*

湯島天神の梅まつり2018。日程と見頃はいつ?開花状況について

学問の神様として有名な菅原道真公を祀っている湯島天神。受験シーズンになると、沢山の参拝客が訪れる事で知られています。

 

関東にお住まいの方などは、受験の時にお守りを求めに行った!という方も多いのではないでしょうか?かくいう私も、受験の際には大変お世話になりました。

 

そんな湯島天神なのですが、なんと梅の名所としても大変有名だという事をご存知でしょうか?そこで今回は、

●梅まつり2018年の日程
●湯島天神へのアクセス
●梅の見頃、開花状況は?

といった内容で、湯島天神梅まつりについてご紹介したいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

湯島天神の梅まつり 2018年の日程は?

湯島天神は江戸時代より「梅の名所」として、多くの庶民に親しまれて来ました。昭和33年から開催されているというこの梅まつりも、今回で59回という事で、なかなか歴史を感じますね。

 

毎年回を重ねるたびに盛大さを増し、期間中延べ45万人の賑わいを見せるんだとか。

 

湯島天神の梅まつり。日程と見頃はいつ?開花状況について

 

湯島天神の梅まつりは、公式のホームページに、特設のページを設けても紹介されていますが、今の所、まだ2018年の日程は発表されておりません。が、時期が近づけば更新されると思われますので、適時チェックしてみてください。

 

●参考サイト

 

梅まつりは、例年2月中旬~3月上旬に開催されているようですので、天候などの影響がなければ、今年2018年も同時期の2月8日~3月9日あたりに開催されると予想できます。

 

入場料は無料で、開演時間は8:00~19:30。昨年は様々な催しが用意されていましたので、今年も様々な催しで楽しませてくれるのではないでしょうか。

 

参考までに、昨年の催しをご紹介すると、

・湯島白梅神太鼓
1
 
・在日中国雑技団
・神輿渡御
・野点(お茶券500円)

 

その他、カラオケや落語など、実に沢山の催しがありました。特に、満開の梅の中での野点のお茶会などは、なかなか雅な感じでいいのではないでしょうか?

 

現代の日常では味わえない雅さを、この機会に堪能してみるのもいいかと思います。

 

 

湯島天神へのアクセス方法

文京区にある湯島天神。アクセス方法を簡単にご紹介致しますね。

 

●電車の場合
・東京メトロ 千代田線「湯島駅」3番出口より徒歩2分
・東京メトロ 銀座線「上野広小路駅」より徒歩5分
・東京メトロ 丸の内線「本郷3丁目駅」より徒歩10分
・JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」より徒歩8分
・都営地下鉄 大江戸線「上野御徒町駅」A4出口より徒歩5分

 

 

●車の場合
・首都高速「神田橋」出入口・「上野」出入口から2km(5分程)

 

駐車場は近隣にあるコインパーキングをご利用ください。有料で33台分あります。

 

SPONSORED LINK

 

梅まつりの期間が長く設けられているので、週末を避ければ、お車も停められるかと思います。でも混雑を考えて、電車で来られるのが安全かも知れませんね。

 

遠方から高速を利用して来られる方は、平日ならば駐車も出来そうですが、心配であれば、東京メトロ湯島駅の近隣の駅付近のパーキングに車と停め、そこから電車で湯島天神に向かわれるのもオススメです。

 

湯島天神
住所:東京都文京区湯島3-30-1
電話:03-3836-0753(湯島天満宮)
 
yushima_ume_fes_002
 
拝観料:参拝無料
拝観時間:参拝自由
 

 

2

 

梅の見頃はいつ?開花状況は?

湯島天神の境内の梅園には加賀梅など約20品種約300本があり、樹齢70年から80年の木が中心になっているそうです。

 

梅の色は八割が白梅。その中にピンクの梅が混じっている感じが、とても綺麗ですよ。

 

樹齢の長い木というのは、なんだか近づくと、凄いパワーを感じる気がするのです。そんな梅が中心という事なので、観梅に行く事で、パワーを授かることができる気がしませんか?

 

yushima_ume_fes_003

 

こちらの梅園の見頃は、2月中旬から3月上旬となっており、昨年の開花状況の写真を見ると、3月上旬がとても綺麗に咲いているように見えましたので、その頃が狙い目かも知れません。

 

詳しい開花状況は、公式ホームページに、梅まつり特設ページが設けられて、そちらで写真付きで紹介されるかと思いますので、時期が近づいてきたらチェックしてみるといいと思います。

 

ただ、公式サイトでは、さすがに毎日写真をアップ!…という訳にはいかないと思いますので、遠方からお出かけの方など、より詳しい開花状況を知りたいという方は、電話で問い合わせてみてください。

 

●電話での問い合わせ先
03-3836-0753(湯島天満宮)

 

 

yushima_ume_fes_004

 

学問の神様の祀られている神社での観梅ですので、受験を控えている方も行かれるといいかも知れませんね!梅を楽しみながら、せっかくなので合格祈願も!…なんて事も、ここなら出来てしまう訳です。

 

日頃受験に備えて勉強を頑張っている方も、この季節にここに来た時には、受験の事はしばし忘れて、美しい景色に癒やされてください。

 

【関連記事】

高尾梅郷の梅まつり2018年の開花状況は?見ごろはいつ?

 

日常では味わえない雅な雰囲気も、野点神楽などで味わう事も出来るので、日常の喧騒から解放された、心穏やかなひとときを過ごせるのではないでしょうか?

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

クリスマスローズの育て方。植え替えや株分け時期のコツ。花言葉も

春から秋にかけては、様々な種類の花が咲き誇りますが、冬から春にかけて咲く花は数が少なく、育て方も難し

記事を読む

大曲花火大会2018。穴場の観覧スポットは?おすすめ駐車場情報

全国に花火大会は多かれど。花火ファンとして一度は行ってみたいのが「大曲花火大会」ではないでしょうか。

記事を読む

高尾山で見る初日の出2018年。 混雑状況、駐車場は?

山からみる初日の出って、特別な感じがして良いですよね~。山、そして初日の出といえば、富士山!と思う方

記事を読む

雛人形の処分と供養の仕方。何歳まで飾る?片づける時期はいつ?

女の子のいるご家庭ではそろそろ、雛人形の準備をしている事と思います。 子供の健やかな成長を

記事を読む

暑気払いの時期と意味。案内文の文例。乾杯の挨拶や締めの言葉

寒暖の差が激しい今日この頃ですが、夏が日に日に近づいているのが、 外の木々や空気でも感じられるよう

記事を読む

筑後川花火大会2018穴場スポットと場所取りのおすすめ体験!

毎年、夏になると待ち遠しいのが花火大会!友達や恋人と、キレイな花火を見ながら過ごす時間はとっても楽し

記事を読む

祇園祭の山鉾巡行2018。日程と時間。見どころとコースを見る穴場

京都三大祭、日本三大祭、日本三大曳山祭、日本三大山車祭など、様々な三大祭の1つに数えられている京都の

記事を読む

菖蒲湯こどもの日の由来。どこで買う?作り方と入り方。効果効能

五月五日と言えば子供の日!男の子の節句、いわばお祭りなわけで、我が家は今年の8月に5歳になろうという

記事を読む

2018年スギ花粉の時期。ピークはいつまで?杉花粉の終わり期間

冬が嫌いな訳でなくても、寒い冬が終りを迎え、春の到来を感じると嬉しくなるものですよね?ですが、春とい

記事を読む

スポーツの秋といわれる理由はなぜ?由来とは。英語で言う場合

秋はスポーツの秋とも言われていますよね。私の地元の運動会も秋に毎年開催されております。 学

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑