*

秩父夜祭2018の日程。花火の穴場スポットはどこ?ツアーの申し込み方法

日本全国には、実にさまざまな祭りが存在します。そしてその数は、何と10万とも30万ともいわれています。その中で、旅行をしてでも見たい祭りのトップは、京都の祇園祭り、青森のねぶた祭り、札幌雪祭りと続くそうです。

 

残念ながらこのランキングのトップ10には入っていませんが、今回は、日本三大曳山祭&三大美祭の1つである、秩父夜祭にスポットを当ててみたいと思います。

 

空気の澄んだ冬の秩父の夜、豪華な花火、雅を競う山車、なんともロマンティックでワクワクしませんか?それでは、

 

●秩父夜祭とは?歴史と由来。
●2018の日程とアクセス。見どころは?
●花火の打ち上げ場所と時間。観覧の穴場スポットは?
●秩父夜祭バスツアーについて。申込み方法は?

 

こんな順序でご案内申し上げますので、是非ご覧ください。

 

SPONSORED LINK

 

秩父夜祭とは?歴史と由来

さきほど、三大祭云々と申しましたが、京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並び、この秩父夜祭を日本三大曳山祭・三大美祭と云い、国指定重要民族文化財に指定されているのだそうで、300年以上の歴史があるそうですよ。

 

古来、冬に行われる祭りの多くは、秋の収穫を喜び共に一年の労働をねぎらう、地域の大事な行事です。

 

更に秩父の夜祭は、秩父神社の女神様(妙見さま)と武甲山の男神様(蔵王権現さま)の年に一度の逢瀬をお祝いした事が目的とか?

 

なんとも素敵なお祭りですね。だから、昔は妙見祭りとも言ったのですね。

 

秩父夜祭の日程。花火の穴場スポットは?ツアーの申し込み方法

 

それから、秩父神社、三峯神社、宝登山神社の三神社を、人々は秩父三社と呼び、ともにパワースポットとして人気を博しているそうです。

 

12月3日の大祭には、豪華絢爛な4大の屋台と2台の笠鉾が独特のリズムにのって、曳き回されます。

 

夜には無数のぼんぼりに火が灯され、夜空には次々に仕掛け花火やスターマインが打ち上げられ、祭りも最高潮に達するのだそうです。三大美祭と云われるその美を音色と共に、ご堪能ください。

 

09_txt41_01

 

2018の日程とアクセス。見どころは?

日程・開催場所など

開催日:

2018年12月2日(日) 10:00~20:00

2018年12月3日(月) 9:00~22:00

※メインは2日の宵宮と3日大祭 花火はこの両日です。(羊山公園)

 

開催場所:埼玉県秩父市 秩父神社

 

来場者数: 183,000人(2014・期間中合計)

 

やはり見どころは、12月3日(月)の大祭。ライトアップされた山車と夜空に咲いた大輪のスターマインのコラボレーションでしょうか?

 

こちらの動画もご覧ください。

 

 

団子坂の曳き上がりで、お祭りはクライマックスを迎えるといいます。

 

 

アクセス方法

公共交通:秩父鉄道 秩父駅から徒歩 6分位

自動車:関越自動車道 花園ICより約30分

 

交通規制がありますので渋滞は必至です!お車の場合はどうぞ時間に余裕を持って、いらしてください。

 

2015年度の正式な時間表はまだ発表になっていません。お手数ですが、各支部へお問い合わせください。

 

09_txt41_02

 

 

お問い合わせ先

秩父観光協会公式 http://www.chichibuji.gr.jp/

秩父観光協会 秩父支部

埼玉県秩父市野坂町1-16-15 

TEL : 0494-21-2277

FAX : 0494-21-2278

 

秩父観光協会 吉田支部

埼玉県秩父市下吉田6585-2

TEL : 0494-72-6083

FAX : 0494-77-1529

 

秩父観光協会 荒川支部

埼玉県秩父市荒川上田野1427-1

TEL 0494-54-1059

 

秩父観光協会 大滝支部

埼玉県秩父市大滝985

TEL : 0494-55-0707

 

SPONSORED LINK

 

花火の打ち上げ場所と時間。観覧の穴場スポットは?

宵宮:12月2日 19時~20時

 

大祭:12月3日 19時半~22時頃

 

打上げ場所:羊山公園予定

 

花火は御旅所から見ると、 笠鉾や屋台と共に楽しめて最高ですが、 ハッキリ言ってものすごい人混み!!

 

観覧場所の予約申し込みもあるようですが、そちらは観光協会へお問い合わせくださいね。

 

 

そこで、道の駅ちちぶはいかがでしょう?

ここですと日中は笠鉾や屋台を見て、 晩に花火を見るという両得?かもしれませんよ。

 

09_txt41_03

 

秩父夜祭バスツアーについて。申込み方法は?

18万人以上の混雑が予想されるお祭りです。バスツアーを考える方々も当然いらっしゃることでしょう。

 

交通費が比較的安い、寒さがしのげる、眠れる、お酒OKとメリットも多い。旅行社によって多少の差はあると思いますが、関東エリアからですと日帰りツアーで、大体9,000円弱です。

 

 

こういったバスツアーは非常に人気ですので、ご希望の方はこまめにチェックして早めに予約すると良いでしょう。『○○発日帰りバスツアー秩父火祭』などで、WEB検索してみてください。

 

【関連記事】

浅草酉の市2018日程。屋台は24時間営業?熊手の買い方と返し方。

羽子板市2019。時間は何時まで?値段はいくらから?価格の相場は?

 

過去の平均気温データから見ますと、12月3日は気温13度、最低6度となっています。どうぞ、温かくしてお出掛け下さいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

祇園祭宵山2018!体験者が語る昼間や屋台の楽しみ方とルート紹介

京都の夏を彩る、祇園祭。 京の三大祭のひとつであるこの祇園祭は、丸々1ヵ月に及ぶ長い神事からなるお祭

記事を読む

運動会お弁当のおかず。前日仕込み準備できる簡単メニューとは?

この時期になると、小学校では運動会が催されますね。 運動会といえば、何といっても、子どもたちの競技

記事を読む

日枝神社で初詣のご利益。お守りまさるの効果。混雑状況を避ける方法

江戸時代から徳川将軍家の産土神として創祀され、慶応4年(明治元年)6月11日から日枝神社の称号を用い

記事を読む

年越しそばの理由。時間はいつ食べる?タイミングはある?意味と由来

皆さん、大晦日に食べる年越しそばは何そばですか?   我が家はだいたい天ぷらそばですが

記事を読む

修善寺の梅まつり2019に行こう!梅林の開花状況と見どころ

春の訪れを告げる梅の開花情報がニュースから聞こえてくると、行ってみたくなる梅まつり。  

記事を読む

寒の入りとはいつからなのか?2019年の大寒はいつ?

寒さが厳しくなってくるとよく聞かれる「寒の入り」という言葉、皆さんはきちんと説明できるでしょうか?

記事を読む

クリスマスネイルデザイン2018。やり方が簡単なアート画像あり!

クリスマスが近づいてきたら、クリスマス仕様のネイルに変えたくなりますよね。でもクリスマスが過ぎると、

記事を読む

日光の紅葉の見ごろ時期は?ドライブコースと渋滞時間の予測情報

日光の紅葉もとてもキレイで有名なスポットですよね?特にいろは坂の紅葉はすばらしいです。 私も1度だ

記事を読む

クリスマスは教会でミサ!東京や横浜。大阪や名古屋で礼拝おすすめ

今年もいよいよクリスマスシーズン到来です。   そこで今回はクリスマスを一味違った過ご

記事を読む

明治神宮で七五三。予約受付方法と初穂料の金額。混雑状況は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣を考える方もいらっしゃいますよね。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑