*

お中元のお礼状はがき。ビジネスの文例とマナー。個人宛の場合は?

お中元を頂いたら、お礼の気持ちは必ず伝えますよね。でも、その伝え方にもマナーがあることをご存知でしょうか。

 

身内や親しい友人からのお中元であれば、お礼の電話やメールで済ませてしまいがちですが、正式にはお礼状を出すのがマナーです。

 

●お礼状で気を付けたいマナーとは?
●お礼状の書き方。ビジネスの文例
●個人宛の礼状の文例。メールでもいい?

 

今回は、お中元のお礼状のマナーや文例についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

お礼状で気を付けたいマナーとは?

まずは、やはりしっかりとお礼状を出すこと。

電話やメールでのお礼はあくまで略式ですから、しかるべき相手からのお中元に対しては、お礼状を出しましょう。

 

また、お中元を頂いてお礼状を出す場合は、出来るだけ早くお礼状を出すのも大切です。

 

あまりにお礼状を送るのが遅くなってしまうと逆に失礼になりますから、気を付けるようにしてください。

 

お中元のお礼状はがきは、マナーを守って贈りましょう。

 

お中元を頂いたら、お礼状と一緒にお返しを送ってしまいがちですが、一般的にお中元にはお返しは不要とされていることを頭に入れておきましょう。

 

ただ、お付き合いの関係でお返しが必要な方には、お礼状にお返しをお送りした旨を記載し、少しタイミングをずらしてお返しを送るようにしましょう。

 

お中元の時期であれば、お返しは「残暑御見舞」や「暑中御見舞」くらいの時期に行うのが一般的です。

 

<お中元のお礼状>

 

お礼状の書き方。ビジネスの文例

お礼状の正式な書き方としては、便せんに縦書きをするのが基本ですが、会社でお礼状を送る場合、頂くお中元の数が多いこともありますから、便せんではなくハガキに印刷してあるお礼状を用いる場合もあります。

 

大切なことは、頂いたら出来るだけ早くお礼の気持ちを相手にお伝えすることです。

 

SPONSORED LINK

 

<文例>

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 

平素は格別のご厚誼を賜り、深く感謝申し上げます。

この度は、ご丁寧なお品をお贈り頂き、ありがとうございました。

御厚意に御礼申し上げます。

 

暑さはこれから本格化してまいりますから、皆様どうぞご自愛くださいませ。

 

略儀ではございますが、書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

20○○年7月

○○株式会社

代表取締役 ○○○○

 

bon_festival_gifts_001

 

個人宛の礼状の文例。メールでもいい?

知人からお中元を頂いた場合とても親しい間柄であれば、メールでお礼を伝えても問題ありませんが、そこまで親しくない相手からのお中元であれば、やはりきちんとお礼状を出すようにしましょう

 

便せんに縦書きで手書きするのが正式なマナーですが、ハガキに横書きでも問題ありません。

 

大切なことは、感謝の気持ちをすぐに相手に伝えることです。

 

<文例>

暑中御見舞申し上げます。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

この度はご丁寧なお心遣いを頂き、誠にありがとうございました。

今年はまだまだ暑さが続くようですので、どうぞご自愛くださいませ。

 

簡単ではございますが、取り急ぎ書中にて御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

 

20○○年7月

○○ ○○

 

bon_festival_gifts_002

 

いかがでしたでしょうか。

毎年きちんとお礼状の文面を作成し直すのが大変な場合は、本文のひな形だけを作成しておいて、文末の日付のみ手書きで記載することで、翌年以降も使うことが出来ます。

 

御礼の言葉はもちろんですが、相手の体調を気遣う言葉や、今後の発展をお祈りする言葉を加えるのもポイントの1つです。

 

【関連記事】

お中元の時期。関西や九州、北海道で違うの?お中元のマナーとは

 

基本的な点をしっかりと押さえて、相手に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

正月の神棚の飾り方。お供え物のマナー。しめ縄の飾り方とは?

今年も残すところあとわずか。クリスマスが終わったら、すぐにお正月の準備にとりかから無くては…主婦にと

記事を読む

節分の由来。豆まきの意味とは?子供向けに簡単に伝えるなら?

今年も節分が近づいています。   長い冬が明け、春の訪れの予兆を思う「立春」。 &n

記事を読む

富士山の初日の出で綺麗に写真を撮る穴場スポットは?

日本を代表するものの一つに富士山がありますね。富士は日本一の山!といわれているこの山は、毎年多くの観

記事を読む

クリスマスソングの定番とは?洋楽から邦楽の名曲まとめ

今冬ダウンロードするならこれだ!クリスマスソング定番ベスト!!ラジオからクリスマスソングが流れる季節

記事を読む

ヘルパンギーナの症状。大人は感染する?治療と食事。登園の目安

夏風邪ってなぜひくのでしょう?私は、梅雨時に風邪をひいてしまいました。38度以上の熱が出て、いつまで

記事を読む

佐布里池の梅まつり2017。アクセス方法と梅林の開花状況は?

梅の開花情報を聞いて、梅を見に行くにも地方で遠い…。そんな人は、大都市近郊で開かれる梅まつりを見つけ

記事を読む

2016夏のネイル。セルフで簡単にできる人気のデザインとは?

暑くなって夏らしいファッションが増えてきましたね。ネイルも合わせて夏仕様にする人も多いのではないでし

記事を読む

喪中の初詣。神社の参拝がいけない理由。厄除けはできる?

そろそろ来年の事が気になる時期になりましたね。親族にご不幸があって、今年は正月行事をしないと言う方も

記事を読む

NHK引越し住所変更の手続き。放置した場合と解約する方法

春は新生活がスタートする季節でもあります。今年の春から新天地での暮らしが始まるという方も、多いことで

記事を読む

暑気払いの時期と意味。案内文の文例。乾杯の挨拶や締めの言葉

寒暖の差が激しい今日この頃ですが、夏が日に日に近づいているのが、 外の木々や空気でも感じられるよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑