*

日枝神社で初詣のご利益。お守りまさるの効果。混雑状況を避ける方法

江戸時代から徳川将軍家の産土神として創祀され、慶応4年(明治元年)6月11日から日枝神社の称号を用いることとなりましたが、古くは「日吉山王社」「日吉山王大権現社」「江戸山王大権現」「麹町山王」ひろく「山王社」と称されていたようです。

 

通称、山王さんとして親しまれてきました。都会のオアシスと言っても過言ではないほど、都会の真ん中に日枝神社はあり、日枝神社の厳かな雰囲気と高層ビルとのコントラストも興味深いものです。また、男性にも女性にもうれしいご利益もあるとか?

 

●日枝神社のご利益とは?パワースポットの由来
●アクセス方法と駐車場について
●初詣の人出と混み具合は?混雑を避けて行くには?
●お守り「まさる」とは?縁結びや子宝の効果は?

 

これらについてお伝えしたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

日枝神社のご利益とは?パワースポットの由来

日枝神社の神の使いはと伝えられており、神門と神殿前には夫婦猿の像があります。右は夫猿左は妻猿で、妻猿を撫でるとご利益があるそうです。

 

妻猿は赤子猿を抱いていますので、行かれた際にはご覧になってはいかがでしょうか?そして、元々猿は母性が強いと言われているので、安産や子育てにもご利益があると言われています。

 

 

また、猿(えん)=縁に通じることから、縁結びや夫婦円満、子宝祈願のご利益があるといわれています。

 

そして、女性だけでなく、男性も足を運びたくなる神社だと言えるかもしれません。それは、仕事運・出世運のアップなどにもご利益があるので、ビジネスマンや政治に関わる人などが多く訪れます。地に足をつけて世界へ羽ばたきたいという願いも叶えてくれるかもしれません。

 

日枝神社で初詣のご利益。お守りまさるの効果。混雑状況を避ける方法

 

アクセス方法と駐車場について

日枝神社へのアクセス方法についてご紹介します。

 

日枝神社
住所:東京都千代田区永田町2丁目10-5
電話:03-3581-2471
 
hiejinja_003

 

●電車の場合

地下鉄千代田線 国会議事堂前駅(出口5番)より徒歩5分

地下鉄銀座線もしくは南北線 溜池山王駅(出口7番)より徒歩3分

地下鉄千代田線 赤坂駅(出口2番)より徒歩2分

地下鉄銀座線・丸の内線 赤坂見附駅(出口11番)徒歩8分

 

となっていますので、どこからでもアクセスしやすいですね。

 

SPONSORED LINK

 

●お車の場合

首都高速道路霞ヶ関インターより5分で、無料駐車場も完備しています。

 

ただし、初詣の時は駐車場待ちの車の渋滞で1時間以上かかるとも言われています。付近に有料駐車場もありますので、そちらを利用されてもいいかもしれません。

 

 

初詣の人出と混み具合は?混雑を避けて行くには?

通常10月~3月の開門は6時ですが、1月1日は午前0時開門で19時閉門です。2、3日は6時~18時となっています。

 

都会の真ん中に位置するのでアクセスしやすく、エスカレーターが設置された効果からか、参拝客は約30万人の方が訪れると言われていますので、混雑は覚悟の上で行かれたほうがいいでしょう。

 

 

ただし、初詣の時期は基本的にこのエスカレーターは使用できませんので、ご注意ください。付き添いの方も使用できません。(体の不自由な方で警備員の許可があった方のみ使えます)

 

できれば混雑を避けて初詣したいところですよね?1月1日の閉門前か2日・3日の早朝でしたら比較的混雑を避けてお参りできるかと思います。

 

 

お守り「まさる」とは?縁結びや子宝の効果は?

魔が去る(まがさる)何事にも勝る(まさる)ということから神猿(まさる)といわれていてとても縁起の良いものとされているようです。

 

8691724602_d2aa6436b0_m

 

日枝神社はご祭神を大山咋神(おおやまくひのかみ)としており、大山咋神が矢に変身し、賀茂川を流れているところを偶然にも玉依比売命が拾い、家に持ち帰ったのち結ばれるという言い伝えがあるそうです。

 

また、玉依比売命に出会ったことによって子供をもうけたとも言われているので、縁結びや子宝の神様にあやかって効果も期待できそうです。

 

実際に子宝に恵まれたご夫婦もいらっしゃるようですよ。

 

baby_dehydration_002

 

結婚式場としても利用できる日枝神社ですので、新郎新婦の晴れ姿を見るだけも、幸せオーラのお裾分けしてもらうのもいいかもしれません。

 

【関連記事】

佐野厄除け大師で初詣。大晦日と正月の混雑状況。営業時間はいつまで?

 

こちらの記事では、同じく関東の初詣スポットで人気の佐野厄除け大師についての情報を詳しくまとめていますので、気になる方は是非とも合わせてお読みくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

秋分の日2018年はいつ?意味について。計算式と決め方とは?

秋も近づきつつある今日この頃です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。   秋と言えば、

記事を読む

大学の夏休み期間。2018年はいつからいつまで?過ごし方の体験記

大学に入って初めての夏休み!期待いっぱいですが、わからないことで一杯ですよね。いつから始まるの?秋ま

記事を読む

猪名川花火大会2018。穴場スポットはここ!場所と時間。駐車場は?

さて夏真っ盛り、遊び気分真っ盛りの季節ですね。夏といえば花火!今回は、第70回猪名川花火大会2018

記事を読む

結婚式招待状の返信書き方。夫婦連名、横書き、欠席理由の場合

結婚式の招待状が届き、さあ返信しようという時に書き方やマナーに自信がなくて筆が止まってしまったという

記事を読む

避難所生活で必要なもの。熊本地震で被災してわかった問題点と体験談

2016年4月14日、4月16日とまさかの2度の大地震が起こった「熊本地震」。この熊本地震を私は体験

記事を読む

京都の初詣2019。八坂神社の混雑状況と回避する方法

2018年のお正月は京都で、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。京都には伏見稲荷大社、下

記事を読む

お歳暮の時期はいつからいつまで?のしの書き方。喪中の場合とマナー

12月に入ると、デパートはお歳暮の時期の贈り物を選ぶ方で混雑していますよね。最近では、お歳暮もインタ

記事を読む

新入社員のスーツの色と選び方。男性は何着必要?おすすめは?

厳しい就活も終わり、晴れて新入社員となられるみなさん。おめでとうございます(*´∀`*) &nbs

記事を読む

隅田川花火大会の穴場スポット。2018日程。場所取りのコツと裏技

日本の夏の風物詩と言えば花火。中でも隅田川花火大会は有名ですよね?有名だからテレビの中継ではなく、一

記事を読む

嵐山の観光スポットとおすすめ散歩コース。ランチ穴場と安い駐車場

京都観光でも嵐山はとても人気の高いスポットですね。はるか昔平安時代から、貴族たちが多くの別荘を構えて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑