*

バナナの栄養と効果的な食べ方とは?加熱すると栄養素はどうなる?

バナナを一房買ってくると、子どもたちが争うようにすぐに食べてしまいます。甘くて食べやすいバナナは、我が家では子どもたちのおやつとしてよく登場します。

 

朝ごはんを作るのが面倒なときは、切ったバナナをヨーグルトに入れて蜂蜜をかけただけの、バナナヨーグルトを食べることも多いです。離乳食の時も、そのままあげられるバナナをよく利用しました。

 

皮も手でむけて、お皿も用意せずにパクっといけるところも好きです。面倒くさがりにはもってこいの果物です。改めて考えると、よく食べてるな!ということに気付きました。

 

ついつい食べてしまっていますが、この甘さ、太る?と心配になってきました。栄養的にもどうなんでしょう?エネルギーにはなりそうな気はしますが…。そこで今回は、バナナについて

 

●バナナ一本の栄養成分や栄養価は?糖質は高いの?
●生とバナナチップで栄養は同じ?加熱で栄養素は壊れるか?
●栄養による効能は?赤ちゃんや妊婦のおやつにおすすめ?
●バナナの食べ過ぎで害はある?やっぱり太るの?

 

 これらのことを調べてみました。

 

SPONSORED LINK

 

バナナ一本の栄養成分や栄養価は?糖質は高いの?

バナナに含まれる主な栄養成分は次のようなものです。

 

糖質

バナナ100gあたり21.4gと多いです。ご飯1膳で55gであることを考えても、多めといえますね。ちょっと小腹がすいたから、で食べると思いがけずエネルギー過多になりそうです。

 

甘くて美味しいものは、たいてい糖質が多いですよね。予想はしていましたが…。やっぱり気をつけて食べないとだめですね。

 

1adebdaead9604359b6746d38ed10fb0_s

 

カリウム

バナナ100gあたり360mg含まれていて、りんご3.3個分に相当します

 

ビタミンC

それほど多くはないですが、含まれています。

 

マグネシウム

バナナ100gあたり32mg含まれていて、キウイ3個分に相当します。

 

4a921c21f2735f635445441de8c7e6a7_s

 

ビタミンB1

バナナ100gあたり0.05mg含まれていて、ほうれん草1/3束分に相当します。

 

ビタミンB2

バナナ100gあたり0.04mg含まれていて、人参1/2本分に相当します。

 

ビタミンB6

バナナ100gあたり0.38mg含まれていて、納豆3パック分に相当します。

 

037511

 

セロトニン

バナナ100gあたり10mg含まれていて、みかん2個分に相当します。

 

食物繊維

バナナ100gあたり1.1g含まれていて、レタス1/4個分に相当します。

 

 

生とバナナチップで栄養は同じ?加熱で栄養素は壊れるか?

バナナチップというのは、バナナを薄く切ったものを油であげるか、乾燥させてパリパリにしたものです。バナナチップにすると、バナナの栄養素は約4倍くらいに濃縮されるといいます。ミネラル類や食物繊維が増えます

 

でも油であげたバナナチップ100gあたり500kcal、乾燥させたバナナチップ100gあたり299kcalと、カロリーが高めになっています。

 

チップスになっていて食べやすいからと、バリバリ食べているとカロリーオーバーしそうです。

 

bana2

 

焼きバナナというものもあります。皮ごとオーブントースターで加熱したものや、皮をむいて切ってフライパンで焼くものなどがあります。

 

バナナは焼くと甘みが増しますフラクトオリゴ糖という成分がバナナには含まれているのですが、それが増加します。

 

フラクトオリゴ糖は、お腹の調子を整える効果のある成分です。フラクトオリゴ糖が増えることで、腸内環境の改善効果がアップすると考えられます。

 

バナナを加熱しても、カリウムやマグネシウムなどのミネラルや食物繊維などの栄養素は、失われることはありません。

 

SPONSORED LINK

 

栄養による効能は?赤ちゃんや妊婦のおやつにおすすめ?

バナナに含まれる栄養によって、どんな効能が期待できるでしょうか。

 

 

高血圧の改善

バナナに含まれるカリウムは、血流をスムーズにして血圧を降下させる働きがあります。また、マグネシウムも含まれていて、これは血圧の調整を行います。相乗効果で高血圧の改善につながります

 

むくみ改善

バナナに含まれるカリウムは、ナトリウムを体外に排出して、むくみをとってくれます

 

エネルギーになる

バナナは糖分が多く、エネルギーが高いといえます。消化も良く、スポーツ前に食べたり、ベビーフードや病人食にも向いています。

 

でんぷん・ブドウ糖・果糖・ショ糖など、色々な種類の糖が含まれているのですが、これらが分解されてエネルギーに変わる時間がそれぞれ異なるため、長時間エネルギーを作り出せます。

 

990f0f006ddb385b2ee832f407379a95_s

 

腸内環境を改善する

バナナに含まれるフラクトオリゴ糖は、100gあたり0.3gあります。フラクトオリゴ糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌などの栄養になります

 

悪玉菌には利用されないので、善玉菌が増えて優位になってきます。これによって腸内環境が良くなってきます。また、食物繊維も多く含まれているので、これも組み合わさって効果的にお腹の調子を整えます。

 

 

こんな効能のあるバナナですが、赤ちゃんや妊婦さんにはどうでしょうか

 

バナナは栄養豊富で柔らかく、赤ちゃんの離乳食に最適です。生後5~6ヶ月くらいから食べられます。加熱しなくても大丈夫ですが、アレルギーが心配ならば加熱して様子を見ながら食べさせてあげればいいみたいです。

 

私の子どもも、バナナはよく食べてくれましたし、皮付きでそのまま持ち歩くこともできるので重宝した記憶があります。

 

でも、甘くて満腹感があるので、他のものを食べなくなってしまう可能性もあります。食べさせてあげるタイミングに気をつけて、与え過ぎに注意しましょう。

 

 

 

妊婦さんに関しては、バナナに含まれるビタミンB2がつわりを和らげてくれる効果があります。また、妊婦さんが一日に摂ったほうがいいと言われるビタミンB6の30パーセントがバナナ一本に含まれています。

 

もしつわりなどで他のものを食べられない場合に、バナナが大丈夫であれば、積極的に食べたほうがいいでしょう。食べ方も、ジュースやスムージーにすれば食べやすいと思います。

 

bana3

 

ただし、食べ過ぎはカロリーや糖質の摂り過ぎになりますので、注意です。妊娠中に体重が増えすぎると、出産の時に大変です。産婦人科のお医者様にも叱られてしまいますよね(経験者)。

 

 

バナナの食べ過ぎで害はある?やっぱり太るの?

バナナは、皮付き1本100gで84kcalあります。白米は茶碗1杯で150gで252kcalです。こうして比べてみると、バナナのカロリーは低いといえます。

 

でも、最初に書いたとおり、バナナは糖質量が多いです。果物は果糖などが含まれていてたいてい多いのですが、バナナはその中でも多い方です。

 

糖質は、エネルギーとして使ってしまえればいいのですが、摂り過ぎて余ると脂肪細胞に保管されます。つまり、体の脂肪が増えて太ります

 

002

 

エネルギー補給にバナナを食べる分にはいいのかもしれませんが、普通にご飯を食べた上にバナナも食べる、といったような摂り方をすると、糖質の摂り過ぎになってしまうかもしれません。

 

カロリー、糖質共に取り過ぎないようにするには、バナナは一日1本か、多くても2本くらいにとどめましょう

 

また、バナナにはシュウ酸という成分が100gあたり770mg含まれていて、これはほうれん草並みの量だそうです。シュウ酸は摂り過ぎると尿路結石の原因となることがあります。

 

 

ただ、バナナは熟すとシュウ酸が激減するそうです。青い状態のバナナを食べることはまず無いので、あまり気にしなくても良さそうです。

 

もし気になるならば、ヨーグルトと一緒に食べるのがおすすめです。ヨーグルトのカルシウムが結合して、体内への吸収を抑えてくれるそうです。

 

bana4

 

いかがでしたか?バナナには、体によい効能があることが分かりました。でも、食べ過ぎには注意ということですね。焼きバナナは、やったことがなかったのでお腹の調子をととのえるためにもやってみようと思いました。

 

【関連記事】
りんごの栄養とすごい効果!皮ごと食べる場合の農薬は?効能まとめ

 

家族みんなバナナ好きなので、食べるタイミングなどを考えて食べ過ぎないように気をつけて、バナナを楽しみたいと思います。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

おならがよく出る。止まらない原因。多いのは病気か?我慢する方法

恥ずかしい話しですが、最近お腹が張るというか・・おならがよく出ちゃいます。立て続けに何回も出る時もあ

記事を読む

貴船神社へのアクセス。鞍馬寺からの所要時間は?ランチおすすめ

皆さんは京都にある貴船神社のことをご存知ですか?市内中心部から少しはずれた所にありますが、パワースポ

記事を読む

赤ちゃんの鼻づまり原因は? 新生児で夜中、眠れないときの解消法

赤ちゃんの鼻がつまっていて、常にフガフガと呼吸が苦しそうだと心配になりますよね。特に鼻づまりのせいで

記事を読む

体脂肪を減らす食事。贅肉を落とす食べ物とは?下げるお茶やサプリ

美味しい物を見ると、ついつい食べ過ぎてしまったりして、体重計に乗るのが怖い…。そんな声をよく耳にしま

記事を読む

秋の花粉症の症状とは?原因と時期はいつまで?喉の痛みや咳の対策

冬の終わりから春近くなってくると、あちこちから「花粉症で」という声が聞こえてきます。「今日は飛んでい

記事を読む

干し柿の作り方。おいしい柔らかい甘柿を簡単に!室内のコツと時期

秋の果物といえば柿もその一つですが、家にある柿の木にたくさんなったり、食べきれないほどいただいた時、

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

便秘による腹痛の解消法。吐き気や冷や汗がしたら?出ないときは?

便秘になると、トイレの住人になってしまっていた私ですが、出ないということ自体の辛さに加えて、腹痛の辛

記事を読む

節分そばとは?習わしの由来と節分に蕎麦を食べる理由とは?

2月3日は節分ですね。家族みんなで大豆を投げたり、福豆を拾って食べたり、子供達には楽しい行事の一つで

記事を読む

日射病と熱中症と熱射病の症状の違いとは?応急処置と治療対策

夏が来ると気分も弾んでくるものですが、気を付けたいのが日射病や熱中症などの症状ですが、皆さまは日射病

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑