*

ディズニーのハロウィン2018。全身仮装の期間と混雑状況は?

秋と言えば、最近ではハロウィンが一大イベントの一つともなってきていますね。

ディズニーでは毎年のようにイベントが開催されておりますので、みなさんにも馴染みあるものだと思います。

 

そこで今回は、ディズニーのハロウィンに関して調査してみました。

ちなみに、記事のタイトルでは「ハロウィン」と表記していますが、ディズニーのイベントでfは、ハロウィーンの表記だそうです。

 

以下、今回の見出しになります。

●全身仮装できる期間はいつからいつまで?
●仮装のルールや注意点。更衣室はあるの?
●イベント中の混雑状況と攻略法は?
●ディズニーハロウィンの仮装。通販おすすめ衣装

 

ディズニー好きにはたまらない一大イベントの一つですね。是非、みなさん参考にしてください。

 

SPONSORED LINK

 

全身仮装できる期間はいつからいつまで?

まずは、全身仮装できる期間についてです。

 

東京ディズニーランド(以下TDL)と東京ディズニーシー(以下TDS)の2018年ディズニー・ハロウィーンは、

2018年9月11日(火)~10月31日(水)

に開催されます。

 

期間は同じですが、2つのパークではそれぞれ異なるハロウィーンが開催され、TDSでは人気アトラクションの1つ「タワー・オブ・テラー」がハロウィーン期間限定のスペシャルバージョンで楽しめるようですよ!

 

さて、仮装できる期間ですが、昨年は20周年ということで期間中全日仮装ができましたが、今年も期間前日から仮装ができるようです!

仮装できる期間:2018/9/10(月)~31(水)

期間が長いので、是非仮装して楽しみたいものですね!

 

 

仮装のルールや注意点。更衣室はあるの?

仮装のルールや注意点についてまとめておきたいと思います。

 

ディズニーキャラクターに仮装しましょう

  1. ディズニー映画・番組(実写も含む)・ゲームに登場するディズニーキャラクター
  2. TDL、TDSに登場するディズニーキャラクター(アトラクションも含む)
  3. TDL、TDSでのパレードやショーなどのエンターテイメントプログラムに出演するダンサーや出演者(過去実施分も含む)

 

過度なメイクや危険なアイテムはNG!

  1. お面やゴムマスク、特殊シールなどで顔が分からなくなる仮装はNG!
  2. 肌の色と違う色で顔を塗る、血や傷跡を描く、ひげを付けるなどの仮装メイクでは入園できません。普段外を歩いているくらいのメイクが基準です。

 

露出が多い服装や全身タイツはNG!

  1. 肩ひものないもの、おなかの露出などはNG!基準はファミリーが安心して楽しめる、パークの雰囲気を乱さないものです。
  2. 水着や下着・全身タイツはNG!
  3. 裾をひきずってしまうような長いドレスや装飾(ヴェールなど)も危険なのでNGです。

 

マナーを守りましょう!

  1. できる限りご自宅や宿泊先のホテルで着替えやメイクをしてから行きましょう。
  2. 公共の施設、パーク内外のレストルームおよび、多機能レストルーム、コインロッカーなどを使用しての着替えやメイクはやめましょう。
  3. 通行の妨げとなる団体での行動や場所の占拠などの、他人に迷惑になる行為はやめましょう。
  4. 他人を撮影する際は、相手の了解を得た上で行いましょう。また、他人が写りこむこともありますので、周りに配慮するようにしましょう。

SPONSORED LINK

 

仮装については、以下の公式サイトにも詳しく記載されています。不安であれば直接インフォメーションに問い合わせをしてみるのもいいかもしれません。

 

更衣室についてですが、あるのですが、オープン1時間前から使用可能なようです。

ただし、当日は込み合うことが必至なので、あらかじめ仮装をしてから行かれるほうが良いと思われます。

ルールとして禁止されているわけではなく、むしろ推薦されているといった感じのようです。

 

halloween_disney_2015_002

 

イベント中の混雑状況と攻略法は?

さて、イベント期間中はだれでもわかる通り、混雑は避けられません。

 

ただし、イベント期間初期にかけては、世間ではハロウィンムードではないため、それほどの混雑が予想されていませんから、開催の一週間を目安に出かけてみるのもいいかもしれません。

 

そしてねらい目は、平日がベストのようですが、これまた、当日TDLかTDSに行ってみないことにはわからないようです。

 

攻略法とは言わないまでも、待ち時間を過ごすためには、雰囲気を楽しむのもいいですし、見知らぬ人と仮装の写真を撮り合ったりするのもおススメな気がします。

 

また、ディズニーホテルに泊まれば早めに入園できるので、こちらを利用する方もいるようです。

 

 

ディズニーハロウィンの仮装。通販おすすめ衣装

最後に、ディズニーハロウィンの仮装について、通販(楽天市場)でおススメの衣装を、私個人的な意見でいくつか紹介させていただきますね。

 

ミッキーなどの王道ではなく、まずはこちらはどうでしょうか?

 

 

ミニーの人気も高いので意外にいいかもしれませんが、年齢層は若い感じになってしまうかもしれませんね。またこちらの衣装は、お値段もそれほど高くないのでおススメです。

 

 

続いて、アナ雪のエルサ風のこちらも値段もお安く、いい感じだと思います。人気も衰えることなくおススメですよね。

 

コスプレ コスチューム妖精 プリンセス

コスプレ コスチューム妖精 プリンセス
価格:1,295円(税込、送料別)

 

 

最後に、ドナルドの衣装であるこちらを紹介します。

こちらは、ただ単純に私がドナルド好きということだけで取り上げましたが、モコモコ感もありおススメです。

 

 

以上、3つほど取り上げて紹介させていただきましたが、参考にしていただければと思います。

 

halloween_disney_2015_003

 

こうして色々と知らべてみると、ハロウィンのディズニーは色々と規制もあり、混雑なども避けられないのが現実なのがよくわかりました。

 

ですが、夢の国には、そんなことも忘れさせてくれるものがあると思います。みなさんも是非、ハロウィンのイベントに参加して楽しんでみてはいかがですか?

 

【関連記事】

ハロウィンネイルアート2018!簡単セルフやり方とシールデザイン

 

こちらの記事では簡単に出来るハロウィンのネイルアートを紹介していますので、是非とも合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

清水寺の安い駐車場。拝観時間と人気のお土産。周辺ランチなら?

京都でも有名な観光名所「清水寺」には、毎年たくさんの人が訪れます。京都といえば、道が混雑するイメージ

記事を読む

羽子板市2019。時間は何時まで?値段はいくらから?価格の相場

最近、若い女性のなかで歌舞伎がブームになっているとか?   浅草寺境内で毎年行われる羽

記事を読む

高尾山の紅葉2018!見ごろ時期と混雑状況。おすすめ鑑賞コース

東京の八王子市西方にある「高尾山」は、年間200万人を超える世界一の登山者数を誇ります。 都心から

記事を読む

五山送り火2018。穴場の鑑賞スポットとホテル情報。交通規制は?

お盆が近づいてきました。夏期休暇の予定を立てている人もいるでしょう。今年の夏期休暇は何をしますか?

記事を読む

大阪のクリスマスデートスポット!昼間からディナーのおすすめプラン

クリスマスに恋人とデートなんて、とても素敵でロマンチックですね。大阪ではたくさんの場所でのイルミネー

記事を読む

桜盆栽の育て方と手入れ方法。初心者にもできる剪定と植え替え

春と言えば日本人はどうしても桜を連想してしまいますよね?そんな桜、見に行くのではなく、自宅にあればい

記事を読む

破魔矢の飾り方と2019年の方角。はまやの置き場所はどこ?

破魔矢とは正月の縁起物として神社や寺院で授与される矢の事で、「魔除け」や「一年の好機を射止める」など

記事を読む

葛飾納涼花火大会の穴場2018。屋台は出るの?ゆっくり見れる場所

7月、8月は各地でたくさん花火大会が催されますよね。皆さんはどの花火大会に行かれますか?中にはいける

記事を読む

キャンプ料理おすすめメニュー!簡単な初心者向け。子供が喜ぶ品

梅雨が明けたら、いよいよアウトドアの季節の到来ですね。アウトドアの中でも不動の人気なのがキャンプ。

記事を読む

神奈川新聞花火大会2018。穴場と見どころ。場所取りのコツは?

夏は各地でたくさんの花火大会が開かれますが、中でも神奈川新聞花火大会は、関東最大級の直径480mに及

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑