*

深大寺だるま市へ!2016年スケジュール。駐車場と混雑時間は?

江戸時代から続く、調布深大寺(じんだいじ)の風物詩であるだるま市

 

以前はだるまや物品を売買する為だけではなく、見本市としての側面もあったと伝えられていますし、この他にも就職活動の場として職探しに訪れる人や、集団見合いなどの行事が行われていたという記録の残る一大行事でした。

 

今回は、毎年白梅紅梅の時期に開催される深大寺のだるま市についてご紹介していきます。

 

●深大寺のだるま市とは?
●2016年の日程時間とアクセス方法
●駐車場と混雑状況について
●深大寺のだるま市の見どころは?

ぜひ、足を運んでみて下さい。

 

SPONSORED LINK

 

深大寺のだるま市とは?

深大寺のだるま市は、正式名称を「厄除元三大師大祭」といい、深大寺の年中行事の中でも最大の行事です。

 

朝から元三大師様の御利益を求める10万人の人々が訪れており、深大寺のだるま市は「日本三大だるま市」の1つで、全国的にも高い知名度を誇ります。

 

寺の境内に大小約300余りの縁起だるま店が軒を連ね、威勢の良いかけ声と買い求める参拝者で非常な賑わいを見せます。

 

<深大寺だるま市>

 

2016年の日程時間とアクセス方法

●日程と時間

深大寺のだるま市は、毎年3月3日から3月4日にかけて行われます。ですから、今年も、

2016年 3月3日(金)・4日(土)

に開催される見通しとなっています。開催時間は9:00~19:00までになります。

 

SPONSORED LINK

 

また、だるま開眼は、9:00~17:00まで大師堂前仮設開眼所にて行われていますが、終了時間が17:00と、だるま市の終了時間とは異なりますので、だるま開眼を希望される方は注意してくださいね。

 

両日共に、以下の時間で護摩祈願をすることができます。ただし、祈願申し込みは各時間15分前までに済ませる必要があります。

 

1.10:00


2.11:00


3.12:00


4.13:00


5.14:00~ ※一般の大師堂への入堂不可


6.15:15


7.16:00


 

また、両日共14:00~15:15までは、百味供養・お練り行事・大護摩供奉修の為、護摩札の申し込みは可能ですが、関係者以外の一般の方は入堂できないので護摩祈願はできません。

 

深大寺だるま市のスケジュール。駐車場と混雑時間について

 

深大寺
住所:東京都調布市深大寺元町5丁目15-1
1
電話:
042-486-5511(深大寺)
042-481-7184(調布市観光協会)
  
拝観料:無料
拝観時間:9:00〜17:00
 

 

 

●電車・バスの場合
・京王線「調布駅」「つつじヶ丘駅」→深大寺行バス「深大寺」下車 徒歩約1分
jindaiji_daruma_001

 

 

●車の場合
・中央道「調布IC」→国道20号(新宿方面)→「下石原交番前」交差点左折→武蔵境通り→「深大寺入口」交差点を右折し500mほどで深大寺参道入り口に到着

 

1

 

駐車場と混雑状況について

だるま市開催期間中は、深大寺通りが10:00~16:00まで一方通行になることに加え、三鷹通りからの進入は出来なくなります。

 

また、周辺道路も非常に混雑しますので、車は使用せず公共交通機関を利用する方がスムーズに入場する事が出来ます。

 

どうしても車で行く必要がある場合は、植物公園正門脇の駐車場を利用すると良いと思いますが、やはりお昼頃には満車になることが多いですので、時間に余裕を持って向かうようにしてください。

 

また、深大寺近辺にはコンビニやATMなどはありませんので注意してくださいね。

 

2 

 

深大寺のだるま市の見どころは?

厄除元三大師大祭の見どころは、3日と4日のそれぞれ14:00より行われる「お練り行列」と「元三大師御影供(がんざんだいしみえく)」の厳修です。

 

 

神楽衆を先頭に、木遣り衆や裃に統一した講中と共に、御影供出仕の袍裳金襴七条袈裟に身を包んだ高僧が境内を進む煌びやかなお練り行列はまさに圧巻

 

平安絵巻さながらの優雅さをすぐ側で体感出来る、大祭中最大の見せ場ですので、ぜひご覧になってみてください。

 

 

また、深大寺のだるま市で購入しただるまには、元三大師前の特設だるま開眼所で、深大寺の僧侶から直々に目入れをして頂くことが出来ます。

 

深大寺の目入れは通常の目入れと異なり、左目に梵の字の阿字を書き入れるという独特のものになります。

 

ものごとの始まりを意味する「」の字に、1年後心願叶った時にダルマの右目に、ものごとの終わりを意味する梵字の「」の字を書き入れて、感謝の意を込めてお寺に納めます。

 

3

 

深大寺のだるま市でだるまを購入したら、ぜひ目入れまでして頂きましょう。御利益もばっちりだと思いますよ。

 

【関連記事】

福島県白河市のだるま市2016の日程。駐車場はあるの?

 

「阿吽の呼吸」という言葉の語源にもなっている深大寺のだるま市。ご興味のある方はぜひ参加してみてください!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

お中元の時期。関西や九州、北海道で違うの?お中元のマナーとは

「親しい仲にも礼儀あり」というように、社会人として、親族や会社の人たちとの良い関係を作るには、お中元

記事を読む

年末の挨拶文例。お客様から友人まで使える年末のあいさつ

年末になるとご挨拶回りに忙しいもの。取引先やお客様、会社の上司へ今年一年のお付き合いや、お買い上げな

記事を読む

若草山の山焼き2017年の日程。花火見物、撮影スポットの穴場

花火といえば夏の風物詩ですが、冬にも行われている花火大会があることをご存知でしょうか。  

記事を読む

淀川花火大会2016年穴場スポットとお勧めホテル観覧席について

2016年開催の淀川花火大会。今年で28年目となる伝統のあるこの花火大会は、水の都大阪に流れる淀川で

記事を読む

七五三のお参りの時間帯。仏滅の日はまずい?普段着でお参りは?

我が子の大事なイベント、七五三。毎年11月15日と日にちが決まっていますが、写真の早撮りなどに気を取

記事を読む

お花見の穴場はどこ?東京都内の隠れ花見スポットはここだ!

今年もお花見のシーズンがやってきました。しかし都内にはお花見スポットがたくさんありますが、情報誌やネ

記事を読む

老け顔の男の特徴と原因は?似合う髪形など改善して若返りしよう!

最近は男性もお肌のお手入れをしたり、エステへ行ったりとずいぶん見た目に気を遣うようになってきましたね

記事を読む

筑波山の梅まつり2017。梅林開花状況、駐車場の渋滞混雑は?

春が近づくにつれて、梅の開花状況がニュースで伝えられてくるようになると行ってみたくなる梅まつり。

記事を読む

くる病とは?原因について。大人と子供の症状とは?治療法と薬

最近、乳幼児の間で「くる病」が増加傾向にあるようです。 この「くる病」は、栄養が慢性的に不

記事を読む

加湿器のおすすめはどれ?手入れ簡単なメーカー。寝室や気化式なら?

冬の乾燥対策に加湿器の購入を考える方も多いかもしれませんが、気化式、スチーム式、ハイブリッド式など、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑