*

片頭痛の原因とは?吐き気や肩こりの対処法。頭痛に効くツボとは?

SPONSORED LINK

唐突に激しい頭痛が襲ってくる片頭痛。その頻度も決して少ないものではなく、多い方では週に1〜2回も起こることがあり、日常生活に支障をきたすこともしばしばです。

 

今回はそんな、辛い片頭痛の原因と対処法についてご紹介していきます。

 

●片頭痛の症状とは?
●片頭痛の原因とは?
●自分でできる片頭痛の対処法と治し方

 

こんな内容でお届けしていきますので、片頭痛にお悩みの方は、是非とも参考にしていただけたらと思います。

 

SPONSORED LINK

 

片頭痛の症状とは?

片頭痛の症状の特徴は、ズキンズキンという脈打つような強い痛みが起こることにあります。

 

その頻度も月に1〜2回、または週に1〜2回というような頻度で頻発に起こるのも特徴の1つで、身体を動かすとガンガン頭に響くために、仕事や家事が手に付かなくなり、日常生活に支障をきたすこともあります。

 

migraine_004

 

また、吐き気や嘔吐も伴うことも多く、普段は何とも思わない光や、音に対して敏感になるというような随伴症状が出る方もいます。

 

片頭痛は痛みが起こる前に、目の前がチカチカしたり、視界が欠ける、視界の一部分に歯車のようなギザギザしたものが見えるなどの前兆が起こる方もいます。

 

この前兆が5〜60分程度続いた後、60分以内に片頭痛の激しい痛みが起こるのが一般的ですが、このような前兆の他に、手足が痺れたり、しゃべりにくくなったりする前兆が起こることもあります。

 

また前兆を伴わない場合でも、身体がだるくなったり、イライラしたり、食欲が通常以上に出て、甘い物が異常に食べたくなったりするなどの予兆を伴う場合があります。

 

片頭痛の原因を知らないと、とても怖いですね。

 

片頭痛の原因とは?

片頭痛の原因はまだはっきりとは分かっていません。ただ、頭蓋骨内の血管が何らかの理由で広がってしまい、炎症を起こしているためというのが有力な説です。

 

頭蓋骨内の血管が広がってしまう理由としては、

血小板からセロトニンという物質が放出されて一度脳の血管が収縮した後、セロトニンが分解されて減少することによって、収縮した血管が拡張し、痛みが起こる

という説が1つ。

 

SPONSORED LINK

 

もう1つは、

脳の顔面周辺の間隔をつかさどる神経である三叉神経が何らかの原因で刺激を受け、血管を拡張させる作用のある様々な物質を分泌することによって血管が拡張して炎症が起こり、痛みが起こる

という説があります。

 

いずれの場合も、このような現象が起こるのはストレスや疲労に加え、片頭痛が女性に起こりやすいものであることから、女性ホルモンも何らかの形で関わっているのではないかと考えられています。

 

migraine_002

 

自分でできる片頭痛の対処法と治し方

片頭痛が起こっている時に、入浴や運動、マッサージなどを行うと更に血管が拡張されてしまいますので、絶対にやめましょう。

 

片頭痛の発作が起こった時には、まず第一に安静にすることが大切です。光が気になる事も多いですから、部屋を暗くしてベッドに横になりましょう。

 

この時に寝てしまえるようであれば、そのまま眠ってしまいましょう。

 

migraine_007

 

睡眠を取ると、過敏な状態になっている脳を沈静化させることが出来ますし、拡張した血管を収縮させる働きがあるとも言われています。

 

横になるのが難しい場合は、しばらくの間座って安静にするだけでも効果的です。

 

 

また、頭を冷やすことで痛みがラクになることもあります。保冷パックや氷枕などをタオルで包んで、頭の下に置いて横になりましょう。

 

氷枕などがない場合には、保冷剤や冷却シートなどを額に当てるだけでも痛みが取れることがありますので、試してみてください。

 

migraine_009

 

それから、片頭痛対策として有効なのがツボ。ここでは、片頭痛に効果があると言われている、2つのツボをご紹介します。

 

 

完骨(かんこつ)

完骨

 

耳の後ろ側にある骨の膨らみの下の部分から、指1本分上の所にあります。

 

頭を傾けて、指に頭の重さがかかるようにし、指も上に押し込む感じで押しましょう。首筋全体をマッサージするとより効果があります。

 

 

天容(てんよう)

天容

 

完骨よりも指1本くらい下の部分、下あごの角の下にあるツボです。完骨と同じ筋上にありますから、筋全体をマッサージするイメージで押しましょう

  

 

次に、吐き気や肩こりも合わせて起こる片頭痛について、対処法をご紹介します。

 

片頭痛に吐き気や肩こりも伴っている場合は、眼精疲労が原因で片頭痛が起こっている可能性が高いです。

 

migraine_010

 

パソコンやスマホなど、目を酷使するような状況が続いていると、眼精疲労が起こりやすくなりますから、適度に休息を挟みつつ、肩の筋肉を回してほぐすようにしてみてください

 

また、目薬の使用も眼精疲労を和らげてくれます

 

migraine_011

 

眼精疲労など無縁の生活を送っているのに吐き気や肩こりを伴う場合は、五十肩などの肩関節の異常や、脳の病気の場合もありますので、症状が気になる方は、一度医師に相談してみてください。

 

片頭痛を引き起こす原因は様々ですが、ストレスや疲労などもその原因となります。

 

migraine_012

 

最近、睡眠不足が溜まっていたり、生活が不規則になっているようであれば、一度自身の生活スタイルを見直して、普段から片頭痛の予防を心がけるようにしてくださいね。

 

<片頭痛が!短時間でどこでもスッキリ!!>

 

いかがでしたでしょうか。片頭痛がひどい場合には、自分で対処しようとせずに医師に相談し、最適な対策ととるようにするのも大切なことです。

 

片頭痛に有効な対策は人それぞれ違いますから、自身の症状にあった対処法を探してみてくださいね。

 

【関連記事】

昼寝をすると頭痛になる原因は?吐き気やだるい症状の解消法

 

お昼寝をすると頭痛に悩まされている方はいませんか?上記記事ではそんな「お昼寝すると起こる頭痛」について原因や解消法をまとめていますので、気になる方は是非読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

むくみの解消方法。食べ物やお茶、漢方やマッサージで浮腫み改善

現代人に多いといわれているむくみ。 それらの原因の多くは運動不足であったり、長時間同じ姿勢

記事を読む

ヘルパンギーナの症状。大人は感染する?治療と食事。登園の目安

夏風邪ってなぜひくのでしょう?私は、梅雨時に風邪をひいてしまいました。38度以上の熱が出て、いつまで

記事を読む

じゃばらの花粉症の効果は?ジュースやサプリメントで対策しよう

花粉症で長年お悩みの方は、何かいいものはないか?常に色々な対策情報にアンテナを張っているかと思います

記事を読む

枝豆の栄養効果。冷凍と生で効能は違う?食べ過ぎで病気や太るか?

代表的な夏野菜の枝豆!美味しい時期は7、8、9月の間。ご存知かと思いますが、大豆を若いうちに収穫した

記事を読む

納豆の栄養と効果的な食べ方。毎日1パックで食べ過ぎの害はある?

納豆嫌いの人もいますが、私は納豆が好きです。何もしなくてもそのまま食べて美味しいところが特に好きです

記事を読む

布団の湿気対策。フローリング床に布団を敷いた際のカビ、湿気取り

湿気の多い梅雨、気になる場所は沢山ありますよね?皆さん、お布団の湿気対策ってどうされてますか?直接肌

記事を読む

熱中症の症状とは?頭痛や下痢。赤ちゃんや子供の症状と応急処置

春が来て、夏が来ると、外で遊ぶ機会も増えてきます。部活や遊びに熱中してしまうと、つい水分補給や休憩を

記事を読む

さつまいもの栄養とカロリー。皮も食べるほうが良い?妊婦への効果

ホクホクあま~いさつまいも。美味しいですよね~。お料理にもお菓子にも、我が家では1年中大活躍のお芋で

記事を読む

トマトの栄養と効能。加熱では効果は変わる?妊婦の食べ過ぎの影響

真っ赤に熟れたトマトは瑞々しく美味しくて、サラダやお弁当の彩り、炒め物にも良く合いますし、お料理には

記事を読む

ピーナッツの栄養と効能。食べ過ぎの影響は?一日の適量は何粒?

ピーナッツチョコレートやピーナッツバターなど、ピーナッツ関連のものは好きな私ですが、ピーナッツ自体っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑