*

修善寺の梅まつり2018に行こう!梅林の開花状況と見どころ

SPONSORED LINK

春の訪れを告げる梅の開花情報がニュースから聞こえてくると、行ってみたくなる梅まつり。

 

今回は、周囲に歴史ある温泉やお寺などの観光スポットが盛りだくさんな修善寺の梅まつりをご紹介したいと思います。2016年の日程やアクセス方法、見ごろなど色々とご紹介していきます。

 

●修善寺の梅まつりとは?
●2018年の日程と場所。アクセス方法は?
●2018年の開花状況は?
●修善寺梅まつりの見どころは?

参考にして下さい!

 

SPONSORED LINK

 

修善寺の梅まつりとは?

修善寺梅まつりは、静岡県伊豆市で、毎年2月上旬から3月上旬まで開催される梅まつりです。

 

梅まつりが開催される修善寺梅林には、樹齢100年を超える古木樹齢10年程度の若木を含めて20種類1,000本もの紅白梅が植えられています。

 

梅の開花時期を迎えると総面積30,000平方メートルの丘陵地いっぱいに梅の花が咲き誇ります。

 

syuzenji_ume_fes_007

 

2018年の日程と場所。アクセス方法は?

例年は2月1日頃から3月10日頃まで開催されており、他の梅まつりに比べて比較的早めに始まり、修善寺梅林への入園は無料で、定休日はありません

 

交通アクセスは新幹線も停車する、JR三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線を利用して約30分で到着する修善寺駅からバスで15分、もみじ林前バス停下車徒歩10分です。

 

東京駅からは乗り換えなしで、約2時間で修善寺駅まで到着する直通の特急踊り子号もありますので、ご利用をおすすめします。

 

syuzenji_ume_fes_005

 

車の場合ですと、東名高速「沼津IC」から県道83号、国道136号を経由して25km60分の道のりです。駐車場は有料で200台まで駐車でき、普通車は300円かかります。

 

SPONSORED LINK

 

修善寺梅林
住所:静岡県伊豆市修善寺
電話:0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)
 
梅まつり開催日程:2018年2月上旬~3月上旬
入園料:無料
開園時間:散策自由
※ペット可 但しマナーを守ること
定休日:無し
 

 
アクセス:
電車の場合
・伊豆箱根鉄道「修善寺駅」→バスで15分、バス停「もみじ林前」下車 徒歩10分
 
車の場合
・東名高速「沼津IC」から県道83号、国道136号経由25km50分
 
駐車場:有(収容台数 200台 / 普通車300円)

 

syuzenji_ume_fes_003

 

2018年の開花状況は?

2017年は2月8日から2月25日にかけて、梅の花が満開となり見ごろを迎えました。昨年は暖かかったせいもあり、例年に比べて早めの開花となりました。(過去の開花状況はこちら→春のイベント・伊豆市観光協会修善寺支部)

 

その年の天候などにより前後することがありますが、大体、

修善寺梅まつりの期間後半に見ごろを迎えている

ようです。

 

開花状況については、伊豆市観光協会のホームページに逐次発表されます。お出かけをご検討される際は開花状況をチェックされることをおすすめします。

 

 

修善寺梅まつりの見どころは?

修善寺梅林の周囲には、平安時代に弘法大師が開き、鎌倉時代に北条氏が帰依したことから大寺となった修善寺や、同じく弘法大師が湯を噴出させたとされる、ミシュランで2つ星を獲得した、修善寺温泉があります。

 

●修善寺
住所:静岡県伊豆市修善寺964
電話:0558-72-0053
web:shuzenji-temple.com/
 

 

 

●修善寺温泉
住所:静岡県伊豆市修善寺838-1
電話:0558-72-0271(修善寺温泉旅館協同組合)
web:shuzenji.info
 

 

 

他の梅まつり会場との最大の違いは梅を見た後に、温泉を楽しんだり、お参りしたりすることができることで、梅まつりだけでなく、周囲の観光スポットも楽しむことができます。

 

梅まつりに来たついでに、足を運んでみるのもおすすめです。

 

syuzenji_ume_fes_002

 

修善寺梅林内には、修善寺を愛した尾崎紅葉や高浜虚子、「修善寺物語」を書いた岡本綺堂の記念碑をはじめ、6つの文学碑が点在しています。梅の花を愛でながら、点在する文学碑を探してみてはいかがでしょうか。

 

他の梅まつりと違うところは、マナーを守ることを条件にペット連れでの入園を許可しているところです。かわいいペットを連れて一緒に梅の花の観賞するのもいいのではないでしょうか。

 

 

また、梅まつり開催期間中は土産店や飲食店が多数出店します。

 

なかでもたき火で焼いた、鮎の塩焼き地元特産のしいたけはおすすめです。園内には休憩所も設けられていますので、お子様連れでも安心して回れます。

 

野点を楽しめる趣のある茶室・双皎山荘では抹茶やお汁粉を楽しむことができ、咲き誇る梅を眺めながら、静寂の中、優雅なひと時を過ごすことができます。

 

 

梅林の高台からは富士山も眺めることができるので、春の訪れを告げる梅の花と山頂にまだ雪の積もった富士山のコントラストが見られますよ。

 

 

静岡という土地柄、富士山と梅のコントラストが容易に楽しめるところは他の梅まつりとは一線を画しています。また、修善寺界隈は、非常にこぢんまりとした温泉街ですので、それほど時間をかけずに一通り散策することができます。

 

【関連記事】

小田原の梅まつり開花状況2018。見ごろはいつ?駐車場はある?

 

修善寺周囲の静寂で厳かな雰囲気のもと、梅の花を楽しみたい方にはぜひおすすめの梅まつりです。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

運動会お弁当のおかず。前日仕込み準備できる簡単メニューとは?

この時期になると、小学校では運動会が催されますね。 運動会といえば、何といっても、子どもたちの競技

記事を読む

サンタのコスプレ衣装の激安通販!クリスマスのおもしろセクシーも

クリスマスが近づくと、イベントやパーティーなどに参加する機会も多くなりますね。この時期になると気持ち

記事を読む

加湿器のカビ掃除方法。フィルターのお手入れは?赤カビ除去と対策

冬になると大活躍の加湿器ですが、手入れを怠るとすぐにカビやぬめりがひどくなってきますよね。 

記事を読む

お屠蘇とは?意味と由来。おとその作り方と作法。未成年は平気?

今年も残りあとわずかとなってきました。お正月準備に追われている方も多いのではないでしょうか?&nbs

記事を読む

越生梅林の開花状況2018。気になる梅まつりの見ごろはいつ?

気温もだんだんと暖かくなってきて早春を感じるようになると、どこかへふらっとお散歩に出かけたくなります

記事を読む

龍安寺の石庭の謎と意味。見所と京都駅からバスのアクセス方法

世界遺産に登録されている龍安寺、いつも多くの参拝客の方が訪れています。こちらの石庭についてご存知です

記事を読む

伊勢崎花火大会2018。穴場の観覧スポット。場所取りはいつ行く?

日本の夏といえば、花火大会は外せませんね!ですが夏休み中は、お盆中だけでなく、また土日に限らず、とに

記事を読む

横須賀花火大会の穴場スポット2018。三笠公園、うみかぜ公園ほか

よこすか開国祭というお祭りをご存知でしょうか?ペリー来航150周年を記念して2003年から始まったお

記事を読む

年越しそばの理由。時間はいつ食べる?タイミングはある?意味と由来

皆さん、大晦日に食べる年越しそばは何そばですか? 我が家はだいたい天ぷらそばですが、何年か

記事を読む

喪中の寒中見舞いはどうしたらいい?送る時期はいつ?

寒中見舞いは、喪中時に年賀状の代わりとして送られる方が多いかと思いますが、元々の用途は厳寒期に相手の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑