*

刈和野の大綱引き2019。開催時間や駐車場。2018年の結果は?

寒い日々が続きますがいかがお過ごしですか?年が明けて、各地で様々なイベントが行われています!

 

寒がりな私はコタツに入って、ゆったりとまったりとしていたい…って思ってしまうのですが、せっかくのイベント!家族で行きたいなっていう願望もあるわけで……新しい1年を楽しい気分でお迎えしたい!な~んて思っているのかも?

 

ちょっとこの時期のイベント事を調べてみたいなぁ……と思っていたところ、ちょっとおもしろそうなのを見つけちゃいました!刈和野の大綱引って知ってます?

 

…というわけで今回は、「刈和野の大綱引」について調べてみました。

 

●刈和野の大綱引きとは?
●2018年の開催日時(駐車場の情報も)
●2017年の結果
●見どころは?

 

こんな内容でお届けしていきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

刈和野の大綱引きとは?

上町(二日町)、下町(五日町)と町を分ける大きな綱は、太さなんと2.2mこの大きな綱を引き合う伝統行事が刈和野(かりわの)の大綱引きです。国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

 

kariwano_tsuna_001
(出典元:http://daisen-fc.sakura.ne.jp/)

 

2.2mの綱って想像できます?2.2mって長さではなく、太さですよ?学校の運動会で使う綱のどれ位なんでしょう?なんかもう、想像がつかなくって、どれくらい大きいの?!って感じにドキドキしてしまうのは私だけでしょうか?

 

kariwano_tsuna_002
(出典元:http://daisen-fc.sakura.ne.jp/)

 

この綱引きに使われる大綱は、長さが雄綱が64m、雌綱は約50m重さは10トンにもなり国内最大級。歴史は古く、なんと室町時代から500年以上もの歴史を作ってきました。

 

kariwano_tsuna_003

 

2019年の開催日時(駐車場の情報も)

2019年の開催日程は、

2019年2月10日(日) ※確定情報ではありません

となっています。細かいスケジュールはまだ発表されていませんので、過去のスケジュールを掲載いたしますので、参考になさってください。

 

19:00~ 押し合い
20:00~ 綱合わせ作業
21:00~ 引き合い開始
22:30~ 奉納
 
※引き合いは参加自由です

 

このお祭りは観光客が沢山訪れ、上町と下町に分かれて祭りに参加しているんだそうですよ。さて、会場は刈和野大町通りとなっていますが、地図など詳しいアクセス方法を下記にまとめておきますね。

 

SPONSORED LINK

 

●刈和野大町通り
住所:大仙市字刈和野190-1付近
電話:
0187-75-1111(西仙北支所市民サービス課)
0187-75-1115(刈和野大綱引保存会事務局)
 
kariwano_tsuna_006
(出典元:http://daisen.in.arena.ne.jp/)
 
開催日時:2019年2月10日(日)
 
料金:無料
開催時間:綱引き合い開始予定 21:00~ ※要確認
 

 
アクセス:
・JR「刈和野駅」より徒歩約5分
・秋田自動車道「西仙北IC」より車で約10分
 
駐車場:有(収容台数 200台/無料)

 

 

当日は周辺道路の交通規制があったり、混雑が予想されますので、駅からアクセスも良いことですし、なるべくなら公共交通機関の利用をおすすめします。

 

どうしても車で行かれる方は、無料で利用できる駐車場はあるものの台数が少ない上に参加者も多いので、早め早めの行動を心がけるようにしてくださいね。

 

kariwano_tsuna_005

 

2018年の結果

2018年の結果は上町(二日町)が勝ったそうです!上町が勝つと米の値段が上がり、下町が勝つと豊作になると伝えられています。 …ということは、上町(二日町)が勝ったということは、お米の値段が上がるということですね!

 

kariwano_tsuna_004

 

双方の町が力一杯頑張っているんだとしたら素敵で、ドキドキして、感動しちゃうんじゃないかなって思っちゃいます。頑張って!って応援したら寒いのも吹き飛んじゃうかな?

 

 

見どころは?

大綱引の両町の境界の中心は、旧藩時代の役所井戸の柱の所となっています。今は、この井戸も柱もなくなっているのですが、今も変わらずこの地を中心として上と下に分かれています。

 

 中心は決まっているものの、両町の境界はお互いにかなり入り込んでいて、二日町の境界は大通りの南側、中心の所から五日町の方へ約50m入りこんでいて、五日町の境界は大通りの北側、中心の所から二日町の方へ約50m人りこんでいます。

 

これは、綱引が公平に行われるように、両町が互いに監視できるようにということでこのようにしたもの、といわれています。

 

kariwano_tsuna_007

 

そしてこの勝負は、雄綱と雌綱の結び目が両町とも「此処」まで引かれた時は負けときめられているといわれているのですが、実際は、二日町、五日町のどちらかが勝負を諦めるまで続けられるんだそうです。

 

その「諦めるまで」ですが、記録によると50数分引き合ったのが最長らしく、この大綱引の勝負は1回限りで、やり直しをしたり、 何回か勝負がある、というわけではないので、大綱を50数分引き合ったというのは凄い事だとおもいます。

 

引き合い中、どちらかの大綱、尻綱が切れると、切れた方は一方的に引っぱられて負けとなるのも面白いな、なんて思ったり。

 

【関連記事】

八戸えんぶり2019年の日程。みちのく五大雪まつりとは?

 

この大綱引に参加する人は、老若男女誰でもよくて、人数にも制限はないそうです。自分だったらどっち側について戦うのかを想像してみるのも楽しいかもしれません。

 

もちろん、見るだけでもすごく迫力のあるイベントなので、見学もおすすめですよ!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

卒園式でコサージュは必要?つける位置や場所。色やマナーまとめ

ヨチヨチ歩きだった子供も早いもので、もう卒園。子供の成長が嬉しい反面、ママは卒園式で着る洋服のコーデ

記事を読む

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

寒い冬の季節だけでなく夏も疲れがたまると、風邪をひきやすくなりますね。   風邪予防に

記事を読む

退職願・辞表の書き方。退職届との違いは?例文と理由の具体的例も

私たちが社会人として生活していく中で、季節や状況にあった「文書」を作成することは少なくありません。

記事を読む

お屠蘇とは?意味と由来。おとその作り方と作法。未成年は平気?

今年も残りあとわずかとなってきました。お正月準備に追われている方も多いのではないでしょうか? &n

記事を読む

三浦海岸の河津桜2018開花情報。場所はどこ?駐車場はある?

日本の春といえば、桜。この桜、一般的には九州では3月下旬あたりから、北海道では5月初旬に開花し始めま

記事を読む

明治神宮の初詣。2019年の混雑状況と回避する方法とは?

皆様、どこに初詣行くか決めましたか?おなじみの地元の神社?それとも旅行先で?やっぱり一年の始まりです

記事を読む

神奈川新聞花火大会2018。穴場と見どころ。場所取りのコツは?

夏は各地でたくさんの花火大会が開かれますが、中でも神奈川新聞花火大会は、関東最大級の直径480mに及

記事を読む

五山送り火2018。穴場の鑑賞スポットとホテル情報。交通規制は?

お盆が近づいてきました。夏期休暇の予定を立てている人もいるでしょう。今年の夏期休暇は何をしますか?

記事を読む

寒中見舞いはいつからいつまでの時期か?書き方の文例

年賀状を出しそびれてしまった方に寒中見舞いを出したという方や、喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出

記事を読む

恵方巻の正しい食べ方やルールとは?食べる時間帯はいつ?

節分の風習である「恵方巻」について。きちんとしたルールを実は知らない、という方は多いのではないでしょ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑