*

入学祝いの相場。大学や高校進学なら?孫や甥・姪へ渡す金額は?

受検シーズンもひと段落し桜便りが待たれる季節になると、あちこちで「入学」の話が聞こえてくるようになります。

 

ご親戚やお知り合いのご入学なら、まず気になるのがお祝いですよね。

 

「入学祝い」はおいくら包めばいいのか。

 

それは贈る側の立場と贈られる側の立場、それぞれの年齢、双方の関係などで変わってきます。

 

ここでは、基本的なシチュエーションでの入学祝いの相場を考えてみたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

大学・高校の入学祝いの相場。孫や甥・姪で金額は?

まずは高等教育、大学と高校の入学祝いについての相場です。

 

大学の入学祝い

大学への入学祝いは、長い受験を乗り越え、合格という結果を出せたということで、しっかりとした金額のお祝いをする場合が多いようです。合格祝いを兼ねてということでしょう。

 

また大学は授業料や必要ならば一人暮らしの費用などが随分とかかります。その時に役立ててね、という気持ちも含んでのお祝いです。

 

孫や甥姪など、親戚へのお祝いの相場は、30,000円

 

もちろん、入学祝いどころか孫のために授業料の支払いを担ってくれる祖父母もいらっしゃることでしょうが、極端なものは除いての相場です。

 

親しい知人や友達のお子さんへのお祝いは、10,000円

 

 

小学校・中学校の入学祝いの相場。金額はいくら包む?

小学校や中学校への入学祝いについての相場です。

 

小学校の入学祝い

小学校の入学は、本人よりもご両親にとっての晴れ舞台ともいえます。わが子が初めて学校という学びの場に入るのですから、心配は勿論ですが、喜びがそれに勝る晴れやかな節目です。

 

また、文具や制服、さまざまな教材などの購入でなにかと物入りですよね。小学校の入学祝いはご両親に向けてお贈りし、お子さんのご入学に関する何かにお役立てくださいという気持ちでお渡しします。

 

親戚関係にある場合は、5000円

 

親しい知人や友人の子の場合は、3000円

 

SPONSORED LINK

 

中学校の入学祝い

中学校の場合、地元の中学校なのか、入試を経て私立に合格したのか、そういうところでお祝いの額が変わってきそうですが、ここでも全体の相場で考えたいと思います。

 

親戚関係にある場合は、10,000円

 

親しい知人や友人の子の場合は、5000円

 

 

入学祝いを贈る時期はいつ頃? 渡し方について

入学祝いの金封は、5本もしくは7本の紅白水引の蝶結び(又は鮑結)の熨斗袋を用います。

 

お金ではなくプレゼントの場合は、同じく5本もしくは7本の水引の熨斗紙を使ってください。

 

また、渡す際に気をつけるべきなのが、親御さんが見ていないところでお子さんに直接渡してはいけないということです。

 

小中学生ならば勿論ですが、たとえ大学生となってもまだ社会人ではありません。きちんと親御さんを介してお祝いをお渡しするようにしましょう。

 

 

またいつ頃、入学祝いを贈るのがよいのでしょうか。

 

せっかくの入学祝いですから、相手の方のご入学準備などで役立てていただけるのがいいですよね。なのであまり遅くなってしまうのはNGです。

 

小学校や地元中学校など、予め入学が確定している場合は、早めに準備しておきます。そして3月上旬までにお贈りするのがいいでしょう

 

高校や大学などは、入学が決まった時点から実際の入学の3週間前までに贈るのがベストです。

 

ですが、決してその限りなのではなく、それ以降でも、新年度が始まってしまってからでも、気づいた時にお贈りして構いません

 

その際は少し砕けたかたちで、例えば文具券や図書カードなどにし、カジュアルなお祝いとしてお贈りするのもいいでしょう。

 

 

お祝いの金額はそれぞれ違っていい

お祝いの金額の相場を考えてきました。

 

ですが、贈る人の年齢や立場によっても大きく変わってきます。

 

また親戚とのつながりの密度各家庭の経済環境によっても全く違ってくるものです。

 

 

送る側に余裕があり、相手が苦学するようでしたら、多少の援助の意味で多めに包んであげればいいですし、逆に贈る側が経済的に辛い場合は、無理をせず、その時に出来る限りのお祝いをさしあげるのでいいと思います。

 

【関連記事】

入学祝いでお返しの相場は?時期とのしの書き方

入学祝いのお礼状の例文。本人から親戚への書き方なら?

 

形よりも心で、これから大いに学び成長していくお子さんたちの前途を応援して差し上げてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

昭和の日の由来とは?いつから始まった?みどりの日との違い

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきて春の気配を感じるようになってきました。計画的な

記事を読む

深大寺だるま市へ!2019年スケジュール。駐車場と混雑時間は?

江戸時代から続く、調布深大寺(じんだいじ)の風物詩であるだるま市。   以前はだるまや

記事を読む

口臭の原因。胃との関係。病気の疑いは?歯石やコーヒーで臭い?

自分では良く分からないからこそ気になる。それが口臭ですよね?   すぐ自分で気がつけれ

記事を読む

大阪城公園の桜を見に行こう!2018開花予想。お花見イベント情報

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきました。この間散歩をしていたら、近所に梅の花が咲

記事を読む

成人式お祝いプレゼント。男性、女性、彼氏・彼女が喜ぶ品は?

成人式のプレゼントで悩まれた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?   少し

記事を読む

鏡餅っていつまで飾るの?かざる期間を大検証しました

鏡餅を飾り始めると、今年も終わりだなと実感される方が多いのではないでしょうか。   年

記事を読む

お墓参りお供えは持ち帰りで食べるのは?家の仏壇に利用はいい?

お花と水とお線香…お墓参りって、他になにか用意するものはある?いざお墓参りに行こうと思うと、何が必要

記事を読む

ひな祭りの由来、食べ物の意味は?縁起が良い食べ物とは?

梅の花も見頃を迎え、もうすぐ春がやってきますね。春といえば桃の節供「ひな祭り」ですよね。娘も早く雛人

記事を読む

子供のクリスマスプレゼント2018!小学生の男の子人気ランキング

小学生の男の子をお持ちのお父さんお母さん。クリスマスプレゼントに何を買ってあげたらいいか毎年悩んでし

記事を読む

年賀状の挨拶で結婚報告。出席した友人や上司への文例。式の前なら?

本当に早い~!あっという間に今年も終わりですね。年末年始、みなさんはどのように過ごされますか? &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑