*

汗かきの改善、治す方法は?ツボや漢方、運動で顔や頭の汗対策

以前にこちらの記事、汗かきの原因は?顔や頭、子供の汗っかき。病気で多汗症の疑い?で汗かきの原因について書きましたが、今回はその解決方法についてまとめました。

 

●汗かきを改善とするツボ
●漢方で体質改善できるのか?
●運動やトレーニングで治すには?
●その他の汗っかき対策

 

今のうちに対策をして、これからの季節を快適に過ごしましょう。ぜひ、参考にして下さいね。

 

SPONSORED LINK

 

汗かきを改善とするツボとは?

人間の身体には様々なツボがありますが、実は汗を止めるツボもあるんです。まず、とっさの時も簡単に押せるところから。

 

合谷(ごうこく)

合谷

 

身体の水分量を調節してくれるツボです。身体の熱も調節してくれます。

 

人差し指と親指の骨を、手首の方向に向かって指でなぞってみてください。この2つの骨が合流した地点から、少し人差し指よりに上がったところにツボがあります。

 

その周辺を押してみて、にぶい痛みを感じる場所が合谷です。ちょっとくぼんでいます。

 

ちなみにこの合谷、「万能のツボ」と言われていて、汗対策以外にも視力や眼病、頭痛、肩こり、お通じなどにも効くと言われています。普段から押していると、体調よく過ごせるかもしれません。

 

 

後谿(こうけい)

後谿

 

身体の熱を鎮めてくれるツボです。手をグーでにぎって、小指の付け根あたりにピョコっと飛び出る部分があります。そこをぐーっと押しましょう

 

<合谷の簡単探しかた>

 

漢方で体質改善できる?

東洋医学の漢方を使って体質を改善するという方法もあります。

 

sweating_008

 

西洋医学の医薬品と違って即効性はありませんし効果も個人差がありますが、徐々に体質を改善していくため、副作用の心配も低いと言われています。

 

SPONSORED LINK

 

五苓散(ごれいさん)

体内の水分の循環をよくし、無駄な水分を身体から排出します。

 

桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)

体の熱を発散し、汗を調節します。

 

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

多汗症の漢方薬としてよく使われている漢方で、多汗・むくみのある方に効果があります。

 

sweating_005

 

漢方は薬局やインターネットでも購入できますが、体質や体調によってその人に適した漢方というのは変わってきます。自己判断で適切な漢方を選ぶのは非常に難しいので、病院に行って医師の判断を仰いだ方がよいでしょう。

 

こちらから漢方に詳しい医療機関を探すことができます。

参考サイト:漢方のお医者さん探し

 

sweating_006

 

運動やトレーニングで治すには?

太っていて汗っかきならば、運動することで改善ができるかもしれません。

 

前回の記事でも書きましたが、太っているとその脂肪が断熱材となって、身体の熱を発散できなくなって、熱をさますために大量の汗をかいてしまうのです。

 

なので、運動して脂肪という断熱材を減らすことで、熱放出をスムーズにして汗をかきにくくすることが可能です。

 

一番の近道は、有酸素運動です。

 

ウォーキングや軽いジョギングを1日30分程度やってみましょう。少量の運動でかまいません。毎日続けることが大切です。

 

また、以下の動画のような自宅でできる有酸素運動を少しずつ続けていくのも良いと思います。

 

 

その他の汗っかき対策とは?

どれもこれも試してみたけどイマイチという方には、オドレミンという塗り薬があります。

 

オドレミンは塩化アルミニウム液のことで、簡単にいうと、汗を出す汗腺の穴をふさいでしまって、物理的に汗を止める作用があります。

 

粘膜や傷口には塗ることができません。

参考サイト:オドレミンとは~効果や使い方、販売店について~

 

 

あと、舞妓さんが実行している半側発汗という方法。

 

 

これは腋より下の胴回りを圧迫すると、圧迫箇所よりも上の部分は汗をかかないというものです。上半身でかくはずだった汗は、圧迫部位よりも下で発汗されます。ぜひ、気になる方は使ってみて下さい。

 

今回ご紹介いたしました各種汗かきの改善方法を実践したりしても、一向に改善されず、病気を疑ってお悩みの方は、是非こちらの記事もお読みになってみてくださいね。

 

【関連記事】

汗かきの原因は?顔や頭、子供の汗っかき。病気で多汗症の疑い?

 

本来、汗をかくことは代謝を促し気持ちの良いものです。病気が原因の汗かきでない限り、少しずつ改善しつつ清潔にケアしていけると良いですね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

花粉症の薬の副作用とは?妊娠中や授乳中への影響。種類と強さ比較

鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの症状に悩まされる花粉症。花粉症になると、夜も寝つきにくくなり、体調も

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

アーモンドの栄養成分。健康効果は1日何個?食べ過ぎはどうなる?

最近、アーモンドを使った食品が各種店頭に並ぶようになってきました。アーモンドの健康効果、栄養効果が特

記事を読む

アスペルガー症候群の子どもとの接し方。クラスの子との付き合い方は?

前回『アスペルガーの子どもの特徴とは? 原因や遺伝の確率。治る治療法は?』の記事で、アスペルガー症候

記事を読む

じゃばらの花粉症の効果は?ジュースやサプリメントで対策しよう

花粉症で長年お悩みの方は、何かいいものはないか?常に色々な対策情報にアンテナを張っているかと思います

記事を読む

花粉症に効くヨーグルトの食べ方とは?効果はあるの?種類と量は?

花粉症ってどうやって対策すればいいんだろう、ってお悩みではないですか?目薬をさしても、お薬を飲んでも

記事を読む

卵の賞味期限切れはいつまで食べれる?ゆで卵や加熱すれば大丈夫?

我が家では、だいたい一週間に一回10個入りの卵のパックを買うことが多いです。だいたい使いきれるのです

記事を読む

熱中症の対策と予防法。食べ物や牛乳。飲料で子供や赤ちゃんを守る

夏が近づくと気になるのが熱中症ですが、しっかりと対策は取れているでしょうか。この熱中症、まだ記憶に新

記事を読む

春が眠いのはなぜ?眠気の理由、原因とは?だるい時の対策

ぽかぽかとした暖かいおひさま。優しく吹き抜ける心地よい風。寒さが抜けた、暖かい春の気候はついつい、眠

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2017年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。   この冬至の日は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑