*

アパートとマンションの違い。ハイツやコーポで防音性が高い構造は?

年度末から年度始まりは引っ越しが多い時期ですね。そこで今回は、マンションとアパートはどこが違うのかをテーマに調べてみました。

 

賃貸物件には、マンション、アパートさらに、コーポやハイツなど、いろいろな呼び方がされているけど、これってなにか決まりがあるのでしょうか…。

 

●アパートとマンション。ハイツやコーポの違いとは?
●防音性が高い構造とは?騒音や音漏れしやすいのは?
●アパートとマンションのメリット・デメリットを教えて?
●一人暮らしならどっちがおすすめ?住みやすいのは?

 

これを機に、両者の違いをしっかり把握しておきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

アパートとマンション。ハイツやコーポの違いとは?

早速ですが、アパートとマンション・ハイツやコーポの違いについて、結論からいいます。

 

実は、これにははっきりとした規定があるわけではないのです。

 

不動産屋さんが、これは「マンション」、こっちは「アパート」とすれば、その呼び名になるのです。みなさん意外だったと思います。

 

mansion_apartment_007

 

ところが、一応の線引きはあるようです。一般的に、木造や軽量鉄骨造の準耐火・低層物件「アパート」鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリート造などの耐火構造の集合住宅「マンション」と呼んでいます。

 

ハイツやコーポについては、英単語の意味から推測できます。ハイツは「高台」を表しています。

 

そして、コーポは「共同住宅を表しています。ですので、この条件に当てはまれば、どれでもハイツやコーポになるわけです。

 

アパートとマンションの違い。ハイツやコーポで防音性が高い構造は?

 

防音性が高い構造とは?騒音や音漏れしやすいのは?

続いて、防音性についてご紹介します。

 

アパートとマンションでの防音性の高い構造はどっちであるかといえば、一般的な定義に当てはめた場合、マンションのほうが鉄筋コンクリートなどの耐火構造で遮音性が高い構造となっております。

 

mansion_apartment_005

 

私が一人暮らしをしていた時のアパートは、遮音性も悪く、隣の家の声がまる聞こえとはいわないまでも、話しているなという印象を受けました。

 

あまりにも騒がしいと、となりに筒抜けなのがアパートの特徴でしょう。

 

SPONSORED LINK

 

アパートとマンションのメリット・デメリットを教えて?

では、アパートとマンションのメリット・デメリットについて、以下にまとめてみました。

 

●マンション
 
mansion_apartment_001
 
鉄筋コンクリート鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造
高層住宅も可能
遮音性が高い
高級感がある
●建築費がかかる分、賃料はアパートより高い
エレベータがあり(4階以上の場合は必ずつく)、管理人がいる場合も多いため管理費が高い

 

 

●アパート
 
mansion_apartment_002
 
木造軽量鉄骨造の準耐火構造
2階建てが多い
●構造上、高層住宅は不可能
●建築費が安い分、賃料は安い
エレベータなし(2階建てが多いため)、管理人もいない場合が多く管理費が安い

 

どうでしょうか?

 

これを見る限り、コストを落としてアパートにするか、それともコストを高めにしてもメリットの多いマンションにするかは、みなさんの個人的なものとなります。

 

mansion_apartment_003

 

一人暮らしならどっちがおすすめ?住みやすいのは?

最後に、アパートとマンションでは一人暮らしに向いているのはどちらなのか?ご紹介しておきます。

 

まずは、自分が住む家の特徴が、自分の求めているものに合致しているかどうかが大切です。

 

例えば、楽器をするのであれば、防音性が高いマンションのほうがいいでしょう。そして、家賃を押さえたいのなら、アパートになります。

 

mansion_apartment_004

 

ただ、住みやすさでいうと、個人的な感想として、木造アパートなどは、熱が閉じこもりにくいので冬場は寒いです。

 

また、ガスに関しても、プロパンが多いので、コストもかかっていまいます。これは、都市ガスのほうがはるかに安いです。

 

しかし、最近はオール電化のマンションやアパートが増えてきているので、ガスを使うマンションとアパートが減ってきているのも現状です。

 

【関連記事】

一人暮らしの費用は一か月いくら?東京で学生と社会人の場合

 

以上、個人的な感想として、一人暮らしはマンションよりはアパートなどの賃料が安いところに住み、家族を持ったらマンションに引っ越して、自分の家を持つのが定石な気がしますね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

小学校の夏休み2018。期間はいつからいつまで?東京や全国の日程

年月が経つのは早いですね。この間入学式かと思ったのにもう夏休み?あっという間ですね。  

記事を読む

熱田神宮の初詣で混雑する時間帯。元旦、2日、3日の状況

関西地区では知らない人はいない、毎年230万人もの人出を誇る由緒ある熱田神宮。三種の神器である草薙神

記事を読む

入学祝いの相場。大学や高校進学なら?孫や甥・姪へ渡す金額は?

受検シーズンもひと段落し桜便りが待たれる季節になると、あちこちで「入学」の話が聞こえてくるようになり

記事を読む

刈和野の大綱引き2018。開催時間や駐車場。2017年の結果は?

寒い日々が続きますがいかがお過ごしですか?年が明けて、各地で様々なイベントが行われています! &n

記事を読む

羽子板市2017。時間は何時まで?値段はいくらから?価格の相場

最近、若い女性のなかで歌舞伎がブームになっているとか?   浅草寺境内で毎年行われる羽

記事を読む

カラオケランキング女性編。盛り上がる歌いやすい曲を年代別に紹介

現在30代後半の私は、最近めっきりカラオケに行く機会も減りましたが、10代後半から20代前半は毎日の

記事を読む

ヘルパンギーナの症状。大人は感染する?治療と食事。登園の目安

夏風邪ってなぜひくのでしょう?私は、梅雨時に風邪をひいてしまいました。38度以上の熱が出て、いつまで

記事を読む

赤ちゃんの暑さ対策。夏の夜を快適にするグッズ。ベビーカーの対処

近年は大人でも夏の間に熱中症で倒れてしまった方がニュースで報道されていたりしますが、大人よりももっと

記事を読む

七五三の時期はいつ?お参りは数え年、満年齢か?2017早見表

わが子の健やかな成長を祝う七五三。 毎年11月15日が七五三の日だけど、お参りやお祝いは成人式のよ

記事を読む

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑