*

祇園祭の山鉾巡行2018。日程と時間。見どころとコースを見る穴場

SPONSORED LINK

京都三大祭、日本三大祭、日本三大曳山祭、日本三大山車祭など、様々な三大祭の1つに数えられている京都の祇園祭

 

日本を代表するともいえるこのお祭りの起源は古く、西暦869年に行われた神泉苑での御霊会が起源とされています。

 

●祇園際の山鉾巡行とは?
●巡行コースの日程と時間。順番は?
●見どころと、ゆっくり見れる穴場は?

 

今回は、そんな京都祇園祭のメイン行事の1つである、山鉾巡行の日程や時間、コースについてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

祇園際の山鉾巡行とは?

祇園祭は、京都市の八坂神社の祭礼で、7月1日から1ヶ月間にわたって開催されるお祭りです。

 

祇園祭の行事は、八坂神社が主催するもの山鉾町が主催するものと分かれています。

 

山鉾巡行山鉾町が主催する行事の1つで、重要無形民俗文化財にも指定されているメインの行事です。

祇園祭の山鉾巡行のコースの穴場は?日程と見どころなど紹介します。

 

元々は八坂神社から出された神体のお出ましやお帰りになる際に、町や通りを清めるために始められたの行事でしたが、次第に山鉾を出す町での競い合いとなり、合わせて山鉾も大規模で豪華なものになっていきました。

 

交通規制のため、1966年からは後祭巡行が前祭巡行に統合されていましたが、2014年には約50年ぶりに山鉾巡行の前祭、後祭が復活し、花傘祭と合わせて実施されました。

 

 

巡行コースの日程と時間。順番は?

・前祭山鉾巡行のコース…23基の山鉾が巡行します。

 

日程  2018年7月17日(火)

  午前9時過ぎ…四条通堺町(くじ改め)

午前9時20分頃…四条通麩屋町(しめ縄切り)

午前9時35分頃…四条河原町(辻まわし)

午前10時15分頃…河原町御池(辻まわし)

午前11時25分頃…新町御池

 

SPONSORED LINK

 

・後祭巡行のコース…10基の山鉾が巡行します。

 

日程 2018年7月24日(火)

  午前9時半…烏丸御池出発

午前9時半過ぎ…御池通寺町東入ル(くじ改め)

午前10時頃…河原町御池(辻回し)

午前10時40分頃…四条河原町(辻回し)

午前11時半頃…四条烏丸

 

※花傘巡行…午前10時頃八坂神社出発、11時45分頃八坂神社着予定

※参考:2014年の巡行コースはこちら

 

gion_festival_001

 

見どころと、ゆっくり見れる穴場は?

ゆっくりと祇園祭を楽しみたい! という方には、有料の観覧席もオススメです。この有料観覧席は17日の前夜巡行24日の後夜巡行の時に設置されます。

 

前祭巡行では御池通の寺町通と新町通の間(10時半〜11時半)に、

後祭巡行では御池通の寺町通から河原町通の間(10時頃)に設けられ、

料金は一般席が3,180円ほか以下の通りです。※2018/6/5(火)より販売

●一般席:3,180円 ※6/5(火)~販売
(全席指定・パンフレット付)
●祇園祭まなび席(前祭のみ):7,000円 ※6/5(火)~販売
(全席指定・パンフレット・イヤホンガイド(当日渡し/要返却)付)
(ネット予約のみ)辻廻し観覧プレミアム席:10,000円  ※6/4(月)10:00~販売
(全席指定・パンフレット・イヤホンガイド(当日渡し・要返却)・祇園祭記念品付)

 

「辻廻し観覧プレムアム席」につきましては、インターネット予約のみです。プレミアム席の販売ページは6/4(月)10:00~公開ですので、その日時になったら以下のページを更新してください。(場合によってはブラウザのキャッシュクリアなども必要です)

 

参考リンク:辻廻し観覧プレミアム席申し込みページ

 

それ以外の席については京都市観光協会で受け付けられますので、興味のある方は早めに問い合わせてみてくださいね。

 

<有料観覧席のお問い合わせ・お申し込み>
075-752-7070 (京都市観光協会)
075-343-0548 (京都総合観光案内所「京なび」)

 

 

前述したとおり、有料観覧席は全席指定席で、パンフレットが貰えます。また、食事なども行えますがゴミは自分で持ち帰るようにしましょう

 

当日は非常に混雑するため、先頭通過予定時間の30分前までには入場出来るよう会場に向かいましょう。もし間に合わなくても料金の払い戻しは行われていません。

 

また、見学時間は、前祭巡行では先頭から最後までで1時間半程度、後祭巡行では花傘巡行と合わせて1時間程度です。

 

gion_festival_002

 

いかがでしたでしょうか。日本を代表するお祭りである祇園祭。その様々な行事の中のメインイベントである山鉾巡行は、機会があればぜひ参加してみたいお祭りの1つです。

 

この時期は宿泊施設も混雑しますし、観光地もたくさんの人で賑わいますが、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

 

【関連記事】

祇園祭宵山の楽しみ方。日程、混雑時間と見どころ。何時まで?

 

上記の記事にも、祇園祭の情報を書いています。ぜひ、見逃がさないで、旅の参考にして下さい。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

お盆休みの期間。2018年はいつからいつまで?時期は地域で違う?

少し気が早いですが、社会人の皆さんはもうお盆休みが待ち遠しくて仕方ないのではないでしょうか。 故郷

記事を読む

節分の由来。豆まきの意味とは?子供向けに簡単に伝えるなら?

今年も節分が近づいています。   長い冬が明け、春の訪れの予兆を思う「立春」。 &n

記事を読む

江戸川区花火大会の穴場2018。場所取りのコツと有料席の購入法

各地で色々な花火大会が開催される中、江戸川区の花火大会はちょっとおもしろいんですよね。なんと、お隣千

記事を読む

川越祭り2018日程と交通規制。山車のルートと時間は?雨天の時

夏休みも終わり、祭りも一区切りと思いきや、まだまだお祭りムードは続きます。   そこで

記事を読む

大掃除のコツと場所リスト。順番はどこから始める?計画と便利な道具

今年も残りわずかとなりました。新年を迎えるにあたって、最後に残っているのが、年末の大掃除です。そこで

記事を読む

年末年始の海外旅行。格安のおすすめ国は?お正月を楽しく安く過ごす

テレビやブログなどで、芸能人がハワイやグアムなどで年末年始をすごす光景を、よく見かけます。最近では芸

記事を読む

お彼岸はいつ?2018年の春と秋のお彼岸の期間、日にちを知ろう

お彼岸という言葉は良く耳にするけれど、それっていつなの?なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

記事を読む

高尾山でハイキング!登山の服装と持ち物は?所要時間とコース

少し前に山ガールが流行し、登山がより身近になりましたよね。   都心から1時間ほどで行

記事を読む

猪名川花火大会2018。穴場スポットはここ!場所と時間。駐車場は?

さて夏真っ盛り、遊び気分真っ盛りの季節ですね。夏といえば花火!今回は、第70回猪名川花火大会2018

記事を読む

太宰府天満宮の梅見頃。2019年の開花状況と梅祭り最新情報

太宰府天満宮といえば菅原道真公が祀られているとして、とても有名ですよね。でも、それだけじゃありません

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑