*

新年会で締めの挨拶は何を言えばいい?手締めのやり方

新年会などの宴会には、締めのご挨拶がつきものです。なかなか自分で行う機会はないかもしれませんが、万が一自分にその役割が振られた時には、出来るだけスマートに役目をこなしたいものです。

 

今回は新年会の締めの挨拶について、

●締めのあいさつを頼まれたら
●2018年の干支。戌(いぬ)年をもじった例
●手締めのやり方は?

 

といった内容で、よく使われるフレーズや手締めの仕方などについてご紹介していきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

締めのあいさつを頼まれたら

新年会などの宴会の時間は概ね2時間くらいで一度区切りをつけて、2次会へという流れが多いかと思います。

 

ここでは紹介する締めの挨拶は、中締めとして新年会の1次会の閉会宣言としてよく使われるフレーズをご紹介しています。

 

皆様、本日はお忙しい中をお集りいただきまして本当にありがとうございました。
会場のお時間が迫っておりますので、この辺りで一度締めさせて頂きたいと存じます。
 
私、本日の幹事役、○○課の○○と申します。
明日からまた気持ちを新たに頑張りましょう。
 
それでは○○株式会社の前途を祝して、万歳三唱をしたいと思います。
 
○○株式会社の更なる発展を祈念致しまして、万歳!万歳!万歳! 

 

新年会で締めの挨拶って難しいですよね。手締めも覚えて活用しましょう。

 

締めの挨拶の基本的な構成は、宴を中断するお詫びの挨拶から入り、自己紹介、新年にあたっての豊富や目標を簡単に述べ

 

起立をお願いして締めの音頭(万歳三唱、三本締めか一本締めかなど)を伝え、締めの音頭を取り、最後にお礼の言葉を述べる、という流れになります。

 

 

またこの時に、万歳三唱ではなく手締めで締めても問題ありません。手締めの方法については、この後にご紹介しておりますので、合わせてご参照ください。

 

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

 

2019年の干支。亥(いのしし)年をもじった例

せっかくの新年の挨拶の機会ですので、干支にちなんだ亥(いのしし)年に関係のあるフレーズを混ぜ込んでも良いと思います。よく使われるものとしては、ことわざや故事でしょうか。

 

ここでは、新年会の挨拶の中にことわざを織り込むフレーズとしていくつかご紹介してます。ご自身がスピーチをされる際に、混ぜ込んでみてください。

 

SPONSORED LINK

 

・猪突猛進

前後のことを考えず、猛烈な勢いで突き進むことから、周りへの配慮や自分を省みることなくがむしゃらにやり抜くなどの意味で使われます。

 

・猪見て矢を引く

言葉の通り、何か事が起こってからあわてて対策を講ずることです。

 

・山より大きな猪は出ぬ

入れ物より大きな中身などはあり得ないことを指す例えです。「大げさな言い方もほどほどにしよう」という意味でも使われます。

 

・猪も七代目には豕(いのこ)になる

豕(いのこ)とは猪の古称で豚のことも指す言葉です。猪ですら年月を経て豚になることから、長い年月をかければどんなものでも変化するという意味です。

 

 

手締めのやり方は?

忘年会では、1年の締めくくりと新年の繁栄を祈念しての1本締めを行いますが、新年会の場合は新年の幕開けを祈念して三本締めを行うのが一般的です。

 

三本締めは一本締めを三回行いますので、冒頭で三本締めであることをお伝えして一本締めを三回繰り返しましょう。

 

 

「よーお」の後に「ぱぱぱん、ぱぱぱん、ぱぱぱんぱん」、「いよっ」などの合いの手を入れて再度手を打ち、

 

2本目が終わった後には「もう一本」と合いの手を入れて、三本目を締めます。

 

ヨーオ!
ぱぱぱん ぱぱぱん ぱぱぱん ぱん(イヨッ)
ぱぱぱん ぱぱぱん ぱぱぱん ぱん(もう1本!)
ぱぱぱん ぱぱぱん ぱぱぱん ぱん!

 

手締めが終わりましたら、「ありがとうございました」と唱和して拍手で終了、という流れになります。

 

 

ただ、居酒屋などでの新年会で周囲に他のお客さんがいる場合には、短く一丁締めで締める場合もあります。

 

一丁締めは「よーお」「パン」と1回だけ手を打ち、お礼を述べて終了です。

 

また、一丁締めも厳しい雰囲気の場合は手を打つのではなく、指を打ってあまり大きな音が出ないように配慮する事もあります。

 

 

一本締め一丁締めは同じものと勘違いしがちですが、実は異なるものですので、この機会に覚えておくと良いかもしれませんね。

 

【関連記事】

新年会で乾杯の挨拶フレーズ。取引先でのあいさつ例はコレ

 

締めの挨拶も大切ですが、新年会では乾杯の挨拶も大事ですよね。こちらでは、新年会の乾杯の挨拶で使えるフレーズなどを紹介しています。乾杯の挨拶でお悩みなら、是非とも参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

浴衣の着付け男性編。帯の結び方。兵児帯のアレンジを簡単に!

最近は少しずつですが、浴衣姿の男性を見かけることも多くなってきましたね。いろんなブランドが季節になる

記事を読む

立春は2019年のいつからいつまで?意味と節分との違いとは?

「2月4日は立春」。なんとなくそんな風に覚えている方いませんか?私もボンヤリと「立春は節分の次の日ぐ

記事を読む

猫の抜け毛時期の対策。病気の可能性は?おすすめブラシはコレ

新しい出会いはいつ訪れるのか解らないもの。その出会いは人ではなく、もしかしたら可愛い猫ちゃんかも?猫

記事を読む

時候の挨拶で9月下旬の候と結び。秋の気配を感じる季節の例文は?

はがきや手紙を書く機会が減っている昨今ですが、9月は実りの秋、食欲の秋、スポーツの秋とイベントが様々

記事を読む

婚約指輪の相場。値段はいくら位?結婚指輪との違い。渡し方と時期

やっと春めいた季節になりましたね。新しい生活のスタートや計画も、春は積極的になりますよね。新しい生活

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

寒の入りとはいつからなのか?2019年の大寒はいつ?

寒さが厳しくなってくるとよく聞かれる「寒の入り」という言葉、皆さんはきちんと説明できるでしょうか?

記事を読む

相模湖イルミネーションの営業時間。混雑状況は?行き方と入場料

クリスマスの時期はいろいろな場所でイルミネーションが開催されますが、できればクリスマス以外の時期も、

記事を読む

東京の金運がアップする神社はここだ!上昇パワースポットあり

消費税が増税されて随分と立ちますが、今頃じわじわとボディブローのように効いて来て「お財布が痛い!」な

記事を読む

お盆のお供えのし。表書きの書き方。何が良いか?お返しは必要?

夏も来ると、お彼岸も間近ですね。そこで今回は、お盆のお供えについて書きたいと思います。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑