*

お中元のお礼状はがき。ビジネスの文例とマナー。個人宛の場合は?

お中元を頂いたら、お礼の気持ちは必ず伝えますよね。でも、その伝え方にもマナーがあることをご存知でしょうか。

 

身内や親しい友人からのお中元であれば、お礼の電話やメールで済ませてしまいがちですが、正式にはお礼状を出すのがマナーです。

 

●お礼状で気を付けたいマナーとは?
●お礼状の書き方。ビジネスの文例
●個人宛の礼状の文例。メールでもいい?

 

今回は、お中元のお礼状のマナーや文例についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

お礼状で気を付けたいマナーとは?

まずは、やはりしっかりとお礼状を出すこと。

電話やメールでのお礼はあくまで略式ですから、しかるべき相手からのお中元に対しては、お礼状を出しましょう。

 

また、お中元を頂いてお礼状を出す場合は、出来るだけ早くお礼状を出すのも大切です。

 

あまりにお礼状を送るのが遅くなってしまうと逆に失礼になりますから、気を付けるようにしてください。

 

お中元のお礼状はがきは、マナーを守って贈りましょう。

 

お中元を頂いたら、お礼状と一緒にお返しを送ってしまいがちですが、一般的にお中元にはお返しは不要とされていることを頭に入れておきましょう。

 

ただ、お付き合いの関係でお返しが必要な方には、お礼状にお返しをお送りした旨を記載し、少しタイミングをずらしてお返しを送るようにしましょう。

 

お中元の時期であれば、お返しは「残暑御見舞」や「暑中御見舞」くらいの時期に行うのが一般的です。

 

<お中元のお礼状>

 

お礼状の書き方。ビジネスの文例

お礼状の正式な書き方としては、便せんに縦書きをするのが基本ですが、会社でお礼状を送る場合、頂くお中元の数が多いこともありますから、便せんではなくハガキに印刷してあるお礼状を用いる場合もあります。

 

大切なことは、頂いたら出来るだけ早くお礼の気持ちを相手にお伝えすることです。

 

SPONSORED LINK

 

<文例>

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 

平素は格別のご厚誼を賜り、深く感謝申し上げます。

この度は、ご丁寧なお品をお贈り頂き、ありがとうございました。

御厚意に御礼申し上げます。

 

暑さはこれから本格化してまいりますから、皆様どうぞご自愛くださいませ。

 

略儀ではございますが、書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

20○○年7月

○○株式会社

代表取締役 ○○○○

 

bon_festival_gifts_001

 

個人宛の礼状の文例。メールでもいい?

知人からお中元を頂いた場合とても親しい間柄であれば、メールでお礼を伝えても問題ありませんが、そこまで親しくない相手からのお中元であれば、やはりきちんとお礼状を出すようにしましょう

 

便せんに縦書きで手書きするのが正式なマナーですが、ハガキに横書きでも問題ありません。

 

大切なことは、感謝の気持ちをすぐに相手に伝えることです。

 

<文例>

暑中御見舞申し上げます。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

この度はご丁寧なお心遣いを頂き、誠にありがとうございました。

今年はまだまだ暑さが続くようですので、どうぞご自愛くださいませ。

 

簡単ではございますが、取り急ぎ書中にて御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

 

20○○年7月

○○ ○○

 

bon_festival_gifts_002

 

いかがでしたでしょうか。

毎年きちんとお礼状の文面を作成し直すのが大変な場合は、本文のひな形だけを作成しておいて、文末の日付のみ手書きで記載することで、翌年以降も使うことが出来ます。

 

御礼の言葉はもちろんですが、相手の体調を気遣う言葉や、今後の発展をお祈りする言葉を加えるのもポイントの1つです。

 

【関連記事】

お中元の時期。関西や九州、北海道で違うの?お中元のマナーとは

 

基本的な点をしっかりと押さえて、相手に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

養老渓谷の紅葉2016。見ごろ時期と名所スポットおすすめコース

秋の紅葉はもちろん、渓流釣りやハイキング、友人や家族と一緒にバーベキューなどアウトドアを手軽に楽しみ

記事を読む

勝山左義長まつり2017。どんど焼きのスケジュールは?

お祭りにも様々ありますが、中には火を使うものや、音楽を奏でるもの、など様々です。普段身近にあるものだ

記事を読む

成人式の髪飾りの作り方。生花・つまみ細工の手作り。激安通販なら?

成人式の日は、手作りの髪飾りで髪型をセットしてみてはいかがですか?成人式のお祝いにプレゼントも良いで

記事を読む

建国記念日の由来、起源とは?驚きの意味を知っていますか?

2月11日は「建国記念の日」。「建国記念日」だと思っている方も多いのではないでしょうか?そして、日本

記事を読む

箱根の桜の開花状況2016。見ごろの時期はいつ?花見の名所と予想

箱根といえば温泉!!年間約二千万人が訪れる人気の旅先です。箱根の魅力は、山々に囲まれた自然の絶景♪四

記事を読む

英語で新年の挨拶を!ビジネス例文なら?友達や恋人に英文メッセージ

年の始まりに新年の挨拶は、しっかりとスマートに済ませておきたいですね。ビジネスで外国人と関わる人も多

記事を読む

入籍日の決め方。2016年の縁起の良い日おすすめは?仏滅の場合

入籍の日の決め方は、「やっぱりお日柄を見てから決めたい!」という方。「いやいや、二人が出会った日が良

記事を読む

2016年の秋から始まるアニメ一覧。おすすめランキングの発表!

皆さん、アニメはお好きですか?アニメというと大人が見るものじゃない、なんて思われる方も多いかもしれま

記事を読む

湯河原の梅まつり2017。幕山公園の開花状況と見どころは?

梅をただ見るだけじゃなくって、イベントを楽しみたい!温泉も楽しみたい!という方におすすめの、湯河原温

記事を読む

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑