって何処かで聞いたことないですか?そう、夏風邪の時にお話しした夏のウイルスの1つなんです。

(関連記事:夏風邪の症状と治し方。高熱の原因は?長引く風邪を早く治す方法)

 

主に飛沫感染や接触感染でうつってしまうこのプール熱は、感染力がとても高くて、大人もかかってしまうんです。

 

このプール熱の主な症状

・40℃前後の高熱が5日位続きます
・目の結膜が充血して、眼やにが出てきます
・ノドの痛みが酷く、赤く腫れます
・体のだるさ
・頭痛
・食欲不振

などがあり、時折肺炎になる人も。大人と子供で症状の違いは殆どなく、大人は子供と比べると症状が軽い、といった感じです。

 

子供が食欲を落としてしまう原因の1つが喉の痛み、という場合もあるので、プリンやゼリーなどの喉越しの良い物を食べさせてあげてください。

 

 

我が家の場合、おかゆの喉越しが嫌だったらしく、あんかけのおうどんを作ってあげたところ、気持ち程度ですが食べる量が増えたので、あんかけのそうめんやおうどんもオススメですよ!

 

プール熱の症状とは?大人と子供の場合で違うのでしょうか?

 

子供から乳児、赤ちゃんに移る?予防策は?

飛沫感染、接触感染なので、子供から乳児、赤ちゃんに感染してしまいます。また、厄介なことに運が悪ければ感染してしまうというものではなく、感染力が強いので、80%強くらい感染してしまうと考えても良いと思います。

 

じゃあ、それをどうやって予防すればいいのか、また、感染してしまったらどうしたら良いのかをまとめてみました。

 

SPONSORED LINK

 

感染する前

プール熱が流行る時期には、周囲にウイルスがいるかもしれません。ふと触ったドアノブから手や指にウイルスがついてしまう事もありますので、手洗いうがいが重要なんです。

 

それだけ?って思うかもしれませんが、ウイルス対策の基本なので、しっかり石鹸で洗いましょう!

 

pharyngeal_conjunctival_fever_004

 

感染した後

プール熱になってしまった時は、家族や他人にうつさないようにすることが重要になってきます。

 

結膜炎になってしまう時はついつい目を触りたくなると思うのですが、その場合はティッシュを使うようにしてください。使ったらすぐにゴミ箱へ!タオルを家族で同じものを使う場合があると思うのですが、必ず、家族と別のを使うようにするのがポイント!

 

実は、目やにや唾液がついたタオルって、洗濯機で洗っても感染する事があるんです。お洗濯の時も分けて洗うようにしてください。

 

発病してすぐの感染力は強いですが、ほんの少し気を付ける事で家庭内の予防にもつながるんです。

 

pharyngeal_conjunctival_fever_002

 

咽頭結膜熱の治療法。感染症の対策

はじめに…アデノウイルスに対する特効薬は現在無いんです。

 

じゃあどうするの?と思うかもしれませんが、病院から高熱時の為に解熱剤を処方されるとおもうのですが、熱は上がったり下がったりするんです。

 

使用しないよりは使用した方が子供の場合は楽になるので、用法用量を守って使ってあげてください。

 

pharyngeal_conjunctival_fever_003

 

咽頭結膜熱の治療法

・ゆっくりと寝かせてあげる事と安静にしてあげる事で免疫力の低下を抑えます
・水分補給をしっかりと行う事
・ノドが痛い時にはうがいをする事。痛みが酷い時は鎮痛剤を使ってもOK
・目やにや結膜充血、目が痒い時は処方された目薬を使う事

 

脱水症状を防ぐためにもこまめに水分補給をしてください。オーエスワンなどの補給をオススメします。お腹が悪くない時は、冷たいものの方が喉の痛みも少なく飲む事が出来ると思います。

 

 

いかがでしたか?今回はプール熱について調べてみました!

 

症状を薬で抑えつつ、自分自身の免疫力で乗り越えなければならないプール熱。小学生の頃、プールの授業で友達と同じタオルは使ってはいけない、という話を聞いた事がある人もいるんじゃないかな?なんて思います。

 

それって実は、プール熱対策だったんじゃないかな、と今でこそ解るのですが、当時は何でだろう?なんて首を傾げたりして。

 

【関連記事】

手足口病は大人も感染する?症状と治療方法。出勤・出社はOK?

ヘルパンギーナの症状。大人は感染する?治療と食事。登園の目安

 

子供が出来て、プール熱の時期になった今。予防する事の大切さと発症後の行動を考えてみたりすると結構大人になったのかな?なんておもってしまいます。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

眠気を覚ます方法。食べ物や飲み物、ツボや音楽で眠気を撃退!

春眠暁を覚えず…といいますが、本当に春になると眠くなりませんか?私の場合は、花粉症のお薬の副作用も手

記事を読む

目の下のたるみの原因は?マッサージやエクササイズでたるみ取り

若く美しくありたいというのは、女性の願望ですよね。でも、年とともに気になってくるのが目の下のたるみ。

記事を読む

布団の湿気対策。フローリング床に布団を敷いた際のカビ、湿気取り

湿気の多い梅雨、気になる場所は沢山ありますよね?皆さん、お布団の湿気対策ってどうされてますか?直接肌

記事を読む

花粉症対策に効くお茶は?べにふうき・甜茶・ハーブティーの効果

花粉症の季節、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ…などなど、様々な症状に悩まれている方も多いのでは

記事を読む

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

寒い冬の季節だけでなく夏も疲れがたまると、風邪をひきやすくなりますね。   風邪予防に

記事を読む

冷房病の症状とは?治療と対策。吐き気の原因。クーラー病の治し方

夏になると熱中症が怖いため、室内ではクーラーを使用する機会が増えてくると思いますが、気がつかないうち

記事を読む

赤ちゃんが風邪の時のお風呂はいつから?何日入れない?微熱の場合

赤ちゃんはデリケートですので、入浴はとても気を使うものです。特に赤ちゃんが風邪を引いた時の入浴は、ど

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の症状。大人も感染、うつるの?治療期間と薬

ちょっと風邪を引いたかなと思っていても、なかなか仕事や家事を休むわけにもいかず、無理をすることありま

記事を読む

銀杏の栄養と効能。食べ過ぎによる中毒症状とは?妊娠中はNG?

銀杏といえば、私には、茶碗蒸しに1粒入っているモノという認識です。 あとは、お酒のおつまみで串に刺し

記事を読む

花粉症の治療。舌下免疫療法とレーザーの費用。東京ほか病院おすすめ

花粉の季節になると、鼻水やくしゃみ・咳、目のカユミなどの症状に日本人の約3割が悩まされるそうです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑