*

結婚式招待状の返信書き方。夫婦連名、横書き、欠席理由の場合

結婚式の招待状が届き、さあ返信しようという時に書き方やマナーに自信がなくて筆が止まってしまったという経験はありませんか?

 

そこまで頻繁に書く機会があるものではありませんので、ちょっとした所が気になってしまって出すのがどんどん遅れてしまうなんてこともあるかもしれません。

 

●返信の書き方とマナーについて
●欠席の場合、理由はどうする?
●横書きの場合の書き方
●夫婦連名の書き方は?

 

今回は、結婚式招待状の返信の書き方についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

返信の書き方とマナーについて

ではまず基本的なマナーについて、確認していきましょう。

 

招待状のお返事は必ず出欠ハガキで

どんなに忙しくても必ず出欠ハガキで返信しましょう。

 

招待状が届く前に、電話やメールで出欠の返事をすることがありますが、その場合でも招待状が送られてきたら、必ず返事のハガキを出します。

 

 

招待状が送られてきたら、返信は到着後1週間以内に

出席確認や席次表作成の都合もありますから、招待状が送られてきたら到着後1週間以内にお返事するのが礼儀です。

 

 

必ず「黒」のペンを使う

筆や万年筆が一番返信としてはふさわしいですが、慣れない筆で失敗するリスクを考えると、使い慣れたボールペンで丁寧に書く方が良いです。

 

 

訂正する時はキレイに

二重線や斜線を引く時は定規などを使って、丁寧にきれいな線を引くようにしましょう。

 

 

「御」や「御芳」は消して返信する

「御」などの文字は招待状を受け取った人への敬語に当たります。返信する際には、これらの文字を必ず二重線か斜線で消してから送りましょう。 

 

また、×印や黒く塗りつぶすのはマナー違反ですし、修正液の使用も出来るだけ控えるようにしましょう。

 

 

出席、欠席のどちらか一方を○で囲む

○で囲まなかった方は、斜線、二重線、または「寿」という文字で消します。

 

また、出席する場合は、「慶んで(喜んで)」と一言添えるとなお良いですね。

 

 

余白にはお祝いメッセージを

一言添えるだけで、相手にお祝いの気持ちがしっかりと伝わります。

 

 

宛名の「行」は「様」に

宛名の下の「行」も二重線か斜線で消して「様」に直しましょう

 

「寿」の文字で消しても問題ありませんが、文字が重なって汚くなってしまうのが気になる方は、線で消す方がオススメです。

 

結婚式招待状の返信の書き方は失礼の無いようにしましょう。

 

欠席の場合、理由はどうする?

忙しいことを理由に欠席することは相手にとって失礼ですから、「多忙のため」などの理由は避けましょう。

 

また、欠席理由が身内の不幸のような暗い内容である場合は、結婚式の場にふさわしくありませんので、はっきり書かずに濁して書くようにしましょう。

 

都合が悪くて欠席する場合には、まず「お祝いの言葉」を記載し、「欠席の理由」と「お詫びの言葉」を書き添えるようにします。

 

SPONSORED LINK

 

<文例>

ご結婚まことにおめでとうございます。
あいにく所用があり、出席出来ず大変申し訳ありません。
お二人のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

 

また、披露宴に出席出来ない場合は、披露宴当日に届くように祝電やレタックスを送り、お祝いの気持ちを伝えるようにしましょう

 

レタックスであれば手書きの文字やイラストをそのまま届けることが出来ます。

 

weddinginvitation_02_001

 

横書きの場合の書き方

基本的には縦書きの場合と記入方法は同じですが、「Name」「Address」と英語表記になっている部分を二重線などで消す必要はありません。

 

「ご芳名」「ご住所」と記載されている部分があれば「ご芳」の「ご」を二重線で消しましょう。

 

また、自分の名前や住所をローマ字や英語で書く必要はありません。

 

weddinginvitation_02_002

 

夫婦連名の書き方は?

出席の場合は連名で返事を出し、どちらかが欠席する場合は、出席する人の名前だけを署名します。

 

欠席する人は、お祝いの言葉と合わせて欠席のお詫びをする言葉を書き添えるようにしてください。

 

夫婦揃って出席する場合は、各自の署名が必要になりますので注意してくださいね。

 

weddinginvitation_02_003

 

【関連記事】

結婚式ご祝儀の書き方。中袋は?夫婦で出席する場合は連名か?

結婚式の電報の送り方と文例。友人や職場、欠席する場合の文例

 

知っているようで知らないことが多い結婚式招待状の返信の書き方ですが、しっかりとポイントを押さえて相手に気持ちよくお祝いの気持ちを伝えてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

2018夏のネイル。セルフで簡単にできる人気のデザインとは?

暑くなって夏らしいファッションが増えてきましたね。 ネイルも合わせて夏仕様にする人も多いのではない

記事を読む

子供のクリスマスプレゼント2018!小学生の男の子人気ランキング

小学生の男の子をお持ちのお父さんお母さん。クリスマスプレゼントに何を買ってあげたらいいか毎年悩んでし

記事を読む

カラオケランキング女性編。盛り上がる歌いやすい曲を年代別に紹介

現在30代後半の私は、最近めっきりカラオケに行く機会も減りましたが、10代後半から20代前半は毎日の

記事を読む

川崎大師の初詣の混雑。2019年の予想、混み具合は?

神奈川県川崎市に建立された川崎大師平間寺。古くから厄除けのお大師さまと親しまれており、厄除けをはじめ

記事を読む

バレンタインデートスポット東京。彼を誘うならどこ?告白におすすめ

2月14日のバレンタインデーが近づいてきましたね。街はバレンタイン仕様になってきており、あちこちでチ

記事を読む

新年会で乾杯の挨拶フレーズ。取引先でのあいさつ例はコレ

新年会で乾杯の挨拶を唐突に任された時、困ってしまった経験はありませんか? 会の事前に相談があれば内容

記事を読む

次のスーパームーンはいつ?2018年。現象と災害の関連性は?

『スーパームーン』なんだか名前を聞いただけでワクワク夢が広がる言葉ですね。このスーパームーンは、一体

記事を読む

賀名生梅林の開花状況。2019年の見ごろは?あのう梅林の情報

少しでも早く春を感じたい!寒い冬の終わりになると、そう考える方も多いのではないでしょうか?そこで一足

記事を読む

クリスマスプレゼント女性向け人気ランキング。友達や友人、同僚に

クリスマスが近づいてきたということは、プレゼント選びを血眼になってしていらっしゃる方もいるのでは?そ

記事を読む

神田明神で初詣。お守りのご利益の効果は?混雑時間と屋台の出店情報

年が明け、神社や寺院などに参拝する初詣。新年の健康と平安を祈願する日本の伝統的な行事です。 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑