*

お彼岸はいつ?2018年の春と秋のお彼岸の期間、日にちを知ろう

お彼岸という言葉は良く耳にするけれど、それっていつなの?なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?知っているようで実は良く知らない事、世の中には沢山あるんですよね。

 

●お彼岸の意味と歴史
●春・秋のお彼岸の期間は?
●2018年はいつ?日にちは?

 

そこで今日は、2018年の春と秋のお彼岸がいつで、期間はどのくらいなのか?など、お彼岸について、色々と知らべてみたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

お彼岸の意味と歴史

お彼岸って、春と秋と年に二回もありますし、今まで何度となく経験してたという方も多いかと思いますが、その意味や歴史、ご存知でしょうか?

 

歴史を遡ると、お彼岸の期限はある説では平安時代にあるそうです。そんな昔から?とちょっと驚いてしまいますよね?

 

お彼岸はいつなのか、春と秋のお彼岸の期間を調べてみました。

 

その頃、政権を争う戦いが長く続き、この世から仏の教えがなくなってしまう…というような「末法思想(まっぽうしそう)」が広がり社会現象となったそうです。

 

信者達は、現世(此岸)で報われないのなら、せめて死んでから極楽浄土(彼岸)へいけるようにとすがるようになりました。

 

この思想は、初めは浄土宗の人たちだけの信仰だったようですが、あまりにも戦乱が長く続いたため一般の人にまで広がったんだとか。

 

仏教の教えには、何でもほどほどが良いという「中道」という考え方があるんですね。その考えと合致して出来たのが「彼岸」なんだそうです。

 

 

春分と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。

 

また、暑くも寒くもないほどほどの季節であり、太陽が真西に沈む時期なので、西方極楽浄土の阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいという考えから、次第に人々の生活に浄土をしのぶ、あの世にいる祖先をしのぶ日として、定着していったようです。

 

なんだか難しい感じになりましたが、お彼岸というのは不安から生まれた思想で、太陽が真西に沈む事から西方極楽浄土を拝する日になり、次第に浄土、あるいはあの世のご先祖様を偲ぶ日になったと言う事ですね。

 

 

春・秋のお彼岸の期間は?

学生の頃、理科の授業で習った事を覚えている方もいるかと思いますが、昼と夜の長さが同じになる日が年に二回ありますよね?

 

春の春分の日と秋の秋分の日。

 

お彼岸は、その二つの日を真ん中にするように設定されています。

 

SPONSORED LINK

 

つまり、春のお彼岸は春分の日を真ん中にするように一週間、初日、二日目、三日目、春分の日、五日目、六日目、七日目となります。

 

秋も同様に、秋分の日を真ん中にするように一週間ですので、初日、二日目、三日目、春分の日、五日目、六日目、七日目となる訳です。

 

 

2018年はいつ?日にちは?

先ほど春分の日や秋分の日とお話しましたが、日付の話をしませんでしたよね?なんとこれ、毎年固定という訳ではないんですよね。うるう年なんかが入る為、ずれがあるそうです。

 

そこで今年、2018年の春分の日、秋分の日はいつなのか?というと、

 

・春分の日:3月21日(水)

・秋分の日:9月23日(日)

 

つまり今年の春のお彼岸は、3月18日、19日、20日、21日、22日、23日、24日の一週間ですね。

 

また秋のお彼岸は、9月20日、21日、22日、23日、24日、25日、26日の一週間となります。

 

 

新たな気持ちでご先祖に手を合わせる

毎年何気なく過ごして来たお彼岸でしたが、今回調べたお陰で、大変長い歴史のあるものだとわかりました。平安時代からなんて、本当に凄いですよね?

 

そして、昔良く母が、「今年のお彼岸は…」と言っていた言葉の意味を今理解しました(笑)なるほどですよね?

 

固定ではなく、春分の日や秋分の日がずれる事があるので、それに合わせてお彼岸も多少前後するんですからね。

 

【関連記事】

お墓参りの線香の本数は一人何本立てればいい?線香の意味は?

お墓参りの花はどんな種類がいい?値段の目安。マナーと選び方

 

知っているようで、実は良く知らなかったお彼岸。意味も理解出来た所で、今年は新たな気持で、ご先祖様に手を合わせる事が出来るのではないでしょうか?

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

かき氷やアイスクリームの頭痛の原因。天然水では?治し方と対処

あつ~い夏!!キーーーンッと冷えた、かき氷やアイスクリーム!!最高ですよね♪   でも

記事を読む

東京湾花火大会の穴場スポットと絶景レストラン。大華火祭2018

お台場の発展と共に賑を増した東京湾花火大会。最近では、隅田川花火大会に匹敵する、大規模な花火大会とな

記事を読む

青森ねぶた祭り2018。宿泊で穴場ホテル3選。座敷席おすすめは?

夏の東北最大の祭りと言っても過言ではない「青森のねぶた祭り」。   奈良時代に中国から

記事を読む

香典の金額の書き方。一万円で裏に横書きなら?漢数字のマナー

訃報は、突然のことが多いもの。急な通夜や葬儀に持っていく香典のマナーとは?今回は、意外と知らない香典

記事を読む

太宰府天満宮のアクセスで博多駅からは?お守り種類とランチおすすめ

福岡の有名どころの一つとして、太宰府天満宮があります。知っている人もいると思いますが、学問の神様であ

記事を読む

神田明神で初詣。お守りのご利益の効果は?混雑時間と屋台の出店情報

年が明け、神社や寺院などに参拝する初詣。新年の健康と平安を祈願する日本の伝統的な行事です。 &nb

記事を読む

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?母乳だけでいいの?対処と予防

最近は電気料金の値上げに加えて、夏がどんどん暑くなっていますね。   大人でも注意しな

記事を読む

七五三のお参りの時間帯。仏滅の日はまずい?普段着でお参りは?

我が子の大事なイベント、七五三。毎年11月15日と日にちが決まっていますが、写真の早撮りなどに気を取

記事を読む

とびひで有効な薬。市販薬は?症状と感染原因。大人にもうつるか?

とびひとは、細菌による感染症です。 あせもや湿疹、傷などをかきむしって身体中に広がったことはありま

記事を読む

七折の梅まつりに行こう。2019梅園の開花状況と見どころ

世間でいわれている梅の名所は、昔から梅の花を観賞するために梅が植えられ、それが花を咲かせるころに梅の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑