*

節分の豆まき。正しいやり方と作法。マンションで豆まきするなら?

節分の豆まきはご家庭でなさっていますか?

 

季節の節目の行事です。お子さんやご高齢のかたのいらっしゃるご家庭では毎年の恒例行事とされているのではないでしょうか。

 

ですが、よく考えるに節分の豆まきの際にきちんとした作法を守って行っているのかどうか。

 

私事ですが、非常に不安です。長らくは子どもが喜ぶように、楽しく執り行ってきましたが、本当のところはどうなのでしょうか。

 

ここでは、節分についての正しい作法などを取り上げてみたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

節分の豆まきの作法。地方でやり方は違うの?

さて、まずはごく一般的で正しいとされる行いかたを知っておきましょう。全国に通じる典型的な豆まきです。

 

1 豆の準備をします

豆まきに使う豆は「福豆」と呼ばれ、炒った大豆を用意します。

 

大豆は穀霊の宿るといわれる「五穀」のひとつです。五穀の中でもっとも大きい大豆は悪霊を払うのに最適とされました。

 

また炒ることにも意味があるんです。

 

豆まきでまいた豆から芽が出ると災いが起こるという言い伝えがあり、それを避けるためでもあり、また「豆を炒る」が「豆を射る」そして「魔目を射る」「魔滅」との語合せを重んじたものでもあります。

 

2 枡(または三方)に入れて神棚にお供えします。

神棚がないご家庭では、目線よりも高いところに白い紙を畳み敷いてお供えをしましょう。

 

 

3 夜なるべく遅い時間に豆まきをします。

鬼が横行するのは真夜中です。

 

4 豆をまくのは家長が原則です。

 年男、年女、厄年の人がまくのもいいでしょう。

 お留守の場合などはご家族どなたがまいても構いません。あくまでも原則です。

 

5 豆を入れた枡は胸より上の高さで常に持ちます。

 神様の霊力を宿した豆ですから、疎かに扱ってはならないということです。

 

6 豆まきの場所は家の奥まった所から、徐々に玄関に向かって行きます。

 開け放った窓から「鬼はそと!」と唱えながら豆をまき、すぐに閉めます

 

最後に玄関でひときわしっかりと「鬼はそと!」と掛け声をかけて玄関扉を閉めましょう。

 

その後、お部屋の中を巡りながら「福はうち!」と唱えつつ豆をまいていきます。

 

 

7 豆を食べて体の中も厄払いをします。

 豆を食べることによって体の中の鬼も退治します。

 

 新年の厄払いですので、数え年の数を食べるとされています。年齢よりも1つ多くいただきましょう

 

 

さて、では地方によって作法はどれほど変わってくるのでしょうか。

 

成り立ちや作法としてはほぼ同じようですが、多少の地方色が反映されることがあります。

 

豆と一緒にお菓子やお金をまくところもあるようです。

 

各家庭での豆まき行事は、地方色よりも個々のご家庭のルールが個性豊かにあるように思います。

 

生活パターンにもよりますので、お友達のおうちの豆まきルールを尋ね合うのも面白いかもしれませんね。

 

 

そして全国の寺社では鬼を擁護する(助けてあげる!)豆まきを行うところがあります。

 

・その寺社のご神体やご本尊が鬼と関連している場合

 

・鬼を捕らえて改心させてあげる準備のある寺社

 

 

また、節分時に行き場のなくなった鬼を哀れとして、鬼の受入れエリアとして声をあげている地方もあります。

 

鬼という字のついた地やその由来から来ているようです。(群馬県藤岡市鬼石地区、茨城県つくば市鬼ヶ窪地区など)

 

豆まきは大豆?殻付落花生? 地域で変わるの?

また雪国で多いのが、大豆ではなく落花生をまくところ。

 

雪上でも見つけやすく拾いやすく、また殻があるので衛生的ということで広まっているようです。

 

ですがあくまでも「五穀のひとつであり穀霊を持つ」という意味で選ばれている大豆ですので、五穀ではない落花生は環境上や地域性の代替品として始まったものが常套化したものと考えてよさそうです。

 

SPONSORED LINK

 

とはいえ、実は近年、節分用の豆として、ちゃんと落花生もスーパーで売られるようになっているんです。

 

いえ、落花生ばかりではなく、豆菓子やミックスナッツのようなものまでが福豆扱いで販売されます。

 

これは地域性というものではなく、単なる便乗販売に加えて、消費者側も神事としてよりも子供イベントとしての認識へ移行しているということなのかもしれません。

 

ちなみに、大豆と落花生に限ってですが、統計で見ると、関東以北と九州では落花生が多く、以南(以西)では大豆が多いようです。

 

 

マンションやアパートに住んでいる場合の豆まきは?

マンションやアパートなど集合住宅にお住まいの場合はどうでしょうか。

 

ベランダに落ちる分はいいとしても、外に落ちてしまうのは避けなくてはなりません。高層マンションになると尚更ですね。

 

また共同廊下にまいた場合は早急に掃除撤去することが求められます。なんだか世知辛いですが~。

 

 

そこで、一案として挙げられるのが、福豆が数粒から10粒くらいずつ小分けにされているもの

 

福豆ですから、一つ一つの小袋はそれらしく「福豆」と書かれていたり縁起物らしく包装されています。それを小袋ごとまくんです。(ベランダ側にまく際は外に落とさないようにだけはお気をつけくださいね

 

そうすると、簡単に拾い集められますし、拾ったものも中は綺麗なのでちゃんと食べることができます

 

「鬼はそと!」「福はうち!」の掛け声も気になるところですが、その日は節分とわかっていますし、お互い様ということでいいのではないでしょうか。

 

但し、階下やご近所にひどいクレーマーがいるなどという場合は、くれぐれもお気をつけください

 

節分の豆まきに相応しい時間帯はいつ頃?

豆まきをするのに、きちんと決まった時刻というのはないようです。

 

幼稚園や小学校でする場合は日中ですし、寺社の行事として行われるのも昼間が多いですね。

 

 

ただ、鬼というのはモノノケの一種であり、百鬼夜行という言葉のあるとおり、横行するのは専ら人の寝静まった夜中から夜明けまでとされてきました。

 

退治するのであれば、鬼が人の前に現われる時間帯と考えるのが尤もらしいのではないでしょうか。

 

ですので、ご家庭で行うのに相応しいのは夜できるだけ遅い時間、ということになります。

 

また、家内に福を呼び込み戸外に鬼を追い出して締め出す、というコンセプトですから、家族が全員お家に帰宅していることが実は豆まき実行の大きな条件でもあります。

 

それぞれの生活の関係で、なかなかそうはいかない場合もありますが。

 

季節の行事が家庭と家族関係を少し豊かにします

お伝えした節分の豆まきなど季節の行事には、家族で行うものや家族を意識したものが多くあります。

 

日頃自分の部屋に閉じこもりがちな子どもたちやご主人、おじいちゃんおばあちゃん。

 

全員がとり揃うまで待ってから始める何かが、一年に幾度かあるのもいいのではないでしょうか。

 

季節の思い出もこれで作ることができますし、和の心に触れるいい機会でもあります。

 

 

【関連記事】

節分の由来。豆まきの意味とは?子供向けに簡単に伝えるなら?

 

楽しく長く、各家庭で続けて行けるささやかな季節の行いのひとつ。今年もよい節分をお過ごしください。

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

年末の挨拶「良いお年を」の使い方。英語や喪中の際は?

年末に、今年一年の感謝を込めてご挨拶しますね。その際に、「良いお年を」と皆さん言われます。これってそ

記事を読む

建国記念日の由来、起源とは?驚きの意味を知っていますか?

2月11日は「建国記念の日」。「建国記念日」だと思っている方も多いのではないでしょうか?そして、日本

記事を読む

奈良の東大寺二月堂お水取り2017。修二会の日程、時間はいつ?

修二会(しゅにえ)は、お水取り(おみずとり)とも呼ばれ、奈良県にある東大寺で毎年行われている不退の行

記事を読む

ハロウィンとは?時期はいつ?由来と起源。子ども向けに説明なら

みなさん、ハロウィンというとどういったイメージをお持ちでしょうか?魔女・黒ネコ・かぼちゃ・トリックオ

記事を読む

太宰府天満宮の初詣2017。元旦の混雑予想と渋滞を回避する方法

今年も残すところあと少しになりました。受験生の皆さん、そのご家族の方にとってはまさに正念場とも言える

記事を読む

スマホ年賀状アプリで作り方。自宅で印刷は可能?デザインの作成方法

最近は、年賀状もアプリで作る時代になりましたね。年賀状を手書きする人も少ないんでしょうね。 

記事を読む

筑波山の梅まつり2017。梅林開花状況、駐車場の渋滞混雑は?

春が近づくにつれて、梅の開花状況がニュースで伝えられてくるようになると行ってみたくなる梅まつり。

記事を読む

卒園式でママの髪型アレンジ画像。簡単なショート、ロング他まとめ

卒園式は、子どもの髪型も三つ編みにしようか、お団子にしようか色々と悩みますが、ママのヘアスタイルもお

記事を読む

大掃除のコツと場所リスト。順番はどこから始める?計画と便利な道具

今年も残りわずかとなりました。新年を迎えるにあたって、最後に残っているのが、年末の大掃除です。そこで

記事を読む

暑気払いの時期と意味。案内文の文例。乾杯の挨拶や締めの言葉

寒暖の差が激しい今日この頃ですが、夏が日に日に近づいているのが、 外の木々や空気でも感じられるよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑