*

鶴岡八幡宮の初詣。2019年の混雑状況と空いてる時間帯

鎌倉のシンボルとされる鶴岡八幡宮。その歴史は、鎌倉幕府を開いた源頼朝公が、由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地に移したことが始まりと言われています。

 

また、現在の本殿は、江戸幕府11代将軍徳川家斉公が造影した代表的な江戸建築としても知られています。現在では、国の重要文化財に指定されているのです。

 

●アクセス方法は?
●初詣の参拝時間や期間、参拝人数は?
●混雑時間、待ち時間、回避するには?
●屋台が出ている時間、その他

 

今日は上記の内容で、鎌倉の街のシンボルとして有名な鶴岡八幡宮の初詣について書いていこうと思います。

 

SPONSORED LINK

 

鶴岡八幡宮へのアクセス方法は?

鶴岡八幡宮の初詣へ出かける際、初詣の期間は混雑からの交通規制により車で参拝はご遠慮いただいているそうですので、電車などの公共機関を使うことを強くおススメ致します。

 

鶴岡八幡宮の初詣。混雑状況と空いてる時間帯

 

というわけで、電車でのアクセス方法をご紹介致しますね。

 

●電車をご利用の場合

JR鎌倉駅東口より徒歩10分
江ノ電鎌倉駅より徒歩10分

 

通常の期間ですと、もちろん駐車場はご利用いただけます。駐車場は40台、1時間600円となります。

 

ただし、くどいようですが、お正月期間は公共機関をご利用ください。車で来ても、参拝できずがっかりすることになります。

 

 

初詣の参拝時間や期間、参拝人数は?

初詣期間として、大晦日の12月31日~1月3日まで24時間開放されており、1月4日は0:00~21:00まで参拝可能となります。つまり、大晦日から1月4日の21:00頃までは終日開放されているので、いつでも参拝できるということです。

 

1月5日以降は通常時間に戻りますので、6:00~20:30までとなり、入場料無料で参拝も自由です。

 

また、初詣期間は駐車場に車を停めることができませんが、通常に戻る1月5日以降は停めることができます。駐車場は9:00~19:30まで利用することが出来ます。

 

SPONSORED LINK

 

例年混雑を見せる鶴岡八幡宮ですが、例年約250万人の参拝客が訪れます。開運家内安全縁結び厄除けなどのご利益がありますので、お正月の参拝者数は全国でもトップクラスの賑わいなのですね。

 

鶴岡八幡宮の初詣はとても混雑するので、時間帯に気を付けて行くようにしましょう。

上の写真は源平池。有名ですよね~。

 

混雑時間、待ち時間、回避するには?

何度も交通規制が行われると書きました(しつこかったですかね)が、それに合わせて入場規制も行われます。入場できれば、それほど大混雑!!というわけではありません。

 

しかし、当然ですが入場するまでにかなり待たなければなりません。

 

a8de6cc7a185e7e71cc8f86e9ccd8fa3_s

 

一番混雑するのは大晦日のカウントダウンが始まる頃から元旦午前3時頃まで。この時間に参拝したいのであれば、数時間待ちの覚悟で並びましょう。

 

ピークを過ぎた元旦午前4時から6時頃までは比較的スムーズに進みます。しかし、朝が早いので、無理だと思う方も多いでしょう。その場合は、1月3日夕方以降がお勧めです。

 

ピーク時に比べると、それなりに混んではいても、案外楽に進めるかと思います。

 

また、三が日に拘らない人にお勧めなのが、1月4日昼から「手斧始式」、1月5日午前中には「助魔神事」が行われるので、合わせて参拝してもいいですね。

 

 

屋台が出ている時間、その他

初詣に屋台は付き物!!…ということで、お正月三が日はほとんどのお店が遅くまで営業しています。しかし、4日以降は日没後に閉めてしまうお店が多いのだそうです。

 

そして、7日頃にはほとんどのお店が撤収してしまうのです。

 

しかし、やはり屋台の雰囲気はお祭り好きにはたまらないですよね!営業時間はお客さん次第、という感じですので、みなさんわんさか押しかけましょう!

 

ただ、日中は行列になりなかなかお店までたどり着けないのだとか…。

 

tsuruokahachimangu_001

 

お参りを大晦日に済ませてしまう、という方でしたら、日付が変わった元旦、そう、まさにみんな並んで入場待ちをしている時間帯が狙い目です!ですがあくまで、屋台目当てで行く方へのお勧めです。

 

年が明けてからきちんと初詣をしたい方にはあまり参考にはならなかったでしょうか…。とはいえ、初詣はお祭りのあの雰囲気も楽しめます。

 

寒さ対策をしっかりして、一人一人周囲に気を配ることができれば、素敵な新年を迎えられそうですね。

 

6127fa963c158b40e1417f57299765ed_s

 

歴史好きにはたまらない鎌倉鶴岡八幡宮。ぜひ、今年の初詣にいかがでしょうか?

 

【関連記事】

川崎大師の初詣の混雑。2019年の予想、混み具合は?

 

こちらも有名は初詣スポット「川崎大師」について、混雑状況などの情報をお届けしております。気になる方は合わせてお読みになってください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

歓迎会のお礼の挨拶、新入社員メール例文はこれを使おう!

今年も入社や転勤の季節を迎えましたね。新しい環境で歓迎会を開いて貰ったという人も多いことでしょう。歓

記事を読む

喪中はがきの年賀状の返事はどうしたらいい?文例とマナーまとめ

いまや当たり前の常識となっている、その年の家族または親族に不幸があった場合、毎年年賀状で新年の挨拶を

記事を読む

仙台七夕花火2018。穴場スポットはここ!ゆっくり見れる場所

ここ数年以上、花火大会に行けてない…家事やら育児やらに振り回されて、家族で出かけるにもタイミングが合

記事を読む

節分の豆を食べる数と理由とは?豆まきの種類。残りのリメイクレシピ

皆さんは節分に豆を食べますか?私も小さい頃から、節分には豆を食べていたので毎年食べているんですが、歳

記事を読む

クリスマスプレゼントで彼女が喜ぶランキング!人気ネックレスや時計

クリスマスですね。街全体がクリスマスムード一色になるこの時期、心もワクワクしますね。そして何より恋人

記事を読む

定期券払い戻しの計算方法。利用途中は使用期間いつまで可能か?

普段何気なく便利に使用している定期券。   でも何らかの事情により、定期券が不要になっ

記事を読む

カラオケランキング女性編。盛り上がる歌いやすい曲を年代別に紹介

現在30代後半の私は、最近めっきりカラオケに行く機会も減りましたが、10代後半から20代前半は毎日の

記事を読む

長崎くんち2018日程。スケジュールと交通規制。桟橋席の値段は?

長崎県長崎市の諏訪大社例祭として有名な「長崎くんち」。   諏訪大社に敬意を表して、「

記事を読む

東京湾花火大会の穴場スポットと絶景レストラン。大華火祭2018

お台場の発展と共に賑を増した東京湾花火大会。最近では、隅田川花火大会に匹敵する、大規模な花火大会とな

記事を読む

金閣寺のアクセス方法。京都駅からバスなら?時刻表と所要時間

皆さんは京都と言えば何を思い浮かべますか?神社仏閣や和菓子、舞妓さんや鴨川など京都らしいものはたくさ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑