*

新築祝いの相場、友人や兄弟、親戚や上司の場合の金額目安は?

最近両親が実家をかなり大規模にリフォームしたので、新築ではないけれどいくらかお祝いを包んだんですね。

 

その際に新築祝いを基準にしていろいろ相場を調べたのですが、贈る相手によって相場にも幅があったり、決まり事があって非常に勉強になりました。

 

●親族、親戚への相場はどれくらい?
●友人、親しい友達の相場は?
●上司や部下の場合は?
●新築祝いはお金以外でもいい?贈っていけないものは?

 

そこで今日は、新築祝いの相場やマナーについてまとめてみたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

親族、親戚への相場はどれくらい?

新築祝いの相場、友人や兄弟、親戚や上司の場合の金額目安を知っておきましょう。

 

近しい身内の場合は、3万円~10万円程度が目安と考えておきましょう。また、二世帯の同居など、贈り先の家庭事情によって包む額を考えてもよいと思います。

 

叔父や叔母など親戚に新築祝いを贈る場合は、5,000円~3万円程度でよいでしょう。

 

 

友人、親しい友達の相場は?

友人や親しい友達に贈る場合は、5,000円~1万円程度を目安に考えましょう。

 

また、数人でお金を出し合って、友人一同として贈ることもできます。その場合は、1人1,000円~5,000円程度を考えましょう。

 

4

 

上司や部下の場合は?

会社の上司や部下の場合は、5,000円~1万円程度同僚の場合は友人と同じくらいと考えて結構です。

 

また昇進や栄転で引っ越す場合、餞別として贈るということも可能です。

 

SPONSORED LINK

 

通常新築祝いは引っ越してから贈るものですが、餞別の場合は引っ越す前に渡すものです。

 

餞別の場合、相場は3,000円~5,000円程度ですが、特にお世話になった方に贈る場合5,000円~1万円を考えましょう。

 

housewarming_02_003

 

新築祝いはお金以外でもいい?贈っていけないものは?

だいたいの相場を書きましたが、必ずしもお金を包まなければならないわけではありません。

 

インテリア品やお酒などの物をお祝いとして贈ることも可能です。その場合は、相場の金額と同程度のものを用意しましょう。

 

昔から「根をはる」という意味を込めて、新築祝いに植物が選ばれることが多かったのですが、その場合は手入れが楽な観葉植物などにしておいた方がよいでしょう。

 

一番は相手がもらって困らないものなのですが、結局わからなくて無難にお金やギフトカードになってしまうんですよね。でも自分がもらう側になって考えてみると、確かに現金が一番うれしいかも。

 

たとえば時計をもらったとしても、すでに持っていたら不要なわけですし…。

 

9137a91fe8d88f06460ab8dac5a54d62_s

 

あとはカタログギフトなどもいいかもしれません。

 

最近は物ではなくて体験型ギフトのカタログもあるので、ありきたりなものが嫌な人はそういったものにしてもよいのでは。

 

そして気を付けたいのが贈ってはいけないもの

 

火事を連想させるものは厳禁です。ライターや灰皿、そして赤いものは避けましょう。キャンドルもオシャレですがやめておきましょう。

 

また、相手によって贈ってはいけないプレゼントもあります。

 

たとえば上司や目上の人へ贈る場合は、スリッパや靴下など足で踏みつけるようなものはマナー違反です。

 

housewarming_02_004

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

新築祝いお返しのマナー。両親や兄弟、親戚へおすすめの品物は?

餞別の書き方。のし袋の選び方は?金額の相場はどれくらい?

 

お祝いをすると「お祝い返し」もあるため、もらう側もあげる側も負担になりすぎないような額にしましょうね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

五月人形は誰が買うもの?初節句でどっちの親が贈るのが常識?

子供の誕生を祝い、健やかに成長してくれるように願いを込めて、日本では初節句に女の子には雛人形、男の子

記事を読む

香典返しの挨拶状。例文と文例。お礼状、あいさつ文の書き方は?

親戚で大変達筆で、事あるごとに手書きのお礼状を添えて、お菓子などを送ってくれる方が居ます。いつもすご

記事を読む

引越し手続きで慌てないためにチェックリストで確認!やること一覧

引越し。この言葉ほど言うのが簡単で、行うのがとても難しい言葉の一つだと思います。引っ越しが難しい?と

記事を読む

新年会で締めの挨拶は何を言えばいい?手締めのやり方

新年会などの宴会には、締めのご挨拶がつきものです。なかなか自分で行う機会はないかもしれませんが、万が

記事を読む

川越祭り2017日程と交通規制。山車のルートと時間は?雨天の時

夏休みも終わり、祭りも一区切りと思いきや、まだまだお祭りムードは続きます。   そこで

記事を読む

針供養とは?東京、大阪、京都、福岡の神社で行うならどこ?

事八日と言う言葉をご存知でしょうか?「事(こと)」とはお正月に行われる神事をあらわす言葉で、お正月を

記事を読む

名古屋市農業センターしだれ梅まつり。2018年の開花状況と見ごろ

寒い風が吹いてくると、あぁ、冬なんだなぁ~……なんて、しみじみと思っちゃいます。「お外は寒いから、出

記事を読む

お年賀の時期はいつまで?年賀状との違いと意味。渡し方のマナーは?

新年も明け、新しい年の始まりですね。旧暦では、春なので迎春なんて言葉もよく目にします。  

記事を読む

年賀状の書き方。先生や目上の方への文例。挨拶文や一言添え書き

いよいよ今年も年賀状の季節がやって参りました。でも残念なことに、特に若い方の年賀状離れがすすんでいる

記事を読む

退職金の計算。相場と平均。中小企業の勤続年数、自己都合では?

会社を退職する時に気になるのが、退職金を貰えるのか?・・・というところですよね。今後の自身の生活に関

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑