*

童謡鯉のぼりの歌詞で2番、3番を教えて!歌の意味や由来とは?

桜の季節も終わり、初夏が近づいてくると目に入ってくるのが、大空を泳いでいる鯉のぼり。今回は、

 

●鯉のぼりの色と吹き流しの意味
●鯉のぼりの歌詞の意味(1番・2番・3番)

 

これらの疑問について、まとめてみました。また童謡こいのぼりについても、詳しくご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

鯉のぼりの色と吹き流しの意味

端午の節句は奈良時代から行われているとても古く歴史のある行事ですが、現在のような鯉のぼりが生まれたのは江戸中期頃であると言われています。

 

中国に古くから伝わっている登竜門の伝説になぞらえ、竜門の滝を登り切ると鯉が竜になるように、我が子にも健康に育ち将来は出世して欲しいとの気持ちを込めたものです。

 

それと同時に、家に男の子が生まれたことを天の神様に伝え、お守りくださいとの祈りを込めたものでもあります。天の神様に気づいて貰うために、鯉のぼりは天高く上げるようになっているのですね。

 

江戸中期頃の鯉のぼりは、和紙に鯉の絵を描いた物でしたが、大正時代に入り破れない綿の鯉のぼりが生まれ、昭和30年代半ばに雨に濡れても色落ちのしない合成繊維の鯉のぼりが誕生し、現在に受け継がれています。

 

さてこの鯉のぼり、実はその色や吹き流しにも意味があるということをご存知でしたでしょうか。

 

そもそも「吹き流し」が何を示しているのかご存知でない方も多いのではないかと思います。「吹き流し」とはこいのぼりの一番上に付いている五色の筒のようなものを言います。

 

 

この吹き流しは戦国時代頃から魔除けとして使われ、またその色についても古代中国の五行説に由来するもので、実はとても深い意味があるのです。

 

五行説では、万物は木火土金水の5種類の元素から成るとされ、それぞれに対応する色や方角があり、象徴する色には魔を祓う力があるとされています。

 

木は青、火は赤、土は黄、金は白、水は黒にそれぞれ対応します。

 

もし鯉のぼりを目にする機会があったら、ぜひその色にも注目してみてくださいね。

 

童謡の鯉のぼりの歌詞で2番、3番は歌えますか?

 

鯉のぼりの歌詞の意味(1番・2番・3番)

ここから、鯉のぼりの歌詞と意味についてご紹介します。ぜひ5月5日の子供の日には親子で歌ってみてください。

1.
甍の波と 雲の波   (屋根の瓦の波と その向こうに広がる雲の波)
重なる波の 中空を  (まるで波が重なるような 空の景色の中ほどを)
橘かおる 朝風に   (橘の花の香りたつ 朝の風を受けて)
高く泳ぐや 鯉のぼり (高くに泳いでいるのは こいのぼり)

2.
開ける広き 其の口に (大きく開いたその口は)
舟をも呑まん 様見えて(船をものみ込んでしまいそう)
ゆたかに振う 尾鰭には(ゆったりと大きく振るう尾ひれには) 
物に動ぜぬ 姿あり  (物に動じない雄大さがある)

3.
百瀬の滝を 登りなば (「鯉が百の滝を登ったら)
忽ち滝に なりぬべき (竜になった)
わが身に似よや 男子と(そんな私のように似て育てよ。男子。」と)
空に踊るや 鯉のぼり (空に踊る鯉のぼりが言っている)

 

このように歌詞が文語体で書かれており、若干堅苦しいイメージを与えてしまうためか、最近では「♪屋根より高い鯉のぼり」の鯉のぼりが主流となってきており、こちらの鯉のぼりはあまり歌われる機会がなくなってきています。

 

SPONSORED LINK

 

3番の「男子たるもの強くあるべき」という意味合いの歌詞が現代にはちょっと不釣り合いなところもその原因かもしれません。

 

それでも古くから歌い続けられてきた歌ですので、これからも継承していきたい歌ですよね。

 

もし機会があればせひ歌ってみてくださいね。

 

 <~鯉のぼり(いらかの・・・)~ 倍賞千恵子

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

ひな祭りの由来、食べ物の意味は?縁起が良い食べ物とは?

クリスマスの意味とは?子どもにツリーやケーキの由来を簡単に伝える

 

普段何気なく見ている鯉のぼりでも、その意味を知って改めて見てみると別の印象になります。今年は鯉のぼりを見かけたら、童謡鯉のぼりを口ずさんでみるのもよいかもしれませんね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

富士芝桜まつり2018。見頃と開花状況は?渋滞と駐車場の混雑情報

日本の春の風情である、桜のお花見。ソメイヨシノやシダレザクラなどが日本の代表的な桜ですが、広大な地面

記事を読む

京都のあじさい寺。三室戸寺の見頃はいつ?名所と開花状況2018

京都の花寺として有名な三室戸寺(みむろとじ)。6月になると敷地5千坪の大庭園に50種・1万株という、

記事を読む

京都の初詣2019。八坂神社の混雑状況と回避する方法

2018年のお正月は京都で、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。京都には伏見稲荷大社、下

記事を読む

関門海峡花火大会2018。穴場のスポットと駐車場のおすすめは?

一晩で65万人が集うといわれる関門海峡花火大会。詳しく知りたいけれど、ネットもお友達も情報に限界があ

記事を読む

三春の滝桜2018年の見頃と開花状況は?地図住所とアクセス方法

いよいよ花見シーズンの到来ですね。春の楽しみとしては、最大のイベントといってもいいでしょう。そこで、

記事を読む

長崎ランタンフェスティバル2019の点灯時間は?駐車場や宿泊ほか

冬の長崎といえば、ランタンフェスティバル!!およそ百万人の観光客を魅了する長崎の一大イベントです。今

記事を読む

卒園式で着る着物はどんな色や柄が良いの?髪型を自分でする場合

卒園式、入園式は子供にとっても親にとっても、とても大事な行事の一つですよね。そういった式に出席する際

記事を読む

筑後川花火大会2018穴場スポットと場所取りのおすすめ体験!

毎年、夏になると待ち遠しいのが花火大会!友達や恋人と、キレイな花火を見ながら過ごす時間はとっても楽し

記事を読む

金閣寺の紅葉2018の見ごろ時期と混雑状況は?ライトアップ情報

京都と言えばたくさん神社やお寺がありますが、誰もが知っているのは金閣寺ですよね。  

記事を読む

夏フェスの持ち物リスト。サマソニ、野外フェスの必需品と便利グッズ

夏だ!サマーだ!音楽ライブだ!全国各地で夏になると野外フェスが開催されますね。夏フェスは炎天下の中な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑