*

登山の装備持ち物チェックリスト。富士山など日帰りや1泊する場合

登山時に気をつけたいのが、必要な装備や持ち物の忘れ物。今回は登山に必要な持ち物についてまとめてみました。

 

●日帰りでの登山装備・持ち物
●一泊二日で山小屋泊まりの場合は?
●冬山・雪山で必要な装備とは?

 

これから登山の準備をする際に、ぜひ参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

日帰りでの登山装備・持ち物は?

日帰りとはいえ登山をする場合は軽装では危険です。

 

服装

・Tシャツ(長袖・半袖)

速乾性や消臭性のあるものが使いやすいです。気候によって、半袖の上に長袖を重ねるなどして使いましょう。

 

・ズボン

伸縮性と吸湿性の良い、ハイキングやトレッキング用のパンツを用意しましょう。

 

・防寒着

フリースやウインドブレーカーなど。

 

・帽子

汗対策や日差し対策に。汗対策であればバンダナでもOKです。

 

・雨具

天候に関わらず必ず持参しましょう。ウインドブレーカーがあればそれで大丈夫です。

 

・着替え

汗だくになったり、雨で濡れた時のために持って行くようにしましょう。

 

・手袋

手の保護のためにあると便利です。寒い時期は厚手のものを用意しましょう。

 

 

 

行動用品

・ザック

20〜30Lくらいのものが使いやすいです。

 

・登山靴

ミドル〜ハイカットの登山靴やトレッキングシューズを。購入時の試し履きを忘れずに。

 

・水筒

1〜2L入るものを。ペットボトル飲料でもOKです。別に水を用意しておくと怪我の傷口洗浄にも使用することが出来ます。

 

・タオル

汗対策や怪我をした時など、色々なシーンで役に立ちます。

 

・食べ物

移動中に食べる事が出来るおやつ的なものを用意しておきましょう。

 

・ビニール袋

ごみを入れたり、濡れた衣類を入れたりと便利に使えます。2〜3枚あると良いと思います。

 

・ティッシュ(トイレットペーパー)

トイレの時や汚れた食器を拭く時などに使います。

 

・携帯電話

今は持っていない人はいないと思いますが、緊急時の連絡用に持って行くようにしてください。

 

・ヘッドライト

道に迷って下山が遅れた場合、日没後はライトがないと動けない状況になりますから、必ず持って行きましょう。防災用にも使用することが出来ます。

 

・地図、コンパス

霧が発生した場合、場所によっては右も左も分からないという状況にもなりますから、必ず持って行きましょう。低い山であっても油断は大敵です。

 

 

非常用

・非常食(カロリーメイトなど)

万が一の時のためにエネルギーになるものを。

 

・ホイッスル

滑落や遭難した際に、居場所を知らせるために使用します。

 

・常備薬

普段服用している薬があれば、遭難した時のために持ち歩くようにしてください。

 

・救急医療用具

とげ抜き、爪切り、バンドエイド、三角巾など。

 

・健康保険証

病院に行くような怪我をした場合に必要になりますので、持ち歩きましょう。

 

SPONSORED LINK

 

あれば便利なもの

・ストック

坂道を歩く時に便利です。

 

・日焼け止め

紫外線対策に。

 

・ビニールシート

食事の時や、雨天時の装備の雨避けにも使用出来ます。

 

・サングラス

日差し対策に。ストラップが付いているものが便利です。

 

・ウエストバック

地図やコンパス、携帯電話、デジカメ、お菓子類、ティッシュ、ホイッスルなど、よく出し入れするものを入れるのに便利です。

 

・ライター

いざと言う時に火が起こせます。合わせて携帯用コンロがあると更に便利です。

 

<登山 装備 パッキング 日帰り~山小屋泊 編>

 

一泊二日で山小屋泊まりなら?

基本は前記の持ち物ですが、一泊二日の山小屋泊まりの場合、ザックは30〜45L程度のものを用意するようにしましょう。

 

あと、食料は日帰りの時よりも少し多めに。また、山小屋ではお弁当を作ってくれますので是非利用してみてくださいね。

 

その他、山小屋泊まりの山歩きであれば長時間の山登りになることが多いです。

 

運動不足の方や体力不足が気になる方は、ぜひストック(トレッキングポール)を持って行くようにしましょう。また、膝サポーターなどもあると負担を軽減してくれますので、必要な方は持って行くようにしてください。

 

1

 

冬山・雪山で必要な装備とは?

基本的な装備は上記のものと同様ですが、服装は保温性・通気性・速乾性・防臭性の高いものを選ぶようにしましょう。また、帽子や手袋も冬用のものを用意するようにしてください。

 

加えて、ネックウオーマーマフラーなど、首回りを覆い隠すものがあると保温性が更に良くなります。

 

靴は保温性が高く、雪の入りにくいハイカットのトレッキングブーツを。合わせてスパッツ(ゲイター)や、女性であれば山スカートにタイツをはいてレッグウォーマーを合わせるのも良いかもしれません。

 

この他にあると便利なものとして、まずはホッカイロ

 

それから携帯用座布団、保温水筒、バーナーやガス缶、コッヘル、トレッキングポール、軽アイゼンなどがあると、雪がそれなりに積もっていても対応することが出来ますので参考にしてみて下さい。

 

1

 

いかがでしたでしょうか?

 

【関連記事】

登山の服装、春夏秋冬で用意するもの。おしゃれな男女別コーデ

高尾山でハイキング!登山の服装と持ち物は?所要時間とコース

 

しっかりと準備をして登山を楽しんできてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

住吉大社で七五三。予約と混雑時期。祈祷料や写真衣装代は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣の予定がある方もいらっしゃるのではないでしょうか

記事を読む

二色浜の潮干狩り2018。干潮と採れる時間は?駐車場と混雑状況

私が毎年楽しみにしている恒例の家族行事の一つ、潮干狩り♪子供たちも大人の私と夫も、70歳を超えたおじ

記事を読む

富士芝桜まつり2018。見頃と開花状況は?渋滞と駐車場の混雑情報

日本の春の風情である、桜のお花見。ソメイヨシノやシダレザクラなどが日本の代表的な桜ですが、広大な地面

記事を読む

なばなの里イルミネーション。点灯時間・期間はいつまで?混雑状況は?

全国あちこちでイルミネーションがみられる時期は、大人も子供も気分が盛り上がります。東海地方では知らな

記事を読む

三郷花火大会2018!穴場のおすすめスポットと場所取りの時間など

三郷花火大会!そして流山花火大会!全国で数々開催される花火大会ですが、1つの河川を挟むかたちで2つの

記事を読む

西新井大師の厄除けリングの効果。厄払いの料金と時間は?初詣の混雑

関東の三大厄除け大師について、みなさんも聞いたことがあると思います。西新井大師、川崎大師、観福寺大師

記事を読む

浅草寺の初詣時間2019。参拝時間。混雑する時間帯は?

浅草寺といえば、言わずと知れた観光の名スポット。雷門が有名ですね。浅草寺は、東京都内最古のお寺です。

記事を読む

板橋花火大会2018!穴場スポットと場所取りの口コミ体験談あり!

埼玉県と東京都の県境で行われる板橋花火大会。戸田橋花火大会と同時開催されるため、多くの市民から人気を

記事を読む

長瀞ライン下りの予約は必要?料金と混雑状況。コースおすすめは?

埼玉県・長瀞の観光と言えば、荒川を下る「長瀞ライン下り」が有名ですね。   国の特別天

記事を読む

神奈川新聞花火大会2018。穴場と見どころ。場所取りのコツは?

夏は各地でたくさんの花火大会が開かれますが、中でも神奈川新聞花火大会は、関東最大級の直径480mに及

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑