*

あせもに効く薬とは?赤ちゃんと大人の対策。原因と症状の治し方

桜の時期もすっかり終わり、青葉が揺れる良い季節になりましたね。お散歩やお出かけが楽しい陽気でもありますね。

 

けれど、梅雨や夏、汗ばむ日も目前です。みなさんは、あせも対策はしていますか? 

 

今回は、厄介な“あせも”について、2児の子育てママの経験をお話させて頂きたいと思います。

 

●あせもの原因と症状って?

●赤ちゃんや子供のあせも。薬と対策

●大人の汗疹。薬と治し方は何がいい?

●あせもを予防する方法は?

 

これらについての経験と調べたことをお伝えします。

 

SPONSORED LINK

 

あせもの原因と症状とは?

「あせも」は汗貯留症候群とも呼ばれています。一般的に小さいお子さんがなりやすいと言われています。

(体は小さいけれど、汗腺の数は成人と同じであるためです)

 

原因は、たくさん汗をかいた時に、汗管という汗の出る通り道がふさがってしまうことによって、汗が皮膚表面へ流出が出来ずに、汗が皮膚内に溜まって、小さい水疱を生じたものです。

 

 

また、肥満や甲状腺の病気などで、多汗症になってしまった時にもあせもは生じやすい様です。

 

症状は、首回り、肘やひざなどの後ろが多く、赤ちゃんや小児は、背中やお腹、お尻にも出ることがあります。

 

粟粒から米粒大位までの赤いプクッとした発疹が密集して生じます。表皮内に汗が溜まって水疱が出来た状態です。

痒みを伴って、発汗が始まると刺すような感じもあります。

 

 

水晶様汗疹という白いプツプツが出る場合もあります。これは、かゆみを伴わないそうです。我が子は酷い時には、赤い発疹も白い発疹も入り混じって出来ていました。

 

あせもに効く薬とは?いったいどんなものがあるのか紹介します。

 

赤ちゃんや子供のあせも。薬と対策

赤ちゃんや小さいお子さんのあせもは、おむつで蒸れやすく、お尻も特に出やすいです。小さな身体で大人と同じ汗腺があるので、密集して発疹が出来やすい様です。

 

また、かゆみを我慢できずに掻いてしまうので、悪化してジュクジュクした皮膚症状になる場合も…

(我が子がある夏、そうなりました)

 

まずは、なってしまったら速やかに皮膚科で受診し、お医者様に出して頂いたお薬を塗ることが1番早い治療になると思います。

 

 

そこで、気になるのが「お薬」。ステロイドが処方されるのが一般的です。でも、ステロイドを小さい子供に使うのは嫌だな、と思うお母さんも多いと思います。 

 

ですが、お医者様の処方通りに短期間(あせもで長期間出すお医者様は少ないと思います)使うのであれば、早い完治や、痕に残らないように思います。

 

heat_rash_004

 

完治したら、また出来ないように対策も必要ですね。まずは、子供も大人も通気性を保つことです。

 

エアコンや扇風機を使って、長時間汗をかく様な環境は避けるのがベターです。

 

昔ながらのベビーパウダー等は、私が受診した皮膚科では、毛穴や汗腺をふさぐ事になるので、避けた方が良いと言われました。

 

 

赤ちゃんや小さいお子様は肌着をこまめに変えたり、難しければ、肌着と肌の間にガーゼを挟んで汗をかいたら取り替えることも大切です。

 

やはり、肌は清潔に保つのが二次感染やとびひ(伝染性膿痂疹)を避けるためにも良いみたいです。

 

<【公式】「着させ過ぎは あせもの原因!?」(6月21日放送)|テレビ西日本>

 

大人の汗疹。薬と治し方は?

大人の汗疹(あせも)も、基本的に、子供と症状は同じです。一般的には赤いプツプツの発疹、そして痒みを伴わない白い発疹です。

 

皮膚科で症状に合わせて、ステロイドの強弱を医師が判断して処方してくださるお薬を塗るのが、一番早く、傷痕も少なく済みます。

(軽い場合、ほとんど痕はなく完治します)

 

SPONSORED LINK

 

忙しくて、なかなか病院に行けない時の対処法は、あせも用の市販薬が色々なタイプで出ているので、悪化させない様に市販薬を塗って様子を見るのも良いかもしれません。

 

私は、白くなりにくいミストタイプの市販薬で様子をみている内に治りました。薬剤師さんがいるドラッグストアがお勧めです。

 

heat_rash_003

 

あせもを予防する方法とは?

私の秘訣は、なんといっても保湿です!1年中しています。

 

皮膚科で頂ける保湿剤“ヒルドイド”や、ネットで天然オイルの大きいサイズを買って常に保湿剤を常備しています。

 

お風呂上がりに毎日塗るのが大変ならば、『バスオイル』として、浴槽に天然オイルを適当(大さじ3~5杯位)に入れ、浸かっている時に混ぜて肌になすります。

 

 

ママも身体とお顔にそのまま塗れば、入浴後の化粧水、乳液は要りません。これは、他の皮膚疾患の予防にもなります。

 

私の家族は、私以外、皮膚疾患を持っていて肌トラブルが多かったのですが、『保湿は最大の防御』とママ友から聞いたり、本で読んだりして知りました。

 

その上で、あせも対策として、通気性を保ち、肌を清潔にし、万が一、なってしまっても二次感染を防ぐことが重要だと思います。

 

heat_rash_005

 

あせもは、子供の大人もつらいものですよね。お肌にトラブルがあるのは、精神的にもドンヨリしてしまいます。

 

普段から、お肌を良い状態に保って、あせもに負けない・ならないお肌作りをして健康に過ごせると良いですね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

お弁当袋の作り方。幼稚園の入園に向けて可愛く、簡単につくろう!

入園の季節。お母さん方は準備しなければならないものが沢山ありますよね?例えばお子さんのお弁当袋とか。

記事を読む

年末の挨拶「良いお年を」の使い方。英語や喪中の際は?

年末に、今年一年の感謝を込めてご挨拶しますね。その際に、「良いお年を」と皆さん言われます。これってそ

記事を読む

バレンタインデートスポット東京。彼を誘うならどこ?告白におすすめ

2月14日のバレンタインデーが近づいてきましたね。街はバレンタイン仕様になってきており、あちこちでチ

記事を読む

里芋の栄養は妊婦に効能あり!皮付きと皮なしで栄養価はどっちが上?

里芋というと、和のお惣菜としてのイメージがあり、とても懐かしい、ノスタルジックな思いが広がります。よ

記事を読む

卒業旅行で海外。格安で人気の旅先は?おすすめビーチと穴場スポット

そろそろ卒業シーズンですね。学生のみなさんは、卒業旅行などを計画している人も多いのではないでしょうか

記事を読む

海の持ち物リスト!あると便利なグッズ。海水浴で子供連れなら?

夏だ!!海だ!!海水浴だ――――!!子供の頃の夏の思い出といえば、海水浴。 しかし、プール

記事を読む

インフルエンザ対策は湿度で予防できる?温度管理で風邪を防ぐ

このところ寒い日々が続いていますが、皆さん風邪などひいていませんか?わたしの住んでいる地域は冬になる

記事を読む

お年玉の金額の相場はいくら?2018年の最新平均金額を公開

お正月、かつて子供だった頃。もらえるお年玉の合計を前年と比較して嬉しかったり落ち込んだり…。でも、や

記事を読む

読書感想文の書き出し例。構成や内容の書き方のコツ。冒頭やまとめ方

読書感想文!夏休みの宿題、いつもこれが最後に残っちゃうのよ!というお子さん、そして学生さん、沢山いら

記事を読む

忘年会の余興ゲーム。盛り上がるネタは?ダンスや一発芸のアイデア

いよいよ年末に入ってきました。年末と言えば、そう、忘年会シーズン。幹事さんは頭を悩ましながらも、大盛

記事を読む

Comment

  1. クロサキe より:

    汗をかくと、痒く成るのですが、どうしたら良いでしょう?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑