*

京都の初詣2017。八坂神社の混雑状況と回避する方法

2017年のお正月は京都で、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。京都には伏見稲荷大社、下鴨神社、北野天満宮などメジャーな初詣スポットがたくさんあります。

 

今回は、

●八坂神社へのアクセス
●参拝時間
●混雑状況と、その時間帯は?
●混雑を回避する方法
●屋台は出ているの?

 

といった内容で、祇園にある八坂神社の初詣について、アクセス方法や混雑状況など含めてご紹介していきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

八坂神社へのアクセス

b7e04abb85cdc4a97a1430df07173d9f_s

 

電車で行く場合は、京阪本線祇園四条駅から徒歩で約10分、また車で行く場合は、名神高速道路京都東ICより八坂神社方面に約7kmで着きます。

 

 

ただここで気をつけたいのは車の利用です。神社内に駐車場はありますが、40台分しかなく、お正月は正月料金で1時間1,000円(通常600円)の駐車料金がかかります。また、12月31日は利用することができません。

 

どうしても車で行きたい場合のオススメ駐車場は、京都市東山区祇園町北側にある円山駐車場です。

 

ここは、八坂神社まで約100mほどの位置にありますし、収容台数も130台と多めです。

 

 

 

ただ、八坂神社周辺は交通規制も行われていますので、停めるまでにある程度時間がかかるかもしれない、ということは覚悟しておいた方が良いかと思います。

 

京都の初詣で有名な八坂神社の混雑状況はどんな感じか知っていますか?

 

参拝時間

八坂神社は終日開放されていますので、いつでも参拝することが可能です。

 

ただ、1月1日から1月5日までの限定受付である美御前社朱印を受け取りたい方や、1月9日・10日限定の三社詣朱印色紙を受け取りたい方は、授与所の営業時間が決まっていますので注意が必要です。

 

授与所の営業時間は基本8時から18時ですが、1月1日から3日は7時から22時までの営業となっています。

 

SPONSORED LINK

 

混雑状況と、その時間帯は?

八坂神社は三が日で全国から100万人の参拝者が訪れますので、初詣に行くのであれば大混雑は覚悟していった方が良いと思います。

 

その中でも、特に混んでいる時間帯は大晦日の日付が変わる頃から元旦の午前3時頃になります。また例年3日までの日中(午後3時くらいまで)は、やはり大混雑していますので、この時間帯は避けた方が無難です。

 

4ec58d7aeccd64af994da787e04e05fe_s

 

以上のことに加え、3日の午前中からお昼過ぎくらいまでは混雑している可能性が高いと思います。

 

 

混雑を回避する方法

基本的には、上記の混雑時間を避けることです。八坂神社は終日開放されていますから、オススメの時間帯は早朝の午前4時頃から6時頃までに行くと、比較的スムーズに参拝できるのではないかと思います。

 

ただ、この時間帯だと授与所も開いていないし、朝も苦手…、という方は、2日、3日の夜21時から22時くらいの間に行くと混雑も多少収まってきていて、参拝しやすいのではないかと思います。

 

また、八坂神社の正面から入るよりは円山公園側から入る方が空いています

 

4

 

屋台は出ているの?

初詣の時期には、鳥居を入ったところから屋台が立ち並んでいますが、三が日には参拝客の多さも相まって大混雑しています。

 

ただ八坂神社は1月5日まで屋台が出ていますし、夜遅くまで営業していますので参拝のピーク時間を避けて、せっかくの屋台料理も楽しみたいところです。

 

bdcb0dec0f8d267691b50239ede324ed_s

 

また、京都には他にもたくさんの神社があり、屋台も伏見稲荷大社平安神社松尾神社石清水八幡宮下鴨神社といったところで出店されていますが、こちらは営業時間が大体夕方までですので、合わせて楽しみたい方は営業時間に気をつけて下さい。

 

北野天満宮は八坂神社と同様に5日までの営業で、夜20時頃まで営業しています。屋台だけではなく、八坂神社までの四条通にはたくさんの甘味処もありますので、ぜひ楽しんできてくださいね。

 

【関連記事】

初詣にお参りしたい京都の縁結び神社。恋愛力を上げるお寺は?

 

さてさて、恋人や気になる相手と京都に初詣にお出かけ予定の方には、恋愛力がアップすると言われている縁結び神社の情報がきっとお役に立つと思います。是非ともチェックしてみてください。

 

SPONSORED LINK

関連記事

753_sumiyoshi_003

住吉大社で七五三。予約と混雑時期。祈祷料や写真衣装代は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣の予定がある方もいらっしゃるのではないでしょうか

記事を読む

5f98ef1f83482c1b83fecd6203412bbf_s

前橋花火大会2016。穴場スポットの見える場所は?屋台の出る場所

夏休みの計画はもうたてましたか?夏休みには思い出作りの時間がたくさんありますし、なんといっても全国に

記事を読む

yugawara_ume_fes_eyecatch

湯河原の梅まつり2017。幕山公園の開花状況と見どころは?

梅をただ見るだけじゃなくって、イベントを楽しみたい!温泉も楽しみたい!という方におすすめの、湯河原温

記事を読む

bon_festival_gifts_eyecatch

お中元のお礼状はがき。ビジネスの文例とマナー。個人宛の場合は?

お中元を頂いたら、お礼の気持ちは必ず伝えますよね。でも、その伝え方にもマナーがあることをご存知でしょ

記事を読む

kannoiri_eyecatch

寒の入りとはいつからなのか?2017年の大寒はいつ?

寒さが厳しくなってくるとよく聞かれる「寒の入り」という言葉、皆さんはきちんと説明できるでしょうか?

記事を読む

setsubun_eyecatch

年男年女とは?年齢と意味。厄年が重なる場合は?節分の豆まきの由来

新年を迎えたということで、今回は年男・年女についてよく耳にするので、こちらについて調べてみました。&

記事を読む

1

伏見稲荷大社の初詣2017年。混雑状況、混み具合は?

伏見稲荷大社とは、その名の通り「おいなりさま」の総本山!稲荷神社といえば、耳に馴染みのある神様ですよ

記事を読む

1

しだれ桜の名所。京都ほかスポット。開花時期はいつ頃?

普通の桜でもとても綺麗ですが、しだれ桜って、こう、人の居る方に近づいて咲いてくれているようで、より可

記事を読む

08_txt06_02

クリスマスの意味とは?子どもにツリーやケーキの由来を簡単に伝える

クリスマスは、大人にとっても子どもにとっても楽しみなイベントですよね。 毎年、何気なく「メ

記事を読む

55dolls_02_001

五月人形は誰が買うもの?初節句でどっちの親が贈るのが常識?

子供の誕生を祝い、健やかに成長してくれるように願いを込めて、日本では初節句に女の子には雛人形、男の子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑