*

佐野厄除け大師で初詣。大晦日と正月の混雑状況。営業時間はいつまで?

佐野厄除け大師は、関東では初詣や厄除けや方位除けなどで知られる関東三大師の一つです。他には青柳大師、川崎大師があります。

 

天慶7(994)年、奈良の僧・宥尊(ゆうそん)上人が創建したお寺で1000年の歴史があるようです。1000年も前からとは、気が遠くなるほどはるか昔に建てられたのですね。

 

そんな歴史ある佐野厄除け大師の初詣に行ってみたいと思いませんか?今回は、

 

●佐野厄除け大師へのアクセス方法。駐車場はある?
●初詣の営業時間。参拝できる時間は何時?
●大晦日から元旦。正月の混雑状況。人手が空く時間は?
●初詣の出店情報。屋台はいつまでやってるの?

これらについてお伝えしたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

佐野厄除け大師へのアクセス方法。駐車場はある?

佐野厄除け大師
 
住所:栃木県佐野市金井上町2233
電話:0283-22-5229

 

アクセス方法:

●お車の場合

東北自動車道 佐野藤岡ICから国道50号、県道9号を経由し、一般道を佐野駅方面へ車で5kmです。(10分ほど)

 

北関東自動車道が開通していますので、佐野サービスエリアスマートICより5km。北関東佐野田沼ICからは約6km(10分~20分)です。

 

境内の中に無料駐車場(1,000台)がありますし、周辺にも市営駐車場があります。又有料(600円ほど)ですが民営駐車場もあります。

 

佐野厄除け大師で初詣。大晦日と正月の混雑状況。営業時間はいつまで?

 

●電車の場合

JR両毛線「佐野駅」より徒歩15分程度。東武佐野線「佐野市駅」より徒歩10分程度です。

 

 

初詣の営業時間。参拝できる時間は何時?

初詣期間中の営業時間は、

12月31日~1月1日:8時半~夜通し翌19時
1月2日~3日:6時~18時
1月4日~31日:8時~17時

 

となっています。

 

samukawa_jinja_005

 

大晦日から元旦にかけては夜通し参拝できるので、夜中の方が大賑わいするかもしれませんね。2月からは通常の営業時間になりますので、8時半~17時までになっています。

 

混雑が予想されますので、余裕を持ってお出かけされたほうがいいかもしれません。到着してもお参りなども並ぶようですし、おみくじを買いたいと思っても、かなりの時間並ぶのを覚悟した方がいいでしょう。

 

SPONSORED LINK

 

大晦日から元旦。正月の混雑状況。人手が空く時間は?

北関東の初詣といえば、佐野厄除け大師がトップクラスといえるほどの有名なところなので、かなりの混雑になることは必須です。

 

また、団体旅行などのツアーが組まれていることも多いので、人出はかなりのものになるでしょう。

 

佐野市の中心部にあるので、周りは商店街が連なっており、目の前の道路も大渋滞します。厄除けや方位除けでの参拝ならば、この時期は避けたほうが無難でしょう。

 

09_txt54_10

 

成人の日など違う日がオススメです。それでも三が日などに初詣に行きたい方は、渋滞の時間帯をずらせばいくらかは混雑を避けられると思います。

 

大晦日のお昼から夕方ごろは穴場です。混み合う前に済ませてしまうという方法もあります。まだ新年も明けていないのは初詣ではないという方は、お昼頃に行くのも手です。

 

多少の渋滞はあるものの、皆さん大晦日から元旦にかけての深夜に繰り出す人が多いので、その方たちが帰ったあとの参拝は比較的スムーズにできます。

 

hamaya_004

 

初詣の出店情報。屋台はいつまでやってるの?

あちらこちらに並ぶ露店は楽しみの一つでもありますよね?おいしそうな香りに誘われて、思わず財布の紐も緩みそうです。

 

sano_yakuyoke_003

 

だいたい大晦日の夕方くらいから露店は準備し始めるそうです。そして三が日はもちろん営業されています。成人の日くらいまで露店がやっているところもありますが、数も少ないですし開店休業状態かもしれません。

 

もし露店が営業されていなくても、周りにはご当地ラーメンの佐野ラーメンのお店がありますので、そこで腹ごしらえしてもいいかもしれませんね。

 

【関連記事】

厄除け神社。東京で厄払いするならここ!お参りで開運

 

こちらの記事では、東京で厄払いをするのにおすすめの厄除け神社をご紹介しておりますので、是非とも合わせて読んでみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

浴衣の着付け男性編。帯の結び方。兵児帯のアレンジを簡単に!

最近は少しずつですが、浴衣姿の男性を見かけることも多くなってきましたね。いろんなブランドが季節になる

記事を読む

手賀沼花火大会の穴場スポット最新2018。良い場所取りのコツとは?

2010年に様々な社会情勢の影響からしばらく開催を見送っていた手賀沼花火大会。5年前の2013年に多

記事を読む

新年会で締めの挨拶は何を言えばいい?手締めのやり方

新年会などの宴会には、締めのご挨拶がつきものです。なかなか自分で行う機会はないかもしれませんが、万が

記事を読む

喪中の人に暑中見舞いは出せる?自分が喪中の時。書き方と文例

夏の季節のお便りである暑中見舞いですが、相手が喪中だったり、自分が喪中だったりした場合にはどうすれば

記事を読む

文化祭の出し物で面白い企画は?ステージや教室別。高校で人気

高校の文化祭、みなさんはどんな思い出がありますか?大変だけど、中学校に比べて自由度が高い分、楽しい思

記事を読む

七五三で親の服装。母親はスーツ、着物?ママの髪型。妊婦なら

七五三と言えば、お子さんの成長に感謝しご加護をお祈りする儀式ですね。 主役はあくまでもお子さんです

記事を読む

七草粥の由来と意味。いつ作る?食べる理由について。レシピと作り方

新年に食べるものの代表として、何といっても日本では、おせちですよね。そして、次にくるのが、七草粥では

記事を読む

お盆休みの期間。2018年はいつからいつまで?時期は地域で違う?

少し気が早いですが、社会人の皆さんはもうお盆休みが待ち遠しくて仕方ないのではないでしょうか。 故郷

記事を読む

成人式でスーツの着こなし。男性、女性のおしゃれな着方

成人式で初めてスーツを着用するという方もいるのではないでしょうか?   男性はもちろん

記事を読む

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのをご存知でしたか?なんとなく知っていても、七草全てはわからな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑