*

新築祝いの相場、友人や兄弟、親戚や上司の場合の金額目安は?

最近両親が実家をかなり大規模にリフォームしたので、新築ではないけれどいくらかお祝いを包んだんですね。

 

その際に新築祝いを基準にしていろいろ相場を調べたのですが、贈る相手によって相場にも幅があったり、決まり事があって非常に勉強になりました。

 

●親族、親戚への相場はどれくらい?
●友人、親しい友達の相場は?
●上司や部下の場合は?
●新築祝いはお金以外でもいい?贈っていけないものは?

 

そこで今日は、新築祝いの相場やマナーについてまとめてみたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

親族、親戚への相場はどれくらい?

新築祝いの相場、友人や兄弟、親戚や上司の場合の金額目安を知っておきましょう。

 

近しい身内の場合は、3万円~10万円程度が目安と考えておきましょう。また、二世帯の同居など、贈り先の家庭事情によって包む額を考えてもよいと思います。

 

叔父や叔母など親戚に新築祝いを贈る場合は、5,000円~3万円程度でよいでしょう。

 

 

友人、親しい友達の相場は?

友人や親しい友達に贈る場合は、5,000円~1万円程度を目安に考えましょう。

 

また、数人でお金を出し合って、友人一同として贈ることもできます。その場合は、1人1,000円~5,000円程度を考えましょう。

 

 

上司や部下の場合は?

会社の上司や部下の場合は、5,000円~1万円程度同僚の場合は友人と同じくらいと考えて結構です。

 

また昇進や栄転で引っ越す場合、餞別として贈るということも可能です。

 

SPONSORED LINK

 

通常新築祝いは引っ越してから贈るものですが、餞別の場合は引っ越す前に渡すものです。

 

餞別の場合、相場は3,000円~5,000円程度ですが、特にお世話になった方に贈る場合5,000円~1万円を考えましょう。

 

 

新築祝いはお金以外でもいい?贈っていけないものは?

だいたいの相場を書きましたが、必ずしもお金を包まなければならないわけではありません。

 

インテリア品やお酒などの物をお祝いとして贈ることも可能です。その場合は、相場の金額と同程度のものを用意しましょう。

 

昔から「根をはる」という意味を込めて、新築祝いに植物が選ばれることが多かったのですが、その場合は手入れが楽な観葉植物などにしておいた方がよいでしょう。

 

一番は相手がもらって困らないものなのですが、結局わからなくて無難にお金やギフトカードになってしまうんですよね。でも自分がもらう側になって考えてみると、確かに現金が一番うれしいかも。

 

たとえば時計をもらったとしても、すでに持っていたら不要なわけですし…。

 

 

あとはカタログギフトなどもいいかもしれません。

 

 

最近は物ではなくて体験型ギフトのカタログもあるので、ありきたりなものが嫌な人はそういったものにしてもよいのでは。

 

そして気を付けたいのが贈ってはいけないもの

 

火事を連想させるものは厳禁です。ライターや灰皿、そして赤いものは避けましょう。キャンドルもオシャレですがやめておきましょう。

 

また、相手によって贈ってはいけないプレゼントもあります。

 

たとえば上司や目上の人へ贈る場合は、スリッパや靴下など足で踏みつけるようなものはマナー違反です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

新築祝いお返しのマナー。両親や兄弟、親戚へおすすめの品物は?

餞別の書き方。のし袋の選び方は?金額の相場はどれくらい?

 

お祝いをすると「お祝い返し」もあるため、もらう側もあげる側も負担になりすぎないような額にしましょうね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

いびきの原因と対策。女性のいびき、対策グッズや枕の改善で解消

人に迷惑をかけるけど、なかなか自分は気づかない「いびき」。   いびきが酷い人と同室で

記事を読む

母の日に贈るカードのメッセージ例文・文例。感謝の言葉を添えて

毎年5月の第2土曜日は母の日ですね。みなさんはもう母の日に何を贈るか決められたでしょうか? &nb

記事を読む

結婚式の余興ランキング!ダンスから歌、クイズまで。おもしろネタ

結婚式の余興を頼まれた時、一体何をすればいいの??と頭を悩ませた事はないですか?結婚式の余興と聞いて

記事を読む

自動車免許を合宿で取ろう!費用や期間はどれくらい?持ち物は?

受験のシーズンが近づいてきました。ということは、もうじき学生の皆さんは春休みに入る頃ではないでしょう

記事を読む

トリックオアトリートの意味と由来。ハロウィンの合言葉で返事は?

ここ数年、ハロウィンの季節になると、関連商品がたくさん売り出されるようになり、ハロウィンパーティーや

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

花粉症の治療。舌下免疫療法とレーザーの費用。東京ほか病院おすすめ

花粉の季節になると、鼻水やくしゃみ・咳、目のカユミなどの症状に日本人の約3割が悩まされるそうです。

記事を読む

入学式でママのスーツ。おすすめコーデと髪型。コサージュは必要?

春は新生活の始まる時期。お子さんが今年入学式というママさんも、いらっしゃると思います。そこで気になる

記事を読む

年賀状の書き損じ。交換手数料と期限はいつまで?余った場合の使い道

年賀状って気を付けて書いていても「あー間違えたー。」なんてこと、よくありませんか?印刷の向きが逆だっ

記事を読む

節分そばとは?習わしの由来と節分に蕎麦を食べる理由とは?

2月3日は節分ですね。家族みんなで大豆を投げたり、福豆を拾って食べたり、子供達には楽しい行事の一つで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑