*

みかん食べ過ぎは太る?幼児や妊娠中は?手が黄色くなる理由。

気づくと家の中にみかんの箱が一箱、どーんと置かれている子供の頃から目にしていた、年末の風景。そのせいか、やっぱり冬はみかんだよね!…と思うのです。

 

私だけ?と思いきや、そうでもないようで、こたつにみかんは、日本の冬の風物詩ですよね。

 

そんな私達日本人の冬に欠かせないみかんですが、食べ過ぎると手が黄色くなる!なんて事、ありませんか?

 

●みかんで手が黄色くなる理由は?
●食べ過ぎると体に良くないの?
●幼児や妊婦への影響は?
●みかんに限らず、「食べ過ぎ」には十分注意

 

そこで今日は、どうして黄色くなるのか?食べ過ぎると体に良くないのか?…などなど、みかんに関する気になる事を調べてみたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

みかんで手が黄色くなる理由は?

美味しいみかん、テレビを見ながらこたつで食べていると、気づくと5つも6つも食べてしまっていて。何気なく手をみると、黄色くなっていた!…なんて事、皆さん経験あるのではないでしょうか?

 

経験をした事はあるものの「じゃあ、なんで黄色くなるの?」という理由って、意外と知られていないですよね?

 

みかんの食べ過ぎは体に悪いのかを調べてみました。

 

黄色くしている犯人、それはみかんの色素、カロテノイドです。

 

特に、カロテノイドの一種「β(ベータ)クリプトキサンチン」が、みかんに豊富に含まれている事が主な原因。

 

βクリプトキサンチンは、ニンジンやトマトに含まれるβカロチンやリコピンなどの色素とは構造が違い、血液に入ると脂肪酸とくっつき、最終的に脂肪細胞にたまる性質を持つ為、食べる量がわずかでも、脂肪にたまりやすく、いっぱい食べれば食べるほど、色素がたまる仕組みなのです。

 

その仕組により、5つ6つと食べてしまうと、すぐに手に色素がたまってしまい、手が黄色く見えると言う訳なんですね。

 

 

中には黄色くなった事で、「黄疸」と思って病院に行かれる方もいるそうです。「えっ!?これって黄疸なの?」と思った方は、まず鏡を見て下さい。

 

鏡に向かってあかんべーってしてみると、眼球の白い部分が見えますよね?そこが黄色くなっていますか?

 

黄色くなっていなければ、黄疸の心配はありませんので、安心してみかんを食べてください!

 

 

食べ過ぎると体に良くないの?

黄疸じゃないから、安心してみかんを食べてください…なんて話しましたが、じゃあ、美味しいからって沢山食べてしまった場合、食べ過ぎになっても問題ないのか?それも気になる所ですよね?

 

昔から、「過ぎたるは及ばざるが如し」といいます。なんでも「過ぎる」のは良くないかも知れませんよね?

 

SPONSORED LINK

 

では、みかんの食べ過ぎはどうなのでしょうか?

 

βカロチンというものがみかんに含まれているようなのですが、これって、過剰に摂取すると、発がん性を高めてしまうものなんだとか。

 

「えーっ!一日に10個くらい軽く食べてたけど、これって大変なの?」発がん性を高めるなんて言われると、驚く方も多いですよね?

 

 

でも、安心してください。例えばみかんだけで、発がん性を高めてしまう程の量のβカロチンを摂取しようと思った場合、なんと、120個もの数を一日に食べないといけないそうです。

 

これって、みかん大好きで食べると止まらない!という方でも、なかなか一日に食べるのは厳しい量じゃありませんか?

 

と言う事で、発がん性が…っていう心配は必要ないですね。

 

ですが、みかんは体温を下げやすい食べ物ですので、胃腸を冷やす事があるそうです。

 

自分は少しお腹が弱いかも?という心当たりのある方は、下痢になりやすいなど、多少影響があるようですので、そういう方は、みかんは控えめに食べてください。

 

1

幼児や妊婦への影響は?

美味しいみかん、では妊婦さんや幼児が食べる場合、何か影響があったりするのか?

 

身近に妊婦さんがいる…または自分が妊娠中の方、そして小さいお子さんの居る方は、気になる所ですよね?

 

小さいお子さんの場合

幼児や高齢者に多く見られるのが、みかんの食べ過ぎてお腹をこわすという症状のようです。

 

先ほども少し触れましたが、みかんは体温を下げやすい食べ物ですので、胃腸が弱い幼児や高齢者の方は、食べ過ぎてしまうと、下痢などの症状を引き起こす原因となるようです。

 

妊婦さんへの影響

これはみかんに含まれるβカロチンを過剰に摂取することで、お腹のお子さんの耳の形態異常が増えるリスクがある…と言われています。

 

ですが、βカロチン自体は、妊娠中でも必要な栄養素。つまりは過剰に摂取する事が良くないという事です。

 

幼児にしても、妊婦さんにしても、過ぎたるは及ばざるが如しという事で、過剰に摂取に注意して食べて頂けば、安心してみかんを美味しく食べて頂いて問題ナイようですね。

 

1 

 

みかんに限らず、「食べ過ぎ」には十分注意

日本の冬に欠かせないみかん。意外な落とし穴があるのか?と心配しましたが、やはりいいものでも過剰摂取はよくない…という事ですよね。過ぎたるは及ばざるが如しで、何事も程々が大事!

 

美味しく食べて元気に過ごす為にも、みかんに限らず、「食べ過ぎ」には十分注意して、美味しく頂いてくださいね。

 

【関連記事】

柿の栄養効果とカロリー。便秘の原因とは?皮ごと食べるのは平気?

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

 

また食べ過ぎの項目で、「発がん性が高くなる」とお話しましたが、みかんに含まれるβクリプトキサンチンは、動物実験でがんの抑制効果が認められ、注目が集まっている色素のようですので、

 

今後色々と研究が進んだら、上手に摂取する事で、逆にがんを抑制してくれる食べ物になるかも知れませんね!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

白菜は栄養ない?生と加熱で栄養素は?効果効能を引き出す調理法

旬の野菜をたっぷりいただくのが大好きです。春には、伸びはじめたばかりの勢いを感じる、筍やアスパラガス

記事を読む

食中毒の症状とは?牡蠣や貝、豚肉・生肉などの食あたりの対処法

雨が続いてジメジメして来る季節、どうしても食べ物も弱りやすくなっていますよね?この季節、心配なのが食

記事を読む

丸かぶり寿司2018年の方角は?美味しい食べ方とは?

丸かぶり寿司という名称は、関西圏の方であれば耳慣れた言葉かもしれませんが、それ以外の地域に住まわれて

記事を読む

干し芋の作り方。簡単に室内で!レシピと保存方法。美味しい食べ方

冬のおやつにぴったりな、甘くてねっとりとした自然素材の干し芋。子供にも安心して食べさせられる優しいお

記事を読む

トマトの栄養と効能。加熱では効果は変わる?妊婦の食べ過ぎの影響

真っ赤に熟れたトマトは瑞々しく美味しくて、サラダやお弁当の彩り、炒め物にも良く合いますし、お料理には

記事を読む

勉強の集中方法。音楽でおすすめは?集中力を高める食事や場所

新年を迎えると、受験生たちの勉強も佳境にさしかかると思います。中学受験から大学受験まで、多くの受験生

記事を読む

嵐山の観光スポットとおすすめ散歩コース。ランチ穴場と安い駐車場

京都観光でも嵐山はとても人気の高いスポットですね。はるか昔平安時代から、貴族たちが多くの別荘を構えて

記事を読む

運動会お弁当のおかず。前日仕込み準備できる簡単メニューとは?

この時期になると、小学校では運動会が催されますね。 運動会といえば、何といっても、子どもたちの競技

記事を読む

花粉症対策に効く食べ物とは?食事で改善する方法。悪い食べ物とは?

日本特有の花粉症、現在ではなんと4人に1人がかかるともいわれています。私も花粉症なんですが、メジャー

記事を読む

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのをご存知でしたか?なんとなく知っていても、七草全てはわからな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑