*

目も紫外線で日焼けする?影響と病気。メガネ・サングラスで対策を

日差しの強い季節、日焼け止めなどで、肌の紫外線対策はバッチリという方は多いかと思いますが、皆さん、目の紫外線対策ってしてますか?

 

そもそも目に紫外線対策は必要なの?と、まずはそこが気になると思うのですが、私の使用しているコンタクト、UV対策されています!

 

…という事は、目にも紫外線対策って、必要なのかもしれません。

 

●紫外線による目の影響は?
●目にも日焼けやシミはできるの?
●紫外線で目が痛い時の対処法
●目の紫外線対策にはこれ!
●美肌対策の一環として

 

そこで今日は、目の紫外線対策や、紫外線が目に及ぼす影響、それが原因の病気など、色々と調べてみたいと思います!

 

SPONSORED LINK

 

紫外線による目の影響は?

お肌の紫外線対策はするけれど、目って何か対策されてますか?

 

私は特に気にはして居なかったのですが、たまたま使っている使い捨てコンタクトレンズが、UV対策をしてくれている事から、「これはもしや目も紫外線対策が必要?」と、気にはなっていたんですよね。

 

目も紫外線で日焼けするか、影響があるのか気になりますね。

 

そこで調べてみた所、紫外線が影響して、引き起こされる目の病気があるのです!

 

・急性の紫外線角膜炎

・慢性の翼状片

・慢性の白内障

 

ちょっと調べただけで3つも見つかってしまいました。

 

つまり、目も紫外線から守らないと、大変な事になると言うわけですね?

 

波長が280ナノメートルを越える光が眼内へ侵入します。80%以上は角膜で吸収、角膜を通過した紫外線のほとんどが、水晶体で吸収されます。残りの1~2%は、眼の奥の網膜まで到達してしまいます。

 

蓄積されたダメージが、眼病をひきおこし、目の老化を促進してしまうそうですので、紫外線対策、目も忘れずに行わないといけないですよね?

 

<紫外線対策②〜紫外線の目への影響〜>

 

目にも日焼けやシミはできるの?

肌の紫外線対策は、日焼けやシミを気にしての事ですが、では、目も同じように紫外線を浴びて日焼けしたり、シミの原因になったりするのでしょうか?

 

そこで調べてみた所、衝撃の事実が。

 

目から紫外線を浴びると、なんと肌が日焼けしてしまうのです!

 

SPONSORED LINK

 

目から浴びた紫外線に対して、脳がメラニン色素でガードしようとして、体全体にメラニン色素が増えてしまうんだそうです

 

こんな風に体全体が日焼けしてしまうなんて、これは目の病気だけでなく、美肌を守る為にも、目の紫外線対策、とーっても大事なんですね!!

 

更に紫外線を浴びて、目が痛いなんて経験ありませんか?それは目が「日焼け」をしてしまったからなのです。

 

目が日焼けで痛いだけでも辛いのに、肌まで日焼けしてしまうなんて、目の紫外線、本当に気をつけないといけないですよね。

eye_uvprotection_002

 

紫外線で目が痛い時の対処法

続いては、先ほどお話した目の日焼けの話。目が日焼けしてしまうと、目が痛いんですよね。紫外線を浴びて、なんだか目が痛くて辛いという経験、ありますよね?あれがそうなんです。

 

では、そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

 

まずは目を冷やす。

 

濡れタオルなどを目の上に乗せて、10分程度休んでください。そうする事で少しは痛みが改善されますよ。どうしても辛い、早く楽になりたい…と言う方には、目の日焼けに効果のある目薬もあるそうです。

 

ですが、一時的に充血を取ってくれるものの、その後、かえって充血を悪化させてしまうこともあるようです。

 

私はコンタクトをいつもしている為、常に目薬をさしていますが、目薬って頻繁に使うと、ドライアイを誘発してしまう恐れもあるんですね。

 

ですので、やはり冷やして休む…が一番安全なのではないでしょうか?

 

eye_uvprotection_003

 

目の紫外線対策にはこれ!

肌ばかりでなく、目も紫外線対策が必要という事はわかりましたが、では、どのように対策を取ったらいいのでしょうか?

 

まずは体内から目のケアをしてあげましょう。体内から目の栄養を摂るのに必要なものは、

 

・ルテイン

・ビタミン

・ミネラル

・アスタキサンチン

 

などです。

 

ルテインは緑黄色野菜などに多く含まれていて、紫外線などで体内に発生する活性酸素を除去してくれます。

 

ビタミンは、体の調子を整えたり、病気に対する抵抗力を高めてくれる働きがあります。

 

ミネラルは目や体の老化に繋がる活性酸素に対しても、大変重要な働きをしてくれます。

 

体外からの対策は、

・帽子を被る

・サングラスを掛ける

・日傘をさす

・日陰に入るようにする

…などです。

 

コンタクトレンズを常用している方は、私の使用しているもののように、UV対策されているものがありますので、そういったコンタクトを選んで使うといいと思います。

eye_uvprotection_004

 

美肌対策の一環として

いかがでしたか?肌はみなさん気にされるのですが、目は意外と盲点ですよね?

 

【関連記事】

紫外線量の月別データ。多い季節と時間帯は?曇りや雨天の日は?

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

 

そして目に紫外線を浴びる事で、お肌の日焼けにも繋がるという事ですので、美肌対策の一環として、今後は目の紫外線対策も、しっかりしていきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

しめ飾りはいつまで飾る?期間と処分方法。一夜飾りや使いまわしは?

お正月のしめ飾り、皆さんはいつまで飾っていますか?私は、恥ずかしながら毎年決まった日に外していません

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2016年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。 この冬至の日は、南瓜料

記事を読む

結婚式の服装マナー男性・女性編。アクセサリー他NGタブーまとめ

冠婚葬祭は重なる時は立て続けにくるものです。その中でも結婚式はおめでたいもので、こちらもとても幸せな

記事を読む

熱中症の症状とは?頭痛や下痢。赤ちゃんや子供の症状と応急処置

春が来て、夏が来ると、外で遊ぶ機会も増えてきます。部活や遊びに熱中してしまうと、つい水分補給や休憩を

記事を読む

ゴキブリ対策。エアコン侵入、バルサン駆除やグッズでマンション対策

暖かくなってくると、やってくる黒いアイツ。特に女性は苦手なんじゃないでしょうか?ゴキブリ。 

記事を読む

勉強の集中方法。音楽でおすすめは?集中力を高める食事や場所

新年を迎えると、受験生たちの勉強も佳境にさしかかると思います。中学受験から大学受験まで、多くの受験生

記事を読む

正月の花の意味。いつまで飾る?縁起の良い花と生け方。喪中の時は?

みなさまのお宅ではお正月のお花を飾りますか?帰省や長期旅行で不在になる為生花は飾らない、というご家庭

記事を読む

静電気の除去と防止方法。髪の毛、服やスカートの対策とグッズ効果

寒い季節は特に発生率が高くなる「静電気」。髪の毛の広がりや、金属製のものを触る時のバチッ!!とした痛

記事を読む

節分いわしの由来。食べる理由や意味。地域の違いやいつ食べるか?

節分の時期が近づいてきました。節分といえば、一般的に豆まきを連想されると思います。ですが、地域によっ

記事を読む

子供のクリスマスプレゼント2016!小学生の男の子人気ランキング

小学生の男の子をお持ちのお父さんお母さん。クリスマスプレゼントに何を買ってあげたらいいか毎年悩んでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑