*

貧血の原因とは?男性と女性、高齢者が貧血になる理由、原因は?

わたし貧血気味で…」というと、儚げな印象を持ったり、守ってあげたくなったりますが、実は当の本人は結構つらいんですよね、貧血。

 

子供たちも一時期貧血気味で、学校で保健室に運ばれたりしていたので、心配していた時期もありました。

 

幸い今は落ち着いていますが、実は貧血で悩んでいるのは子供だけでなく、大人・高齢者にも多いというのはご存知でしたでしょうか。そこで今日は、大人の貧血についてまとめてみました。

 

●女性の20%が貧血患者!貧血の原因とは?
●要注意!男性の貧血の原因とは?
●高齢者の貧血の原因とは?

 

こんなテーマでお届けしますので、貧血でお悩みの方々は是非とも最後まで読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

女性の20%が貧血患者!貧血の原因とは?

女性の5人に1人は貧血持ちと言われています。

 

女性の貧血患者の多くは、生理や子宮筋腫・子宮内膜症などの婦人科系の病気で出血量が多くなり、その結果体内の鉄分が不足してしまう、鉄欠乏性貧血が原因と言われています。

 

そもそも貧血とは何かというと、血液の赤血球の中にある、ヘモグロビンが減少することにより起こる症状です。

 

 

このヘモグロビンは身体中に酸素を運ぶ役割を果たしているため、これが減少すると身体が「酸欠」状態となって、様々な症状を引き起こしてしまうのです。

 

代表的な症状としては、めまい、たちくらみ、動悸、息切れ、倦怠感、だるさ、肩こりなどですが、これらの症状って結構「疲れてるからかな」とか「気のせい」とか軽く考えてしまうんですよね。

 

でも深刻になってくると生理不順を引き起こし、不妊の原因になることもあるので大変注意が必要です。

 

anemia_005

 

そして、生理や婦人科系の病気の他にも、貧血の原因になるものがあります。それは食習慣。偏食や過度なダイエットで、貧血になってしまうケースも多いと言われています。

 

また、赤ちゃんを母乳で育てている女性も、母乳に鉄分が奪われてしまうため貧血になりやすいです。

 

他にも再生不良性貧血や溶血性貧血といった原因もありますが、こちらはより深刻なケースなので、日常生活に支障をきたすようであれば、一度医療機関に受診して医師の診断を仰いだ方がよいでしょう。

 

anemia_006

 

要注意!男性の貧血の原因とは?

女性に比べて、男性は貧血にならなそうだなと思ってしまいがちですが、実は男性でも貧血になる人は多く、しかも、その原因は鉄欠乏性貧血ではないことが多いのはご存知でしょうか?

 

当然のことですが、男性は女性と違い生理や婦人科系の病気とは無縁です。

 

では何故、貧血になるのかというと、それ以外のところで、出血している可能性が高いからということになります。

 

SPONSORED LINK

 

そしてその多くは、胃・十二指腸潰瘍、胃ガン、大腸ポリープ、大腸ガンを患っていて内出血を起こしている可能性が高いのです。

 

貧血症状が酷いので病院に行ったらガンが判明したというケースも少なくないそうで、たかが貧血と侮っていると大変なことになります。

 

anemia_002

 

高齢者の貧血の原因とは?

高齢者の貧血も実はとても多いと言われています。しかもその過半数は、消化器官の悪性腫瘍で起こる内出血が原因といわれています。

 

それ以外の原因のほとんどが、感染症、膠原病、悪性疾患、腎疾患、肝疾患、内分泌疾患などの血液疾患以外の病気が原因で起こる二次性貧血といわれています。

 

anemia_004

 

高齢者の貧血で気をつけたいのが、「自覚症状がない」ということです。

 

普通だったら立っていられないような重度の貧血でも平然としている場合が多いため、それ以外の部分で貧血を見逃さないように注意するのが大切です。

 

ポイントとしては、消化器官で出血していないかどうかを便の色で確認する、医療機関で血液検査をおこなうことです。

 

anemia_005

 

いかがでしたでしょうか。 今回は貧血の症状と原因について書きましたが、以下の記事で対処法や対策をまとめましたので、あわせて読んでいただけると幸いです。

 

【関連記事】

貧血の対処法。応急処置は?食べ物やサプリメントで貧血の対策

 

貧血は、ご自分のその症状や原因を知ることで、より適切な対処法や対策がとれると思いますし、きちんと治療をすれば治ります。貧血持ちだから・・・と放っておかずに、不安な方は医師の診断を受けましょうね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

ほうれい線の原因。骨格や筋肉で肌への影響。片側だけの原因は?

女性の肌の悩みはつきないもの。年を重ねれば重ねる程、悩みは増えて来てしまいますよね?特に加齢で一番目

記事を読む

赤ちゃんの熱が出た時の対処法。お風呂は入る?病院に行く目安

お母さんからもらう免疫が切れてくる生後6ヶ月頃から、赤ちゃんは突然の高熱を出すようになったりします。

記事を読む

顔のたるみ解消法。原因とは?エクササイズや体操で改善と防止を

この間久しぶりに飲み会に行ってきたんですが、ほら、ああいうところのトイレの照明ってスポットでライトを

記事を読む

ズッキーニは栄養ない?栄養価と体に良い効能とは?すごい効果まとめ

ズッキーニはペポカボチャの仲間で、ウリ科の植物です。アメリカ南部からメキシコ北部が原産地の夏野菜で、

記事を読む

花粉症にワセリン。目や鼻に効果的な塗り方は?種類と副作用まとめ

今年は例年に比べ、スギ花粉の飛散量は少ないという話です。   花粉症の私は一瞬喜びかけ

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

口臭の原因。胃との関係。病気の疑いは?歯石やコーヒーで臭い?

自分では良く分からないからこそ気になる。それが口臭ですよね?   すぐ自分で気がつけれ

記事を読む

静電気の除去と防止方法。髪の毛、服やスカートの対策とグッズ効果

寒い季節は特に発生率が高くなる「静電気」。髪の毛の広がりや、金属製のものを触る時のバチッ!!とした痛

記事を読む

蚊アレルギーの症状とは?腫れる原因や水ぶくれの治し方。対処法は?

段々と気温が上昇して、開放的な季節へと移り変わっていって、さぁ夏!一年で一番活動的で薄着になる、イベ

記事を読む

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

寒い冬の季節だけでなく夏も疲れがたまると、風邪をひきやすくなりますね。   風邪予防に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑