*

妊娠中や臨月の便秘解消法。体重増加したら?お腹の張りの緩和対策

SPONSORED LINK

お子さんをお持ちの方なら便秘や臨月までの体重管理に悩んだり、ようやく安定期に入ったと思ったら、お腹の張りが頻繁に起こって大変だった、なんて経験はありませんか?

 

ただでさえ辛い便秘もそれが妊娠中にともなれば、更にしんどいですよね…。妊婦さんにも安心して出来る、便秘解消法やお腹の張りに効果的な方法はないのでしょうか。

 

●妊娠中や臨月の便秘解消法。つわり中におすすめは?
●お腹の張りがひどい時は?妊婦でもできる緩和策は?
●妊娠中の便秘で体重が増加したら?増える原因と対策法

 

今回は、これらの内容でお伝えしていきます。

 

SPONSORED LINK

 

妊娠中や臨月の便秘解消法。つわり中におすすめは?

妊娠すると、妊娠初期はホルモンの変化やつわりで、中~後期は腸が赤ちゃんに圧迫されるなどして、どうしても便秘になりがちです。この時期は腹筋などの激しい運動もNGですし、どのような方法で改善をして行ったら良いでしょうか。

 

妊娠中や臨月の便秘解消法。体重増加したら?お腹の張りの緩和対策

 

食物繊維の多い食材を取る

果物

バナナ、りんご、キウイ

根菜

サツマイモ、里芋、ゴボウ、大根、山芋

野菜

キャベツ、ブロッコリー

穀類

麦、玄米

きのこ

しめじ、エリンギ

海藻

わかめ、ひじき

豆類

大豆、小豆、いんげん豆

 

食物繊維の豊富な食材の中から、つわりでも食べやすい物を選んで試してみてください。

 

つわりがなく安定している方は、『水溶性食物繊維』(水に溶けやすいもの:海藻類、ゴボウ、納豆など)と『不溶性食物繊維』(水に溶けにくいもの:根菜類、果物、きのこ類、豆類、穀類など)を1:2の割合で取ると、便秘の改善に効果的です。

 

コーン3

 

水分を多めに取る

便秘の改善には、水分を多く取るのがポイントでもあります。長時間お腹に溜まった便は、水分が無くなり硬くなりがちです。水分を多くとることにより、便を柔らかくして排出しやすくします。

 

妊婦さんはトイレが近くなるため、水分を控える方もいるのではないでしょうか。外出先では気を遣ってしまいますので、お家にいる時などは積極的に水分補給して下さいね!

 

お散歩をする

運動不足になりがちな妊婦さん。たくさん歩こうと言うのではなく、お散歩するような気持ちで、休みながらゆっくり歩いてみてください。体調を見ながら出来るだけ続けられるように、無理なくトライです!

 

 

お腹の張りがひどい時は?妊婦でもできる緩和策は?

マタニティライフ中期を過ぎると、お腹の張りを感じるようになります。何の前触れもなく急にカチカチになってしまうこの張りは、時に痛みを伴うこともあります

 

また、1時間に何度も張りがある場合は、流産や早産の可能性もあり楽観視出来ません。

 

ninsin2

 

お腹が張るのには様々な原因かあります。頻繁に張るのでなければ、妊娠中は自然に起こることです。疲れが出たりストレスを感じた時などにお腹が張ることがあります。原因が分かるならばそれを取り除き、一度リセットすることが大事です。

 

気持ちを切り替えるために、リラックス出来ることをする。例えば音楽を聴く、お茶を飲む、外出するなど。そして、お風呂に入りお腹を温めることも効果的です。

 

SPONSORED LINK

 

妊娠中の便秘で体重が増加したら?増える原因と対策法

昔の妊婦さんは、たくさん食べて元気な赤ちゃんを産んでね!と言われたようですが、現在の妊婦さんは全く違いますね。産院で、臨月まで増えていい体重は○kgまでに!と早い段階の検診で言われますよね。

 

私のお世話になった産院では、8kgまでと決められていました。お産の時、赤ちゃんがあまり大きくなり過ぎないためと、妊婦さん自体に負担が掛からないようにするため、そして年齢を重ねた頃に糖尿病などのリスクを背負わないためにでした。

 

コーン2

妊娠中に便秘になるということは、体重の増加は否めません。赤ちゃんの重さだけでも、足や腰に負担が掛かる妊娠中期から後期。便秘にならずに、目安の範囲での体重増加に留めたいですよね。

 

便の重さは、100~200g前後だそうです。それが数日出ないとなれば、実際の体重よりも1kg前後増えてしまうことになります。そうなれば、検診の際、お医者さんから指摘されてしまうかもしれません…。

 

妊娠すると代謝が悪くなり、排泄する機能が低下してしまうこともあります。また、子宮が圧迫されることにより排泄しづらいため、結果的に便秘になってしまったり、運動不足による腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱まってしまっているのかもしれません。

 

また、赤ちゃんに栄養や血液を送っているため、当然水分も不足しがちになります。

 

ninsin3

 

出そうになくても、朝食後トイレに座ってみる

便意があってトイレに行くのが普通なのですが、そうでなくても座ってみると、何となく出ることもあるんですよ!

 

水分をこまめに摂取

赤ちゃんに使われてしまう水分の他に、妊婦さん自身の分を補給しましょう!

 

ウォーキングなどの軽い運動をしてみる

身体を動かすことで代謝も上がりますし、腸の動きも活発になります。無理なく、気軽に出来る運動から試してみてはいかがですか。

 

 

まとめ

妊娠するって、それだけで大仕事。だって、一つの命をお腹の中で育てるんですから!様々な不調が出てくるものです。不調の原因が何なのかを知ることが出来れば、改善策だってきっと見付かるはずです!

 

トマト3

 

便秘はただでさえ苦しいですから、妊婦さんなら尚のことです。上記に載せた方法を試しても改善がしない場合には、漢方など、赤ちゃんに影響のない薬も研究開発されていますから、一度お医者さんに相談してみるのも良いですよね。

 

【関連記事】
おならが臭い原因は病気?便秘や下痢時の対策。硫黄臭を消す改善法

 

赤ちゃんと出会えるまでもう少し!体調管理に気を付けながら、楽しく元気なマタニティライフをお過ごしくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

もやしに栄養はない?効能はあるのか?いいところと効果的な食べ方

ひょろっと身長が高くて色白の細身の人は、“もやし”と呼ばれていたという話しを良く聞きますよね。私が小

記事を読む

花粉症の薬の副作用とは?妊娠中や授乳中への影響。種類と強さ比較

鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの症状に悩まされる花粉症。花粉症になると、夜も寝つきにくくなり、体調も

記事を読む

玉ねぎの栄養価。加熱と生で違いは?食べ過ぎの害と効果的な食べ方

普段一番よく使う野菜ってなにかなぁ、と考えたら、私はやっぱり玉ねぎです。台所の片隅に麻袋を吊っていて

記事を読む

低温やけどのかゆみや水ぶくれ治療法。カイロや湯たんぽ対処法

寒くなってくると、お布団の中に湯たんぽを入れる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?私が子供を産ん

記事を読む

むくみの解消方法。食べ物やお茶、漢方やマッサージで浮腫み改善

現代人に多いといわれているむくみ。 それらの原因の多くは運動不足であったり、長時間同じ姿勢

記事を読む

五月病とは?原因とチェック方法。症状の治し方。予防方法はある?

入社式や入学式、始業式が終わり、新しい環境での生活が始まった方もたくさんいらっしゃると思いますが、慣

記事を読む

チョコレートの賞味期限切れ。1年前の冷蔵庫で過ぎた物は食べられる?

私はチョコレートが大好きで、冷蔵庫に常備しているのですが、一度に食べると太るので少しずつ食べることに

記事を読む

鼻づまりの解消と原因。ツボとペットボトルで鼻の通りを良くする方法

鼻がつまっていると酸素が足りなくてイライラするし、頭の働きも鈍くなり、仕事にも勉強にも身が入らない…

記事を読む

かぼちゃの栄養と効果的な食べ方。種に効能はあるの?妊娠中の摂り方

夏になると畑に目立つようになる、大きな実、かぼちゃ! 最近は秋のハロウィーンでももてはやされる存在で

記事を読む

蚊アレルギーの症状とは?腫れる原因や水ぶくれの治し方。対処法は?

段々と気温が上昇して、開放的な季節へと移り変わっていって、さぁ夏!一年で一番活動的で薄着になる、イベ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑