*

みかんの栄養と効果効能。皮や白い筋に栄養はある?生とジュース比較

みなさんは、みかんはお好きですか?私は、みかんに目がありません。スーパーに出回る冬には、箱買いをしてしまいます。楽しみに箱を開けるたび、物凄い勢いで減っていくみかん…。

 

犯人は、我が家の三太郎たちです。私の…みかんがぁぁぁ(>_<)

 

みかんはビタミンCが豊富で、風邪の予防に効果的と言われていますよね。みかんにはどんな栄養が隠れているのでしょうか?

 

●みかん1個に含まれる栄養成分。糖質は高い?
●皮や白い筋に栄養素はあるの?皮ごと筋も食べるのが良い?
●生と100%ジュース。缶詰で比較すると栄養価はどうなる?
●みかんのすごい効果効能。みかんを毎日食べるといいことは?

 

今回は、上記の事柄について調べてみました。ぜひ、参考にしていただけたらうれしいです。

 

SPONSORED LINK

 

みかん1個に含まれる栄養成分。糖質は高い?

みかんにはビタミンCが多く含まれ、風邪の予防に効果的です。

 

冬に美味しくて、そして風邪も防いでくれるありがたいみかんには、他にもたくさんの栄養素が含まれています。

 

 ■ βカロテン

 ■ クリプトキサンチン

 ■ クエン酸

 ■ ペクチン

 ■ ビタミンP など

 

身体に良いみかんですが、糖質は高いのでしょうか?気になる所ですよね。糖質とは…炭水化物から食物繊維を引いたものです

 

mikan1

 

みかん1つでおよそ10gの糖質があります。成人男性が一日に必要な糖質量は250g、女性は200gですから、みかんを5つ食べると、男性なら1/5、女性なら1/4の糖質を摂取することになります。

 

美味しくて、ついつい手が伸びてしまうみかんですが、糖質は少々高め。美味しいからと言って、たくさん食べるのはいけませんね・・・。私も気を付けます(>_<)

 

 

皮や白い筋に栄養素はあるの?皮ごと筋も食べるのが良い?

みかんの表面にある白い筋、みなさんは食べる派ですか?きれいに取り除く派ですか?私はその時によって、取ったり取らなかったりです。

 

取った方が美味しく見えるけど…面倒だったり…。この白い筋は、一体何のためにあるのでしょうね。

 

mikan2

 

みかんの白い筋は『ヘスペリジン』と言うポリフェノールの一つです。皮や袋の部分にも多く含まれています。

 

ヘスぺリジンはビタミンPとも呼ばれ、毛細血管を強くし血流を良くする他、血液中のコレステロール値や中性脂肪を低下させる働きもあります。

 

皮も食べるのが好ましいですが、みかんの皮はちょっと食べづらいですよね…。そんな時は、マーマレードジャムを作ってみてはいかがですか?

 

SPONSORED LINK

 

生と100%ジュース。缶詰で比較すると栄養価はどうなる?

みかんが年中手に入る訳ではないので、流通されるまでの間は、缶詰みかんが使えそうですよね!缶詰なら1年を通して手に入りますし、値段も手ごろ。

 

でも、缶詰だと、そのまま食べるよりも栄養価が失われてしまうイメージがありませんか?生のみかんをジュースにするのと缶詰と、栄養価の違いを見てみましょう。

 

 

缶詰は、必ず加熱処理されます。熱に弱いビタミンCが失われてしまうのかと心配になりますが、空気を真空状態で遮断し110~120℃の高温で殺菌されるので、損なわれるビタミンCは20%程なのです。

 

また、蓋をしてしまえば空気に触れて酸化することもありませんから、劣化は最小限に抑えられると言えます。

 

 

みかんのすごい効果効能。みかんを毎日食べるといいことは?

みかんに含まれる『βカロテン』。βカロテンはビタミンAへと変わり、抗酸化作用を発揮。免疫機能を保つのに必要な栄養素です。

 

体の中の粘膜や、皮膚などを健康に保つ役割も併せ持っています。そして、幼児や成長期などには体の発育を促す作用もあり、子供の成長には欠かせません!

 

 

また、『クリプトキサンチン』と言う耳慣れない物質が、がんの予防にも効果があるのです。さらには、骨粗しょう症の予防にも効果があるということが分かってきました。これは凄い発見ですね(^^)v

 

クエン酸には疲労回復や血液をきれいにする作用があります。ペクチンは、お腹の中を正常にする作用があり、便秘や下している時には整腸してくれます。コレステロール値を下げ、血糖値の上昇も抑えます

 

ビタミンPは毛細血管を強くし血流を良くし、血液中のコレステロール値や中性脂肪を低下させるなど、ペクチンと似たような働きをします。

 

【関連記事】
バナナの栄養と効果的な食べ方とは?加熱すると栄養素はどうなる?

 

冬は、こたつでみかん、取れない季節には缶詰を有効に使って、その恩恵を体の隅々に行き渡らせたいですね!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

白菜は栄養ない?生と加熱で栄養素は?効果効能を引き出す調理法

旬の野菜をたっぷりいただくのが大好きです。春には、伸びはじめたばかりの勢いを感じる、筍やアスパラガス

記事を読む

インフルエンザ対策は湿度で予防できる?温度管理で風邪を防ぐ

このところ寒い日々が続いていますが、皆さん風邪などひいていませんか?わたしの住んでいる地域は冬になる

記事を読む

昼寝をすると頭痛になる原因は?吐き気やだるい症状の解消法

こんにちは!マリーです。この時期になると、ポカポカとした陽気が気持ちよくて、ついウトウトとしてしまう

記事を読む

アレグラ市販薬と処方箋の価格はどっちが安い?ジェネリックの効き目

花粉症やアレルギー性鼻炎に悩まされる私のお気に入りの薬は、アレグラ♪ アレグラは、わりとポピュラーな

記事を読む

便秘解消で即効で今すぐに出す方法。即効で効く食べ物やツボとは?

トイレの住人になってしまうことはありませんか?私は、たまにあります。何が原因なのか便秘になってしまい

記事を読む

喉の痛み治し方。原因と対処法は?のどが痛い時の食べ物・飲み物

空気が乾燥してくると、気になるのが喉の痛み。喉が痛くなってくると、四六時中気になりますし、酷くなって

記事を読む

赤ちゃんの水分補給。母乳以外はいつから?飲まない場合や量は?

赤ちゃんが成長するに伴って、赤ちゃんへの水分は母乳やミルクだけで良いの、と不安に思われているお母さん

記事を読む

風邪に効く食べ物。いい果物や食材は?コンビニで買えるおすすめ品

寒い冬だけでなく、忙しくて疲れている時など、ちょっとした体の弱り時などにひいてしまう風邪…。「風邪を

記事を読む

静電気の除去と防止方法。髪の毛、服やスカートの対策とグッズ効果

寒い季節は特に発生率が高くなる「静電気」。髪の毛の広がりや、金属製のものを触る時のバチッ!!とした痛

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑