*

お歳暮のお礼状の例文。ビジネスから個人まで例を紹介

年末になると慌ただしくお歳暮を贈ったり贈られたり…。頂いたお歳暮に対してお礼状を差し上げるため、どのような文面で送れば、と悩む方もいるかと思います。今回は、

 

●お仕事(取引先)の場合
●個人の方への場合
●お歳暮辞退のお手紙
●最後に

 

といったテーマで、ビジネス用から個人へのお礼状について、例文をまとめてみました。

 

SPONSORED LINK

 

お仕事(取引先)の場合

 ビジネスでのお礼状の書き方の例です。

 

拝啓
師走の候、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
 
さて、このたびはまことに結構なお歳暮の品をお送りくださいまして、
厚く御礼申し上げます。
このようなお心遣いをいただき恐縮に存じます。
 
日頃はわたくし共が大変お世話になっておりますのに身に余るお心遣い、大変嬉しく思います。
 
年末余日少なき折から、皆様の一層のご健勝と貴社のますますのご発展を心からお祈りいたします。
 
とりあえずお礼かたがたご挨拶申し上げます。
敬具
 
平成○年○月
○○株式会社
代表取締役 ○○

 

お歳暮のお礼状の書き方については、お歳暮へのお礼と、一年間お世話になったことへのお返しの挨拶をする、ということが大切です。

 

また、年末の挨拶なので、来年の厚誼をお願いする一言を書き添えても良いですね。

 

お歳暮のお礼状の例文。ビジネスから個人まで例を紹介

 

個人の方への場合

個人の方や親戚などにお歳暮も頂きます。こちらは、個人へのお礼状の書き方の例を載せて行きます。 まずは、少し目上の方向けの例文です。

 

拝啓
年の瀬を迎え慌ただしくなってきましたが、お元気でご活躍のことと存じます。
私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
 
さて、この度は、まことに結構なお歳暮の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。
いつに変わらぬお心配り、恐縮に存じます。
家族ともども大変喜んでおります。
 
この寒気もさらに強まりそうですので、どうかご自愛頂き、良いお年をお迎えになりますようお祈りいたします。
敬具

 

といった文例になります。

 

SPONSORED LINK

 

また、もう少し柔らかい表現でのお礼状の例文です。

 

○様
先日は、心温まる○○をお贈りいただき、ありがとうございました。
 
この一年間を振り返ってみますと、普段何かとご協力頂き、また○○では子供たちが大変お世話になり、私の方こそお礼を申し上げなければなりません。
 
恐縮しつつお歳暮の品を拝受いたしました。
お心づかいに感謝致します。
 
これからは寒くなりますので、どうかお体を大切になさって、さち大き信念を迎えられますようお祈りいたします。
かしこ
 
十二月○日
名前

 

このような書き方になります。

 

 

注意点は、どのような手紙でも同じですが、「拝啓」と「敬具」は頭語と結語のセットになるので、間違えないようにしてください。

 

また、「かしこ」は女性が使用する結語です。男性が使う言葉ではないことも知っておきましょう。

 

 

お歳暮辞退のお手紙

せっかくお歳暮を頂いたけど、事情があり来年からは受け取れないという方は、お礼と一緒に今後はお歳暮を辞退したい旨を伝えると良いでしょう。

 

こちらも例文を載せておきます。

 

深冷の候、皆様ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
 
さて、この度はお心尽くしのお歳暮の品をお贈りいただき、ありがとうございました。
 
日頃、主人に何かとご協力いただき、ご面倒をおかけしておりますのに、このような心配りを賜りまして申し訳なく存じております。
 
お気持ちはありがたく頂戴いたしますが、どうか、今後はこのようなお気遣いをなさらないでください。
主人からもきつく言われておりますので、ご了承の程お願いいたします。
 
まずは取り急ぎお礼とお願いを申し上げます。
かしこ
 
十二月○日
名前(その家の主人の名前)

 

というようなお手紙を送ります。

 

上記のような、妻が夫に変わって公的なお礼状を書く時は、夫の名前の左下に小さめに「」と書きます。

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

最後に

お歳暮のお礼状を書くマナーは、お歳暮を贈っていただいたことに対してだけでなく、その心遣いに対して感謝の気持ちを伝えるということが大切です。

 

一年の感謝を込めて贈っていただいたお歳暮ですから、その気持ちに応えるよう、正しくお礼状を差し上げたいですね。

 

【関連記事】

お歳暮の時期はいつからいつまで?のしの書き方。喪中の場合とマナー

 

お歳暮を送る時期やのしの書き方・マナーなどをご存知でしょうか。上記ではそれらについて詳しくご紹介させていただいております。参考になさってみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

足立の花火の穴場スポット2018。場所取りの時間。屋台はどの辺?

その起源は明治時代に遡ると言われる足立の花火。60分間に12,000発が打ち上がる濃密な演出で、観客

記事を読む

仙台七夕花火2018。穴場スポットはここ!ゆっくり見れる場所

ここ数年以上、花火大会に行けてない…家事やら育児やらに振り回されて、家族で出かけるにもタイミングが合

記事を読む

ハロウィンで子供の衣装を手作りで!男の子やベビーに簡単作り方

もう日本にもすっかり定着したハロウィンですが、本場アメリカとは違って日本では大人も子供も楽しんでいる

記事を読む

卒園式の母親の服装で迷ったら?服装の色や組み合わせはコレ!

ご卒園おめでとうございます!いよいよの卒園式に、さて何を着ようか。お悩みかと思います。  

記事を読む

浴衣の着付け男性編。帯の結び方。兵児帯のアレンジを簡単に!

最近は少しずつですが、浴衣姿の男性を見かけることも多くなってきましたね。いろんなブランドが季節になる

記事を読む

卒業旅行で海外。格安で人気の旅先は?おすすめビーチと穴場スポット

そろそろ卒業シーズンですね。学生のみなさんは、卒業旅行などを計画している人も多いのではないでしょうか

記事を読む

羊山公園芝桜2018開花状況。見頃はいつ?駐車場と渋滞回避ルート

お花見のシーズンは、なんだかとても心がワクワクします♪桜には300以上の品種があるそうです!私が好き

記事を読む

初詣で行きたい東京の神社。デートプランとおすすめコース

初詣にデートの約束をしているけれど、東京でどこの神社に行くべきか悩んでいるという方もいらっしゃるので

記事を読む

電話の引越しで固定電話の移転手続きの手順はどうするの?

引越しをする際の手続きの一つに、「固定電話の移転手続き」が必要になりますね。インターネットなど繋いで

記事を読む

勤労感謝の日2018。意味と由来。英語なら?プレゼントおすすめ

毎年11月23日は勤労感謝の日であることはみなさんもご存知のはずですね。国民の祝日ですから、小さき時

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑