*

東京大神宮の初詣2019年。混雑状況と待ち時間は?

縁結びで有名な東京大神宮。2019年は絶対に相手を見つけたい、または今のお相手との縁をもっともっと深めたい、という方には、東京での初詣デートのスポットとしては有力候補になるのではないでしょうか。

 

今回は、

●初詣デートにオススメの東京大神宮とは?
●混み具合と待ち時間は?
●屋台はあるの?
●喪中の時に初詣に行っても良いの?

 

といったテーマに沿って、東京大神宮の初詣について混雑状況などを紹介していきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

初詣デートにオススメの東京大神宮とは?

東京大神宮は「東京のお伊勢さま」として親しまれている、日本で一番初めに神前結婚式が行われた神社です。

 

東京大神宮の初詣について、混雑状況や屋台など調べてみました。

 

伊勢両宮のご祭神と天之御中主神をはじめとする、結びの働きをつかさどる「造化の三神」が併せまつられていることから、縁結びに御利益のある神社として有名です。

 

縁結びに関するお守りもたくさんの種類がありますし、可愛らしいモチーフのお守りも多いので、初詣デートを予定されている方は、東京大神宮での初詣を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

【アクセス方法】

JR中央線、東京メトロ「飯田橋駅」から徒歩3分です。駐車場はありませんので、車で行くのは避けましょう。

 

 

混み具合と待ち時間は?

恋愛成就のお守りや恋みくじ、縁結び絵馬の御利益が有名になってきているため、平日でも女性の参拝客が多く人気のある神社ですので、初詣の時期は確実に混雑していることを覚悟して行きましょう。

 

元旦であれば、2、3時間は行列に並ばないと入れない事があります。どうしても三が日の間に初詣に行きたい場合は、早朝の午前9時頃までに到着するように行くと比較的スムーズに参拝出来るようです。

 

SPONSORED LINK

 

また、三が日は境内で銘酒「白鷹」の樽酒と伊勢名物「赤福」、特製おしるこの振る舞いがあります。1日は0時から4時までと9時から17時まで2日、3日は9時から17時まで行われています。

 

この他にも、三が日は8時から10時まで先着1,000名にミニ干支絵馬の配布があったりします。

 

三が日の間の初詣は長時間の待ち時間になることが予想されますので、寒さ対策などしっかりしてから向かうようにしてくださいね。

 

<宮崎あおい挙式で有名:初詣で混雑する東京大神宮>

 

屋台はあるの?

東京大神宮では屋台は出ていません。初詣で屋台を楽しみたいのであれば、東京大神宮で早朝に参拝を終えた後、神田明神や明治神宮に足を伸ばしてみると良いかもしれませんね。

 

●神田明神

東京都千代田区外神田2丁目14-10
03-3254-0753

 

 

 

特に明治神宮は屋台の出店数も多く、イートインスペースもしっかりと用意されていますので、カップルや友達と行ってもしっかり楽しめるのではないかと思います。

 

東京大神宮の初詣はとても人気あります。混雑はかなりするもようです。

 

●明治神宮

東京都渋谷区代々木神園町1-1

03-3379-5511

 

 

喪中の時に初詣に行っても良いの?

喪中の時は、神社や仏閣へのお参りは控えるべきとの話を聞くと思いますが、実は全てがダメということではありません。正確には、神社へのお参りはしてはいけませんが、お寺へのお参りは問題ないのです。

 

これは、神社は死を穢れと考えるため喪中の間は鳥居をくぐる事が出来ませんが、仏教では死は穢れとは考えないことに基づいています。

 

喪中なので神社に初詣に行けない場合は、お正月にお墓参りに伺い、そのまま初詣をするという形を取ってみても良いかもしれませんね。

 

45505517_480x360

 

さて、ここで気になるのは神社へに初詣は絶対にしてはいけないのか、というと神社によってはそうではないケースがあります。

 

神道においては、没後50日を過ぎていれば鳥居をくぐっても良いと言われています。ですから、没後50日を過ぎていれば、神社へお参りすることが可能です。

 

 

ただ、この日数は地域や神社によって異なる場合がありますので、参拝前に神社に確認してみることをオススメします。

 

また、いくら50日を過ぎているからといってもお正月の期間に行くのはあまり褒められたものではありませんから、小正月(1月15日以降)を目安にお参りに行くのが良いかと思います。

 

【関連記事】

東京の縁結び神社で有名?妖精が棲む恋愛運がUPする場所

 

こちらの記事でも、東京大神宮の他に東京の有名な縁結び神社を取り上げておりますので、是非とも合わせてチェックしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

太宰府天満宮の梅見頃。2019年の開花状況と梅祭り最新情報

太宰府天満宮といえば菅原道真公が祀られているとして、とても有名ですよね。でも、それだけじゃありません

記事を読む

伊勢崎花火大会2018。穴場の観覧スポット。場所取りはいつ行く?

日本の夏といえば、花火大会は外せませんね!ですが夏休み中は、お盆中だけでなく、また土日に限らず、とに

記事を読む

鴻巣花火大会2018!穴場のよく見える場所とは?場所取りの時間

花火は大好きだけど、どうも夏に弱くて。真夏に汗だくで出かけるのって苦手。なんていう人には必見の、秋ま

記事を読む

年男年女とは?年齢と意味。厄年が重なる場合は?節分の豆まきの由来

新年を迎えたということで、今回は年男・年女についてよく耳にするので、こちらについて調べてみました。

記事を読む

幼稚園・保育園の卒園式スーツ。ママのおすすめ服装と注意点

ついこの間まで寒い風が頬を撫でていたのに、気が付けば暖かな日差しと心地よい風が体を包んでくれる季節に

記事を読む

金閣寺のアクセス方法。京都駅からバスなら?時刻表と所要時間

皆さんは京都と言えば何を思い浮かべますか?神社仏閣や和菓子、舞妓さんや鴨川など京都らしいものはたくさ

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣2019年。混雑状況、混み具合は?

伏見稲荷大社とは、その名の通り「おいなりさま」の総本山!稲荷神社といえば、耳に馴染みのある神様ですよ

記事を読む

勝山左義長まつり2019。どんど焼きのスケジュールは?

お祭りにも様々ありますが、中には火を使うものや、音楽を奏でるもの、など様々です。普段身近にあるものだ

記事を読む

忘年会の案内状でメール例文。社内へのお知らせ文章の書き方と文例

いよいよ年末も近づいてきました。12月は師走というように、師も走るぐらい忙しいと喩えられるわけですか

記事を読む

目黒川の桜まつり2018。お花見クルーズ、ライトアップほか見どころ

東京のお花見スポットといえば、皇居や上野公園、代々木公園、隅田川・・・とたくさんありますが、去年の某

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑