*

赤ちゃんの暑さ対策。夏の夜を快適にするグッズ。ベビーカーの対処

近年は大人でも夏の間に熱中症で倒れてしまった方がニュースで報道されていたりしますが、大人よりももっと注意が必要なのが赤ちゃんの暑さ対策です。

 

赤ちゃんはまだ言葉が話せませんから、自分の体調が悪くても言葉で伝える事が出来ません。

 

暑さから赤ちゃんを守るためにも、夏場は特に赤ちゃんの様子には気を付けてあげることが必要になります。

 

そこで今回は、

●夜の暑さ対策。寝具や布団は?
●ベビーカーの暑さ対策はどうする?
●暑さ対策グッズでおすすめは?
●新生児、赤ちゃんの夏対策まとめ

 

といった内容で、夏場の赤ちゃんの暑さ対策についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

夜の暑さ対策。寝具や布団は?

夏の夜の暑さ対策の定番はクーラーを使用する事ですが、赤ちゃんが小さい間のクーラーの使用はあまりオススメ出来ません。

 

というのも、クーラーを使用していると、体が冷えてしまったり汗をかく必要がなくなったりしますから、ずっとクーラーを付けっぱなしだと、体温調節機能が低い体質になってしまうのです。

 

そこで、夜の暑さ対策は、赤ちゃんの寝ている環境を整えることで行いましょう。

 

 

まず、オススメは布団の上にゴザを敷くこと。寝ござと呼ばれるものがたくさん売られていますし、赤ちゃん用のやさしい素材のものを選んであげるとよいでしょう。

 

ゴザは布団よりも熱がたまりにくいですから、適度な冷たさがあります。また、風通しが良く、汗が乾きやすいのも魅力的な点です。

 

掛け布団もあまり暑いようであれば、タオルケットやバスタオルなどをお腹の部分だけにかけるなど、赤ちゃんが快適に眠れるように工夫してみてくださいね。

 

baby_heat_measure_004

 

SPONSORED LINK

 

次に、赤ちゃんの寝る時の服装も考えてあげましょう。

 

赤ちゃんは大人よりもずっと体温調節機能が低いですから、メッシュ素材や速乾性の肌着にして、熱がこもりすぎないように気を付けて見てください。

 

また、暑い夜は夜間も脱水症状を起こさないようにこまめに水分補給してあげるのも大事なポイントです。

 

 

夏は冬よりもずっと汗をかきますから、水分が奪われてしまう量もずっと多いです。

 

赤ちゃんが夜泣きするようであれば、そのタイミングで授乳するなど、脱水症状には気を付けて水分補給をしてあげるようにしてください。

 

赤ちゃんの暑さ対策をしっかり行い、快適にしてあげましょう。

 

ベビーカーの暑さ対策はどうする?

まず外出する際は、日中の一番暑い時間帯のお出かけは避けて、朝か夕方の気温が下がってきた時間帯に行うようにしましょう。

 

baby_heat_measure_006

 

また、朝夕の時間帯でも、長時間日光が当たる場所に入ると熱中症のリスクがありますから、30分に1度程度は水分補給と休憩を行うようにしてください。

 

 

というのも、ベビーカーの赤ちゃんが座っている位置はとても地面に近く、アスファルトからの反射熱でとても気温が高くなっています。

 

帽子やベビーカーに日よけカバーを付けるのは当然ですが、それだけでは暑さ対策は十分とは言えないのです。汗をかいたらすぐに拭いてあげられるように、ハンドタオルなどを持って行くのも忘れないようにしてくださいね。

 

 

暑さ対策グッズでおすすめは?

あまりに暑い夜で眠れない時のおすすめがアイスノンです。

 

乳児の間は使用することは出来ませんが、1歳頃からなら冷えすぎに注意して使用することが出来ます。

 

ただし、必ずアイスノンにはタオルを巻いて使用するようにし、加えて体が冷えすぎていないか時々確認しながら使用するようにしてください。

 

baby_heat_measure_005

 

お出かけ時にオススメの暑さ対策グッズは、保冷剤がコスパが良くオススメです。

 

ベビーカーのシートの下に入れて使用することも出来ますし、抱っこでお出かけの場合はお母さんの体と赤ちゃんが接する部分に、保冷剤をタオルに巻いて入れるなどして体温調節をしましょう。

 

ただし、長時間同じ場所に保冷剤が当たることによる低温やけどには十分注意して使用するようにしてくださいね。

 

LISA78_takaitakai20141018093006500

 

新生児、赤ちゃんの夏対策まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

夏場の暑さ対策を怠ってしまうと、あせもなどの肌トラブルのリスクも増えますし、汗が冷えることが原因で風邪を引いてしまったりするなど、熱中症以外にも様々なトラブルが起こることになります。

 

【関連記事】

赤ちゃんの水分補給。母乳以外はいつから?飲まない場合や量は?

 

暑さから赤ちゃんを守るために、しっかりと対策をしてあげてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

お墓参りの時間帯は何時頃がいい?夕方や夜はしてはいけない?

お墓参りに行く時間帯は「午前中」でなければならない、また夕方16時以降や夜にはお墓参りをしてはいけな

記事を読む

出産祝いの相場の金額。兄弟や友達、友人は?贈る時期と二人目の場合

出産祝いの相場や金額について、ご紹介いたします。私自身も贈る場合が多くなってくる歳になってきましたが

記事を読む

初詣はいつまでに神社へ行くべきか?時期について。意味と由来など

皆さんは毎年初詣に行かれますか?私は除夜の鐘が鳴り始めるころに、近くの神社へ初詣に行くのが習慣になっ

記事を読む

入学祝いのお礼状の例文。本人から親戚への書き方なら?

新入学の季節です。   ご入学にあたり、お祝いを頂戴することも多く、また出会うかたがた

記事を読む

西宮神社の初詣2019。混雑時間と期間はいつまで?屋台の出店情報

初詣どこにしようかと迷っている人も多いと思います。基本的には、みさなん、地元の神社に行くことと思いま

記事を読む

三春の滝桜2018年の見頃と開花状況は?地図住所とアクセス方法

いよいよ花見シーズンの到来ですね。春の楽しみとしては、最大のイベントといってもいいでしょう。そこで、

記事を読む

入籍日の決め方。2018年の縁起の良い日おすすめは?仏滅の場合

入籍の日の決め方は、「やっぱりお日柄を見てから決めたい!」という方。「いやいや、二人が出会った日が良

記事を読む

女の子の初節句。雛人形、衣装やお祝い料理の準備は?

子供が生まれると、それまで知らなかった、お祝いの行事がたくさんあることに驚きますね。今回は、女の子の

記事を読む

避難勧告と避難指示の違い。避難命令の時は?特別警報とは?

地震、台風、長雨による土砂災害など日本各地で毎年のように起きている自然災害ですが、いざ身近で起こった

記事を読む

目の下のたるみの原因は?マッサージやエクササイズでたるみ取り

若く美しくありたいというのは、女性の願望ですよね。でも、年とともに気になってくるのが目の下のたるみ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑