*

入学祝いの相場。大学や高校進学なら?孫や甥・姪へ渡す金額は?

受検シーズンもひと段落し桜便りが待たれる季節になると、あちこちで「入学」の話が聞こえてくるようになります。

 

ご親戚やお知り合いのご入学なら、まず気になるのがお祝いですよね。

 

「入学祝い」はおいくら包めばいいのか。

 

それは贈る側の立場と贈られる側の立場、それぞれの年齢、双方の関係などで変わってきます。

 

ここでは、基本的なシチュエーションでの入学祝いの相場を考えてみたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

大学・高校の入学祝いの相場。孫や甥・姪で金額は?

まずは高等教育、大学と高校の入学祝いについての相場です。

 

大学の入学祝い

大学への入学祝いは、長い受験を乗り越え、合格という結果を出せたということで、しっかりとした金額のお祝いをする場合が多いようです。合格祝いを兼ねてということでしょう。

 

また大学は授業料や必要ならば一人暮らしの費用などが随分とかかります。その時に役立ててね、という気持ちも含んでのお祝いです。

 

孫や甥姪など、親戚へのお祝いの相場は、30,000円

 

もちろん、入学祝いどころか孫のために授業料の支払いを担ってくれる祖父母もいらっしゃることでしょうが、極端なものは除いての相場です。

 

親しい知人や友達のお子さんへのお祝いは、10,000円

 

 

小学校・中学校の入学祝いの相場。金額はいくら包む?

小学校や中学校への入学祝いについての相場です。

 

小学校の入学祝い

小学校の入学は、本人よりもご両親にとっての晴れ舞台ともいえます。わが子が初めて学校という学びの場に入るのですから、心配は勿論ですが、喜びがそれに勝る晴れやかな節目です。

 

また、文具や制服、さまざまな教材などの購入でなにかと物入りですよね。小学校の入学祝いはご両親に向けてお贈りし、お子さんのご入学に関する何かにお役立てくださいという気持ちでお渡しします。

 

親戚関係にある場合は、5000円

 

親しい知人や友人の子の場合は、3000円

 

SPONSORED LINK

 

中学校の入学祝い

中学校の場合、地元の中学校なのか、入試を経て私立に合格したのか、そういうところでお祝いの額が変わってきそうですが、ここでも全体の相場で考えたいと思います。

 

親戚関係にある場合は、10,000円

 

親しい知人や友人の子の場合は、5000円

 

 

入学祝いを贈る時期はいつ頃? 渡し方について

入学祝いの金封は、5本もしくは7本の紅白水引の蝶結び(又は鮑結)の熨斗袋を用います。

 

お金ではなくプレゼントの場合は、同じく5本もしくは7本の水引の熨斗紙を使ってください。

 

また、渡す際に気をつけるべきなのが、親御さんが見ていないところでお子さんに直接渡してはいけないということです。

 

小中学生ならば勿論ですが、たとえ大学生となってもまだ社会人ではありません。きちんと親御さんを介してお祝いをお渡しするようにしましょう。

 

 

またいつ頃、入学祝いを贈るのがよいのでしょうか。

 

せっかくの入学祝いですから、相手の方のご入学準備などで役立てていただけるのがいいですよね。なのであまり遅くなってしまうのはNGです。

 

小学校や地元中学校など、予め入学が確定している場合は、早めに準備しておきます。そして3月上旬までにお贈りするのがいいでしょう

 

高校や大学などは、入学が決まった時点から実際の入学の3週間前までに贈るのがベストです。

 

ですが、決してその限りなのではなく、それ以降でも、新年度が始まってしまってからでも、気づいた時にお贈りして構いません

 

その際は少し砕けたかたちで、例えば文具券や図書カードなどにし、カジュアルなお祝いとしてお贈りするのもいいでしょう。

 

 

お祝いの金額はそれぞれ違っていい

お祝いの金額の相場を考えてきました。

 

ですが、贈る人の年齢や立場によっても大きく変わってきます。

 

また親戚とのつながりの密度各家庭の経済環境によっても全く違ってくるものです。

 

 

送る側に余裕があり、相手が苦学するようでしたら、多少の援助の意味で多めに包んであげればいいですし、逆に贈る側が経済的に辛い場合は、無理をせず、その時に出来る限りのお祝いをさしあげるのでいいと思います。

 

【関連記事】

入学祝いでお返しの相場は?時期とのしの書き方

入学祝いのお礼状の例文。本人から親戚への書き方なら?

 

形よりも心で、これから大いに学び成長していくお子さんたちの前途を応援して差し上げてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

お年賀おすすめランキング2016。お菓子で人気は?ビジネス向けも

今日は、お年賀のおススメランキングを私の独断と偏見でお伝えします。もちろんビジネス向けのものもご紹介

記事を読む

お盆のお供えのし。表書きの書き方。何が良いか?お返しは必要?

夏も来ると、お彼岸も間近ですね。そこで今回は、お盆のお供えについて書きたいと思います。 若

記事を読む

インフルエンザ対策は湿度で予防できる?温度管理で風邪を防ぐ

このところ寒い日々が続いていますが、皆さん風邪などひいていませんか?わたしの住んでいる地域は冬になる

記事を読む

五月人形の飾り方。いつから飾る?場所と方角。しまう時期とは?

もうすぐゴールデンウィークですね。この時期になると、昔は鯉のぼりが飾られているお家をちらほら見かけま

記事を読む

一人暮らしで必要なものは?チェックリストで初めての準備をしよう

一人暮らしって、初めての時は特にですが、ワクワクする反面不安もありませんか?なにが不安って、まずは必

記事を読む

交通安全週間は罰金が2倍になる?取り締まりを回避するには?

「狭い日本 そんなに急いでどこへ行く」などの交通安全スローガンを耳にしたことがある方も多いのではない

記事を読む

結婚式でストールの巻き方、結び方。色と素材選び。マナーについて

20代~30代になると、友達の結婚式に招待される機会がどうしても増えてきますね。何を着ていこうか、髪

記事を読む

加湿器の効果とは?肌や喉の影響。風邪予防に効く?範囲と置き場所

冬が近づくと気になるのが空気の乾燥ですよね。肌もカサカサしてつっぱるし、湿度が下がってインフルエンザ

記事を読む

湯島天神で初詣。アクセス方法は?元旦の混み具合と混雑を避けるコツ

雄略天皇2年(458年)に創建したと伝えられている、湯島天神。菅原道真が祀るこの神社は、学問の神様と

記事を読む

新入社員の挨拶はどうする?例文と好感度を上げる一言とは?

この時期になると社会人になった日の事を思い出すことがあって。 新しい環境で自己紹介をする。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑