*

日射病と熱中症と熱射病の症状の違いとは?応急処置と治療対策

夏が来ると気分も弾んでくるものですが、気を付けたいのが日射病や熱中症などの症状ですが、皆さまは日射病と熱中症の違いをご存知でしょうか?

 

どちらも体調を崩してしまう夏の疾病ですが、この違いを知ることも予防や対策には大切なことなんです。

 

特に昨今の猛暑により、熱中症になる人がグッと増えていますので、夏が来る前にしっかりと知識を頭に入れておいて、夏を思いっきり楽しんでしまいましょう!

 

そういうわけで今回は、

●日射病・熱中症・熱射病。症状の違いは?
●日射病になったら?応急処置は?
●日射病の治療法は?ならない対策は?

 

これらのことについて、ご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

日射病・熱中症・熱射病。症状の違いは?

夏になると、日射病、熱中症、熱射病などの言葉を耳にする機会が増えてきますが、これらの言葉が意味するものは全て異なっていることをご存知でしょうか?

 

それぞれ症状や対策が異なりますから、ここで一度基本的な事柄について整理しておきましょう。

 

sunstroke_003

 

熱中症

まずは熱中症ですが、熱中症とは暑さによって引き起こされる障害の総称で、熱失神(日射病)、熱痙攣、熱疲労、熱射病の4つを含む言葉です。

 

 

熱射病

熱射病は、熱中症の症状の中で最も重篤な症状のことで、虚脱感とともに目眩や吐き気などの症状を伴い、症状が悪化すると脳の機能に異常が起こり、意識喪失や言動がおかしくなるといった症状が出ることもあります。

 

最悪の場合、生命に関わることがありますから、全身の痙攣や昏睡といった症状が見られたら、早急に救急車を呼ぶことが必要になります。

 

熱射病の特徴は、汗が出ないのに39度を超えるようた高体温になり、顔などが熱っぽくなることです。熱射病の予兆が見られたら、早めに適切な処置を取るようにしましょう。

 

 

日射病

そして日射病は、熱射病の中でも太陽光が原因で起こるものを指し、熱中症は室内の中でも起こりますが、日射病と呼ぶのは屋内で直射日光にさらされている時のみです。

 

<熱中症救急対策マニュアル>

 

日射病になったら? 応急処置は?

目眩や吐き気などの症状が見られたら、早急に木陰などの涼しいところで横になって休ませるようにします。

 

この時には、服を脱がせて、うちわなどで体を冷やしたり、もし手元に氷があるようであれば、脇の下や太股の付け根などに置いて体温を下げるようにしましょう。

 

日射病になってしまった場合は、休ませているからといって一人で放置させてはいけません。容態が急変することもありますから、必ず誰か付き添って、様子をしっかりと見ておくことが大切です。

 

SPONSORED LINK

 

また、休ませていても体温が下がらず、意識が朦朧としているようであれば、自分で何とかしようとせず早急に救急車を呼ぶことが必要です。

 

sunstroke_001

 

日射病の治療法は? ならない対策は?

まずは炎天下での外出を控えるようにしましょう。日中の外出は避け、比較的涼しい朝や夕方に外出するようにします。

 

それから、日光に当たっていると疲れる、といったような自覚症状がある場合は、軽度の日射病になっている可能性があります。

 

虚脱感や熱疲労といった症状がそれにあたりますが、俗に言う夏バテのような状態になっていると考えてください。

 

 

日光にさらされていて疲労感が大きいようであれば、水分や塩分などが不足してしまっている可能性が考えられます。

 

外出する時には必ず手軽に水分補給出来るものを持参するようにし、こまめに水分補給をするように心がけることが大切です。

 

sunstroke_002

 

いかがでしたでしょうか?特に熱中症は高齢者や小さいお子さんでリスクが高くなっています。

 

夏の暑い日に車の中に長時間放置したり、外で休憩なしに遊んでしまうようなことがないよう、しっかりと気を付けてあげることが大切です。

 

【関連記事】

熱中症の症状とは?頭痛や下痢。赤ちゃんや子供の症状と応急処置

 

熱中症は症状が酷くなると命に関わることもある、ということをしっかりと頭に入れておいてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

鼻づまりの解消と原因。ツボとペットボトルで鼻の通りを良くする方法

鼻がつまっていると酸素が足りなくてイライラするし、頭の働きも鈍くなり、仕事にも勉強にも身が入らない…

記事を読む

トマトの栄養と効能。加熱では効果は変わる?妊婦の食べ過ぎの影響

真っ赤に熟れたトマトは瑞々しく美味しくて、サラダやお弁当の彩り、炒め物にも良く合いますし、お料理には

記事を読む

銀行のお盆休みの営業、窓口は開いてる?振込み、ATMはできる?

ゴールデンウイークも終わり、次に楽しみな長期休暇となると、お盆休みです。しかし、お盆休みはゴールデン

記事を読む

目の下のたるみの原因は?マッサージやエクササイズでたるみ取り

若く美しくありたいというのは、女性の願望ですよね。でも、年とともに気になってくるのが目の下のたるみ。

記事を読む

加湿器のカビ掃除方法。フィルターのお手入れは?赤カビ除去と対策

冬になると大活躍の加湿器ですが、手入れを怠るとすぐにカビやぬめりがひどくなってきますよね。 

記事を読む

喪中に出す寒中見舞いの文例。友達に送る堅苦しくない文章なら?

喪中時は年賀状での新年のご挨拶は控えますが、その代わりとして出すことができるのが『寒中見舞い』です。

記事を読む

小学生の自由研究の書き方とテーマ選び。簡単な工作から実験ネタ

こんにちは!マリーです。子供の長期休みで悩まされる代表的なものに、夏休みの自由研究があります。 &

記事を読む

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

ひな祭りの由来、食べ物の意味は?縁起が良い食べ物とは?

梅の花も見頃を迎え、もうすぐ春がやってきますね。春といえば桃の節供「ひな祭り」ですよね。娘も早く雛人

記事を読む

サングラスの選び方。女性に似合うものは?種類や形で見つけよう!

夏といえば、灼熱の太陽!眩しい日差し。ご存知の方も多いと思いますが、目から入る紫外線は、白内障の原因

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑